今日はASAについてお伝えします

 

まずASAとはゼリーッカーカデミー!!!!!

アゼリーが独自に行っているサッカー教室です⚽

 

子ども達にサッカーを教えるのは・・

アゼリーグループの江戸川幼稚園でお仕事をしているしゅんた先生(高校時代に全国優勝経験あり)と

なぎさ幼稚園でお仕事をしているゆうと先生です腕。

二人とも東京23FCという社会人サッカーチームに所属し

関東一部リーグで現役のサッカー選手としても活躍していますメラメラ

 

4月16日月曜日に第一回目のサッカー教室が行われましたちょこ

その様子をお伝えします。

 

まずはウォーミングアップでラダーを使いますハシゴ

ラダーは機敏性や俊敏性、そしてサッカーに必要なリズム感を養うトレーニングとして効果が期待される練習メニューの一つです手

ちなみにプロのサッカー選手の試合前のアップとしても用いられていますえっ

 

 ラダーの説明を聞きますえっ

両足でジャンプしたり~

一つのマス一歩で走ったり~

足を広げて斜めにジャンプしたり~

 何十種類、何百種類とあるラダーのメニューから幼児でも出来る簡単なメニューを行ないましたおんぷ

 

次にボールを使った手の運動ですきらきら

皆さん巧緻性という言葉をご存知ですか顔文字(+´・_・`+)ン?

 

巧緻性とは、手先の器用さや、巧みに指先を使う能力の事で、この能力を幼少期に鍛えることで幼児脳の発達に大きく影響し子どもの知能を高められると言われています!

ですのでASAのサッカーでは最初から足でボールを扱うのではなく、手でボールの間隔に慣れるところから行なっていきますぐっと

 

ボールを上に投げてキャッチしたり~

ボールをバウンドさせてキャッチしたり~

ボールが浮いている間に手を叩いてキャッチしたりと様々なバリエーションで行いますピース

次は、リフティング笑

リフティングは足やもも、頭などを使いボールを地面に落とさずに繰り返し行うことです音符

リフティングの見せ合いっこもして向上心を高めあいましたニコニコ①

ただボールを蹴っているいるだけに思えますが実は様々な効果があるんです電球

ボールを蹴る際に片足立ちになる為バランス感覚養うことができたり、体幹をつけることができます( ゚ ρ ゚ )ふーん

さらに落ちてくるボールを目で追い、どの部分でボールを触るべきかを判断することで脳が発達します顔

これがリフティングなのです!

 

最後はみんなも大好きなシュート練習を行いましたキャー

サッカーは点を取るスポーツですサッカーボールシュート練習は欠かせません手

コーンをすり抜けてシュートしたり~

走りこんでシュートしたりとたくさんシュートを打ちましたばばばば

これで一回目の練習は終わりです完

 

慣れてきたらドリブルの練習をしたり頭を使う練習をしたり試合をしたりと

どんどんやって難易度を上げて、練習していこうと思います笑顔

次回は4月23日です!!

 

何かASAのことで分からないことがありましたら、

担当の こやまゆうと までお願い致しますおじぎ