今日はFC伊勢志摩の大阪選手のコンディショニングを行いました。

 

 練習の疲労からか左肩甲骨と左股関節が右に比べ少しだけ動きが悪くなっていましたが、ほとんど左右差もなくなり、バランス能力など、どんどん良くなっています。

 

まだまだ、動きは良くなりますので引き続きサポートしていきたいと思います。

 

【タイトネス評価】

コンディショニング前

 FFD(床と指の距離):0cm SLR(ハムストリングス):右80°左80°

 HBD(臀部と踵の距離):右0㎝ 左1

 股関節内旋:右35°左35° 股関節外旋:右45°左45°

コンディショニング後

 FFD(床と指の距離):0cm SLR(ハムストリングス):右90°左90°

 HBD(臀部と踵の距離):右0㎝ 左0

 股関節内旋:右45°左45° 股関節外旋:右55°左55°

 

            【側面像】

前後差なし。股関節・肩甲骨の可動域の拡大を中心に行い、柔軟性を改善させる。

 

            【正面像】

疲労からか、左広背筋の緊張が右に比べ強く、左に傾いている。

左側の肩甲骨と肩関節の動きを中心に改善させ、左右差を無くす。

 

AD