埼玉県さいたま市の
女性専用ボディワークサロン



aroma&seitai nagi-ナギ-はな。。。




$ココロ・カラダ・アタマやわらかブログ☆


自然の光と風の入る開放的な空間でゆったりセッションを


しています。


はな。。。トレガーアプローチ(R)


はな。。。整体

はな。。。よもぎ蒸し




テーマ:

最近またハマっているこのオイル。

 

「アルニカオイル ヴェレダ」の画像検索結果

 

ブラジルに行った時も、

カポエイラにカーニバルにと散々動いて、

このオイルには本当にお世話になりました。

 

暑い国だからオイルなんて塗らないかなー、とも思いましたが、

むしろ逆でした。

 

日焼けのケア、予防にも数種類持って行った

オイルやクリームを使い切って帰って来たほどでした。

 

乾燥は日焼けの一番の敵ですから!

向こうでは日焼け止めは塗ったり塗らなかったりでしたがあせる

保湿はけっこうマメにしてました。

そしたら帰国後の戻りも早かったですよ頑張る

 

 
 
話は戻りますが、、、
 
このオイルのすごいところは、
動いた次の日に筋肉痛になって、「やば!」って思ってから塗っても
効果を実感できること。
 
アロマはプライマリーケアが大事だと思っているので、
そこを過ぎてもイケるというのは、つよい。
 
個人的なポイントとしては、
とにかくおしみなく使うこと!
 
お試しあれ合格
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨日の京都の桜

どこでも見頃でした。

昨日はあったかくって、
雨の桜も楽しめました〜🌸
{686762BC-122C-425D-9FD6-60007FCE8E3B}

{7BBF96ED-0677-4257-84D7-A4D0F5C7F0A5}

{0B71E2B3-0E53-438F-BCE4-165DB0B60D13}

{EC3FE669-2514-4BDE-8FFC-5C7722865F0C}

{5F2954BD-3811-43BE-A578-B3C29F24F9AF}

{D92B8097-C345-4B28-8275-1F4C18DFE4E0}

{5063D961-55A6-4B2D-8968-88882637C15E}

{96B18B8A-60AE-4097-97AC-000BF8FC9C8F}

{1DA13F9C-8C74-4DBC-92D1-A59654CB8CFB}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Brazilの生活事情~食事と酒編

Brazilの生活事情~バス・トイレ編

 
に続いて、街中の様子。
 
カルナバル前は
いろんなブロコのエンサイオ(リハーサル)で
昼も夜も大音量!
店の前をブロコが通ると、普通の会話も聞こえないほど。

 
カルナバル後は減ったけど、
地元ブロコのエンサイオがあったりで、
やっぱりいつもどっかから音楽が聞こえてくる。
 
日本に帰ってきたら、夜が静かすぎてびっくりした。

image
わたしが滞在していたペロウリーニョ地区は
こんな感じの石畳で、坂道だらけ。
歩くのも大変!
 
でもカポエイラとかしちゃうっていう。
image
すごすぎです。

ブラジル人のプリケツは
ここで、作られてるんだね〜
と友人と話してました。笑

 
街なかには
野良の犬猫もいるし、
夜になると路上にテーブルと椅子を出して
営業してるお店も多いです。
 
そしてこの石の隙間にけっこうバラッタ(Gのことですね)が
死んでいるので(生きてるのもいる)、
衛生環境は、よくはないです。笑
 
なので毎晩夜中に清掃車が通って、
石けん水を流して道路を洗浄するらしい。
(わたしは見なかったけど、
 道路沿いの部屋に滞在していた友人は
 清掃車の音がうるさくて寝れなかったと言ってました。)
 

なんだかいろいろと想像の上をいくブラジル。

興味つきないです(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Brazilの生活事情~食事と酒編

に続いて、
気になるバスルーム事情。
 

 

まず、基本湯船はない!

 

ブラジル滞在中、4回宿を変えましたが、

わたしが泊まったposada(ホステル)は全部

シャワーのみでした。

 

image

↑これは泊まった中でダントツ、いちばん綺麗だった

サントアントニオ地区のposadaのバスルーム。

 

壁か天井にシャワーヘッドがついていて、

動かせません。

 

基本お湯は出ます。

(1か所だけ、水シャワーしか出なかった所もあったな。。)

 

 

あ、でもびっくりしたのは、

どの宿もタオルはついてました。

 

トイレはペーパーは流せないので、

備え付けのゴミ箱にすてます。

 

カーニバルの時期は街に仮設トイレがだーーーっと

設置されてましたが、怖くて入れず。

 

すんごい坂道とかにも設置してあって、

倒れたら惨劇だろうなーと。。猫・え~と 汗

 

お店のトイレとかはあんまりいかなかったけど、

バーハ海岸沿いのカフェのトイレは、

まあ日本の海の家のトイレみたいな感じでした。

 

つづく。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブラジルから帰国して1週間。

 

わたしたちが出発した後にサルバドールの空港で

ストがあって大変だった、という話を聞きました。

 

そういや向こうにいる時も、空港のどっかから火が出て

大変だったと聞いたなあ。。。

 

でもそういう情報って なかなか日本にいると

キャッチできないんですね。

調べてもあんまり出てこない。。。

 

 

なので、わたしが初めてブラジルに行って感じた

カルチャーショックなども含めて、

向こうの生活事情をちょこっと

書いてみようと思いますニコちゃん

 

 

まずはごはん。

 

ブラジルといえば、シュハスコ(シュラスコ)sao☆かと

思いきや。

 

シュハスコはリオとかサンパウロの方が有名らしい。

 

イグアスや、サルバドールから少し離れたバーハには

シュハスコ屋さんありました。

一度も行かなかったけど猫・え~と 汗

 

では普段は何を食べてたかっていうと、

 

基本ランチはポルキロ屋さんでごはんを食べてました。

ポルキロというのは量り売りのこと。

image

こんな感じで、好きなものを好きなだけ取って、

重さを量ってお金を支払うスタイル。

 

ムケッカという魚や肉の煮込み料理や、

フェイジョアーダという豆の煮込みも有名。

ライスはパラパラした細長い米。

 

あとマッシュポテトが、どこで食べてもおいしかった!

ポテトフライも日本よりおいしいし、

アイピン(タロイモ)もおいしかった。

image

タロイモ版ジャガバター。

この量で160円くらい。

 

フレッシュジュースも毎日飲んでました。

 

 

夜は酒場で飲んだり。

image

リアル・ルイーダの酒場。

 

ここはクラビーニョ屋さん。

 

クラビーニョはサトウキビの蒸留酒(カシャーサ)に

クローブを漬け込んだお酒です。

 

(自分で作ってる人も多いらしい。

 日本でいうところの梅酒か?)

 

クラビーニョ屋さんでは、これに柑橘の皮を漬け込んだり、

ジャトバという植物の実を漬けたり、

ハチミツやジンジャーを入れたり、

いろーんな種類があって、

注文するといろいろブレンドしてくれます。

 

試飲用みたいな小さいカップになみなみ入れてくれて、

それをストローで飲みます。

 

電気ブランみたいな感じで強い。

 

ビールもいろいろありますが、

よく飲んでたのはSKOL。

image

(手前の小さいカップがクラビーニョ)

左にあるのはファロッファ(タロイモの粉)。

肉やごはん、煮込みに、何にでもかけて食べます。

 

カイピリーニャもあります。

カシャーサじゃなくてウオッカを使った

カイピロスカというカクテルもポピュラー。

image

 

海沿いではシーフードもおいしかったです。

 

 

つづく。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。