gakusei_townをフォローしましょう
1 | 2 次ページ >> ▼ /
2011-02-25 14:29:12

裸男たちを見ながら考えたこと

テーマ:ブログ
こんにちは。
おおたです。


行ってきました。天下の奇祭へ。
2/15(火)の国府宮はだか祭です。


国府宮駅へは名鉄電車で名古屋駅から10分少々で着きます。
意外と近いんですね。


$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-屋台

駅から出ると屋台がズラリ。賑わってます。

最近B-1グランプリの屋台をよく見かけるようになりました。
「富士宮やきそば」「横手やきそば」「甲府鳥もつ煮」あたりがありました。

そういえば、今朝の新聞にもB-1グランプリの話題が出ていました。
名古屋市中川区の伝統野菜「野崎白菜」を使った串カツで出場を目指しているとのこと。
愛知県内からの出場が少ないので注目ですね。
(中日新聞2/25(金)朝刊16面)



さて、本題に戻って。

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-人混み

尾張大国霊神社(国府宮)の境内に入るとすごい人だかりです。
ここに裸男たちが押し寄せてくるわけです。

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-なおい笹

「わっしょい!わっしょい!」

みんなで「なおい笹」を持って「うおーっ!」言いながら本殿に向かって走ってきます。
本殿に奉納するとまた「うおーっ!」言いながら拍手喝采。すごいです。

その動画を先日UPしたのでこちらもご覧ください。


そして祭は後半へ、

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-水しぶき

ちょっと見にくいですが水しぶきが。
当日厚着してても寒いぐらいだったんですが…。

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-日本酒

日本酒ですか。
すごい消費量。

とにかく祭のパワーに圧倒されっぱなしでした。






最後にほっこりした話を。

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-裸男

若い裸男が群衆の中で見物人とおしゃべりしてました。
震えながらビール飲んでました。
「おばちゃん、ビールいらない?」など言いながら。

「ずっと親父が参加しててさ、何が楽しくてこんなことするんだろうって、よくわかんなかったけど、3年ぐらい前に初めて参加したらハマッちゃったんだよね。やめらんない」

伝統的な祭を残していくことは大変だと思います。
はだか祭だっておそらく例外ではないでしょう。

この若者は「義務だから」「習わしだから」というわけでなく、
自ら望み、楽しんで参加していました。

この光景を見て、ちょっと嬉しくなりました。


伝統を残すことと若者が楽しんで参加すること、
その2つを両立させることは容易ではないかもしれません。
形を変えながら残していくという選択肢もあるでしょう。

学生タウンは昨年、名古屋まつりに参加させていただきました。
はだか祭とは性格が全く違うまつりですが、
今後どんな関わり方ができるのか。

長期的な視点でも考えていかなくてはなりません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-23 18:20:15

CHANGE ACTION

テーマ:ブログ
21年生きてきて、知らないことがたくさんあるこの世の中が凄い!と今更ながら再確認。

ぼくたちは世界を変えることができない
この本をかめい君から借りて読んで、鳥肌が立ちました。今まで私は地域活性を頑張って取り組んできました。そんな中で突然世界のリアルな話を呼んで、正直こわくなりました。
本気になれば何だって出来ること。この事実を突きつけられました。

今まで皆さんは何に本気になりましたか?これからどんなことに本気になりたいですか?

私はまだまだ本気になってできることがある気がします。

私だって何かしたい。私だって何か変えたい。

2011.3.5
……………………………
カンボジアエイズドキュメンタリ『それでも運命にイエスという。』
日本一周上映 名古屋編
……………………………

秋に、向井理主演で上映される
「ぼくたちは世界を変えることができない」の原作者、葉田甲太さんが
カンボジアのエイズ問題をリアルに伝えます。

ドキュメンタリー
『それでも運命にイエスという。』

日本一周上映会とのコラボレーション企画です。国際協力に関わる約50団体が連動し、全国32カ所でイベントをやります。

2011.3.5
『THE FIRST STEP』
~青春のベル鳴りっぱなし~


名古屋では「THE FIRST STEP~青春のベル鳴りっぱなし~」をコンセプトとし、来場者の方々に一歩踏み出すキッカケを創る場所となってもらえたらと想っています。

◆日時
2011年3月5日(土)
開場 14:30
開演 15:00
終了 18:00

◆場所 国際センター別棟ホール

◆料金 500円

◆定員 250人

◆内容
・カンボジアエイズドキュメンタリー『それでも運命にYESと言う。』
・学生代表奥村宏也卒業講演
・葉田甲太によるエイズの授業
・その他多々企画あり

◆申し込み方法
①氏名
②フリガナ
③所属
④年齢
⑤紹介者
⑥メールアドレス
をご記入の上、nagoya305@yahoo.co.jpまで送って下さい。

満席になることも御座いますのでお早めに申し込みをオススメ致します。また、申し込みをされた方には随時主催者から完了メールが届くようになっています。

何か質問、問い合わせがあれば
nagoya305@yahoo.co.jpへ
ご連絡ください。

――――――――――
【UFPFF国際平和映像祭発表会選出作品】

カンボジアエイズドキュメンタリー
『それでも運命にイエスという。

毎年1万人以上がエイズで死亡しているカンボジア

HIVに感染し、15歳以上生きれない子供たち

1回たったの1ドルで、体を売る売春婦

政府により強制移住させられたエイズ村

末期の患者さんが自らの死をみつめるホスピス

年々、HIV感染率が上がる日本

そして、その日本に生まれた自分

2010年(カンボジア/日本)41分
制作:NGO LUZFACTORY
監督:葉田甲太/小川光一

少しでも興味があったらメールください!メールを送るという一歩から何かが変わると思います!

りほ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-18 20:21:22

2011 もっとも名古屋を熱くするイベント

テーマ:ブログ


ぼくたちは世界を変えることができない


この本、この言葉でなにかをやろうと、大学生活もう一度リスタートしました。
だから本気でたくさんの人に葉田甲太さんという人をみてほしいし、あの人が伝えるものをきくことを自分自身も楽しみにしてるんです。

たくさんの人にこーいうことがあるということだけでも伝えてほしいです。


学生が本気でなにか一瞬やるということは政治家が一生かけてなにかやることよりなにかを動かす力があるんではないか


かなり濃い2010年
10代のうちにいけた旅、インド、ネパールはとてつもなくでかく、


日本でも関東、関西の同年代で
すげーことやってる人達に会って
久しぶりに尊敬できる人が出来た。


そんな人達と直接話せる機会を
もらえるようになると
自分の生きてる世界が
むちゃむちゃ狭いことを痛感した


飲み会とかの「THE大学生」も
もちろん楽しかったし、好きだけど
それだけなんてクソくだらない。


世界には本気で生きてる人がたくさんいた。
日本の特に同世代に本気で生きてる人がいるだろうか。0ではないけど、胸をはって答えられる人は少ないんじゃないかな


だから、本気になれる場所を今作ってます。


2011.3.5
……………………………
カンボジアエイズドキュメンタリ『それでも運命にイエスという。』
日本一周上映 名古屋編
……………………………

本気で生きてる人達をみせます。
そして、このあとなんでもいいから
本気になってほしい。

結局いきついたのはこーいうものでした。
高校時代でやったもので十分と思ってたけど、
自分自身1番いま本気になれること。


大学生活という最後の自由時間
でっかいことで、人や世界を変えてやる
そのくらいの気持ちで生きていたい


今回のイベント、名古屋では珍しい250人以上の大きなもので、かなり中心の方で関わらせてもらってます。


秋に、向井理主演で上映される
「ぼくたちは世界を変えることができない」の原作者、葉田甲太さんが
カンボジアのエイズ問題をリアルに伝えます。

ドキュメンタリー
『それでも運命にイエスという。』

日本一周上映会とのコラボレーション企画です。国際協力に関わる約50団体が連動し、全国32カ所でイベントをやります。


mixiやYahooでもニュースになりました、
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1478347&media_id=14


世界に興味がある人はもちろん、
熱い人をみたい、久しぶりに亀井に会いたいなとか…


個人的には自分が行き着いた先であり、
なにを想いなにをつくったかを
多くの人に見てほしい。

日本一周すると言ったら日本中に散らばったあらゆる人がイベントをやりたい!とか、手伝うよって手をあげてくれるほどの人が小川光一さんと、葉田甲太さんなんです。
この人達がどんな人かを見にくるだけでも価値がある。


【監督メッセージ】
この映画を作ろうと思ったのは、エイズ病棟で一人で死んでいく彼女たちを見て、
彼女たちが生きていた事を残したいと思ったからです。
大袈裟ですが、この映画を見終わった時に、生きる意味を考え、HIVに関する知識が増え、
少しでもHIVに対する偏見がなくなってほしい。そういう思いで作りました。
この映画はいわゆるドキュメンタリーとはきっと違います。
カンボジアに行った事がない人や国際協力に興味のない人、
興味を持ったばかりの人に是非見てもらえれば嬉しいです。
葉田甲太


どーしてもみてほしい
本気でこのイベント今作ってます
少しでも興味もってくれた人は申し込んでほしいです。
なにかあればなんでも聞いてください!



2011.3.5
『THE FIRST STEP』
~青春のベル鳴りっぱなし~


名古屋では「THE FIRST STEP~青春のベル鳴りっぱなし~」をコンセプトとし、来場者の方々に一歩踏み出すキッカケを創る場所となってもらえたらと想っています。

◆日時
2011年3月5日(土)
開場 14:30
開演 15:00
終了 18:00

◆場所 国際センター別棟ホール

◆料金 500円

◆定員 250人

◆内容
・カンボジアエイズドキュメンタリー『それでも運命にYESと言う。』
・学生代表奥村宏也卒業講演
・葉田甲太によるエイズの授業
・その他多々企画あり

◆申し込み方法
①氏名
②フリガナ
③所属
④年齢
⑤紹介者
⑥メールアドレス
をご記入の上、nagoya305@yahoo.co.jpまで送って下さい。満席になることも御座いますのでお早めに申し込みをオススメ致します。また、申し込みをされた方には随時主催者から完了メールが届くようになっています。

何か質問、問い合わせがあれば
nagoya305@yahoo.co.jpへ
ご連絡ください。

――――――――――
【UFPFF国際平和映像祭発表会選出作品】

カンボジアエイズドキュメンタリー
『それでも運命にイエスという。

毎年1万人以上がエイズで死亡しているカンボジア

HIVに感染し、15歳以上生きれない子供たち

1回たったの1ドルで、体を売る売春婦

政府により強制移住させられたエイズ村

末期の患者さんが自らの死をみつめるホスピス

年々、HIV感染率が上がる日本

そして、その日本に生まれた自分

2010年(カンボジア/日本)41分
制作:NGO LUZFACTORY
監督:葉田甲太/小川光一


ぜひ来てください。
会場で会いたいです。


リアクションください!
亀井佑哉
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-16 23:35:58

スペースの掘り起こし~栄ミナミ音楽祭より~

テーマ:ブログ
こんにちは。
おおたです。

学生タウンでいろいろな企画・イベントを進めていますが、
「どんな場所でやるか」というのは重要な問題です。

会場にもいろいろあり、規模の大小やアクセスの良し悪し、機材の内容など様々です。

広くて立派な会場はすごく魅力的ですが、
小さなスペースにはまた別の良さがあるんじゃないかと思います。

昨年見たイベントでは特に後者の使い方が面白かったので、
思い出しつつ紹介させていただこうと思います。


「栄ミナミ音楽祭」です。

昨年は5月に行われたこのイベント、
栄の全27会場(!)同時進行でライブが行われました。



※以下の写真は全て筆者撮影のものです。

①メイン会場(矢場公園)

NAGOYA学生タウン構想推進委員会-矢場公園①

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-矢場公園②

普段の矢場公園とは一変して賑やかになります。
デッキの階段に座って見れるのもいい感じです。


②屋内の公開空地等

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-松坂屋南館オルガン広場

写真は松坂屋南館のオルガン広場です。
他にもラシックの1階でもやってました。


③屋外の公開空地等

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-ソニーストア名古屋前

写真はソニーストア前です。
他にもパルコ西館前・栄ガスビル前・大津通電気ビル前など。


$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-グッチ名古屋前

こんな狭いところでもやってしまいます(グッチ名古屋前)。


④ちょっと変わった場所

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-勝鬘寺(しょうまんじ)

勝鬘寺(しょうまんじ)です。
境内はすごく涼しく、外部の騒音がシャットアウトされていました。

$NAGOYA学生タウン構想推進委員会-住吉通山家東横コインパーキング

コインパーキングでも!

他にもいろんな会場でやっていました。詳しくはこちら


いろんな場所で同時進行でライブをやっていて、
生の音楽を観て聴いて楽しむのはもちろん、
「次はどこに行こう」と悩む楽しみもあり、
あちこち歩き回って発見する楽しみもあり、
「こんなに使えるスペースがあったのか」という驚きもあり、
非常に楽しいイベントでした。



このような小さなスペースは人目に付かず埋もれていることもあるので、
まだまだ探せばたくさんあるかもしれません。

栄ミナミ音楽祭はそれをうまく掘り起こした良い例だと僕は思います。
(しかしまあ、あんなに多くの会場を同時進行で進めるのはすごいなあ)


そして、自分達の企画に限らず街全体として、
場所と言う財産を「有効に使えるといいな」というのが僕の思うところです。




ということで、今回は「場所」に着目した記事でした。
今回紹介した栄ミナミ音楽祭だけでなく「まちかどアンサンブル」も面白い取り組みです。

またえっちらおっちら、書いていこうと思います。

読んでくださり、ありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-11 14:18:35

とうとう明日!2/12(土)はランの館へ♪

テーマ:パフォーマー企画
こんにちは!
おおたです!

いよいよ明日、ランの館で学生タウンのイベントが行われます!
学生によるパフォーマンスをお楽しみください!

=====================

「STUDENT PERFORMER IN NAGOYA」
2/12(土) 【第1部 14:00~15:00】【第2部 18:00~19:00】
出演:金城学院大学モダンアンサンブル、名城大学奇術部、Free Style(ジャズ)
場所:ランの館特設ステージ(名古屋市営地下鉄「矢場町」駅 4番出口徒歩3分)

※当日寒くなりそうですが屋内のステージです^^

サブイベント「ハートメッセージ~最近あった小さな幸せ~」もやってます。
ハート型のカードに書いてもらった小さな幸せが集まって大きなハートができあがります!

詳しくはこちら(ランの館WEBサイト)

=====================



<学生タウンは、こんな考え方で「STUDENT PERFOMER IN NAGOYA」を進めています>

名古屋には、

【実力や意欲のある面白い学生のパフォーマー】

【魅力的な発表の場】

両方があるので、これを活かさない手はない!
両者をうまくマッチングさせて、名古屋を盛り上げていきたいと思います。


このような考え方の下、コンスタントな活動を行っています。

10月 名古屋まつり(もちの木広場ステージ)にて開催

12月 ナディアパーク2Fアトリウムにて開催 (レポートはこちら

2月  ランの館にて開催

そして、4月には2つのイベントを開催する予定です!


活動を継続させて、どんどん発展させたいです。
あちこちで楽しいイベントが行われている街になったらいいなあ。


今後を見据え、
今回のランの館でのステージを成功させることは大事な一歩です!


ぜひぜひ見に来てください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。