☆ベジめし2月★

テーマ:
今回は

(明治おいしい牛乳)
タイアップレッスン(^-^)

★炊飯器でパエリア

★かぶと鶏肉のとろとろチャウダー

★白菜とベーコンのホットシーザーサラダ

★オレンジショコラケーキ

{2896ECA8-4F3B-4A60-94C0-0EBD9F73BED7}

今回は

ほたての稚貝もたっぷり♡( ´ ▽ ` )ノ

魚介類は加熱しすぎると硬くなるので

1度取り出してから、後ほどまた加えます

明治おいしい牛乳をつかったミルクチャウダーは、

心がほっこりする優しい味❤️( ´ ▽ ` )ノ

カマンベールシーザーサラダは

にんにくも効いて濃厚❤️たくさん野菜を食べられちゃいます‼️(^-^)

{EA8684AB-A39F-468C-A907-5CC725FAD174}

今回もたくさんのみなさまと、

おいしい笑顔になれました(^O^)♡

来月は「発酵メニュー★」

キマシタネーーー‼️

麹をつかって

甘酒、しょうゆ麹も作ります♪

★鮭の粕汁
★甘酒プリン
★おつまみ卵
★お刺身サラダ
★鶏のやわらか煮

レッスン日は、
3/21
3/22
3/23すべて夜7じスタートです♪

ご興味あるかたは、ぜひぜひお申し込みかださいね♡( ´ ▽ ` )ノ


AD

甘酒の作り方
 
です。
 
炊飯器で作ったり、湯煎で作ったり、お米入れたり・・・・
 
と色々な作り方がありますが
 
最も楽チンで簡単で美味しいと私が思っている
 
作り方をご紹介しますね猫あたま
 
 
{AF091746-96A2-4D35-95AF-002F22627453}

用意するもの
 
・保温ジャーやポット(サーモストか、象印、タイガーでも、なんでも保温性の高いもの)
 
・温度計(温度計は、発酵食品好きとしてはそんなに高価ではないので、持っていてそいい1品)
 
セリアやダイソーでも100円台でもあるらしいですzzz
 
材料
・麹…200g
・水…300cc
 
え、これだけで本当に甘くなるのにやり
 
って感じですが、本当にめっちゃ甘い。
 
市販の甘酒とか、
 
無添加でも薄い&高い割にあまり美味しいと思うものがなかったり
 
酒粕に砂糖を入れて甘々にしたものが多いのですが
 
やっぱり作った方が美味しいですウインク
 
甘酒は、私的には玄米麹より、米麹がおすすめ。
 
 
{B37D7664-15A2-45CC-BF4A-364DC370EA33}

 
水を鍋に入れて、一度沸騰させます。
 
お水も一度煮沸した方が、殺菌も出来るし美味しい気がします。
 
70度以上になると、菌が死んでしまったりするので
 
60度くらいまで冷まします。
 
温度計の無い方は(昔は無かったので、感覚で覚えるのがいいんでしょうね)
鍋底を素手で触って我慢出来るぐらいの熱さぐらいかなウインク
 
 
 
{558DAC20-DBEB-41E5-9D5A-E98CFA82E615}

さ、麹を入れます!ちょっとほぐしてから入れた方が
混ざりやすいです。
 
{5D1960EE-306D-43EF-A5E6-9466A73699AE}

 
よく混ぜ混ぜすると、40度台まで温度が下がります。
 
そしたら、また火を着けて弱火で加熱。
 
ちょこちょこ混ぜながら2分くらいかな。
 
{5C68971F-9A51-4A29-B1A8-B3408CDB5A38}
 
弱火でふつふつ。
 
お、温度が上がって来ましたね。
 
65度〜70度で火を止めます。
 

甘く美味しく仕上げるコツは

 

50~60℃の温度を保ち続けること。

 

 

麹菌の酵素がお米のデンプン質を糖化させるのですが

 

その酵素の最適な温度が55〜60度

 

70℃を超えると糖化酵素が壊れてしまって

酸っぱくなってしまったりするし

 

50度以下だと、つぶつぶが硬いままになってしまうので

 

とろりと甘ーい甘酒は温度管理が大切なんですね。

 

本当に生き物を育てているように、かわいらしいし、愛おしくなりますニコラブラブ

 
{E4CD274F-673F-49A4-BFF2-166E67BF4AA4}

保温ポットは冷え冷えだと、折角あたためた麹達が冷めてしまうので
 
事前に沸騰したお湯を入れて、ポット内を温めておきましょう。
 
温まったら、中のお湯は捨てて、
 
先ほどの温めた麹液を入れて蓋をします。
 
{1D5EE1CE-0685-480C-8AFF-2099C034A24C}

 
 
7、8時間寝かせると完成なので
 
眠る前に、仕込んでおくと
 
朝起きるのが楽しみになります猫あたま
 
大きい方が、昨日作。
 
小さい方は3日前の。
 
寝かせた方が甘いニコ
 
{4D4F41E8-D8F0-48CA-9441-916E4AAF70F1}

 
同じ分量で作っても
 
玄米麹は、甘みは弱くてサラサラした感じですが
 
さっぱりしていて、つぶつぶ感を楽しめるのでそれもまた美味しい♡
 
 
 
{3BE40FC0-5CE4-4A36-B280-018236CA6852}
 
最近のお気に入りは
 
バナナきなこ甘酒
 
です。
 
かなり、こんな感じでヨーグルトのようにとろりとしているので
 
濃いなぁって思う人は、豆乳で割ったり、
 
ちょっと炭酸で割るのもしゅわしゅわ日本酒スパークリングみたいで
美味しいですよ(ひな祭りに良いかもねハリネズミ
 
カフェで販売中の麹は
 
500gなので
 
 甘酒は翌日、
 
醤油麹は1週間後、
 
塩麹2週間後に食べれるので 
 
 
甘酒に 200g
塩麹に 200g
醤油麹に 100g
 
使うと、ちょうど500g使い切れますよ♪
 
 
米麹、500g 1300円(税込み)
玄米麹、500g 1500円(税込み)
 
 
冬はお家でのんびり過ごす時間が多いと思うので
 
ゆっくり、じっくり、生き物を育てるように
 
発酵食品を楽しむのもいいものです。
 
AD
{0A3B6635-C3BE-418C-9A0A-A72A3E7C9249}
 
自然栽培の、麹が届きまして乙女のトキメキ
 
発酵食品生活をめっちゃ楽しんでいますおすましペガサス
 
 
{44777B42-ECAA-473E-B526-4C31EDC90DFE}


開けると
 
ふわーんと
 
あまーい香り猫あたま
 
こちらの麹は、奇跡のリンゴの木村秋則さんも推奨する
 
農薬も、肥料も使わずに育てた自然栽培のお米を使用して作った麹。
 
自然栽培のお米は、1年、2年と貯蔵すると熟成して美味しくなるそうなので
 
寝かせたものは限りがあるので
 
とーってもスペシャルな麹なのですハリネズミ
 
どちらも500g入りです。
 
 
 
 
{5F725B23-D732-40EE-AD0A-0B1465E9E60F}

簡単なのからご紹介♡
 
醤油麹は、麹と、醤油があれば出来ちゃいます。
 
醤油も、添加物が入っているものなど色々ありますが
 
折角美味しい麹だもの、美味しい醤油で作りたいよね〜
 
ということで、
 
私はカフェでも販売中の
 
古式醤油で作りました。(添加物ゼロの、国内産の丸大豆、小麦を昔ながらの伝統を生かした古式醸造法で丸2年かかって熟成させた自然発酵の濃口醤油。使っているのは、大豆、小麦、塩だけ)
 
醤油麹と、塩麹との違いは
 
お醤油の原料である大豆成分の旨味が強いこと。

グルタミン酸の旨味成分が塩麹に比べて10倍以上
 
と言われています。
 
塩麹より
 
甘みと旨味を感じます。
 
 
{AA7E63EB-DB68-43F1-8072-E386D0E50C7C}
 
 
作り方は簡単
 
麹と同量の醤油を、

まぜまぜ。
 
 
・・・・で一日目、終了ニコ
 
翌日になると、麹がしょうゆを吸い込んでしまうので
 
麹がひたひたになるくらいの醤油を足して、また混ぜ混ぜ。
 
発酵食品なので、
 
冷蔵庫には入れず
 
毎日1回均等に発酵するようにまぜまぜして
 
常温(20度くらい)で1週間〜2週間ほど発酵させます
 
(室温にもよるので、冬場は10日前後。夏場は早ければ5日ぐらいな時も。
目安は麹が柔らかくなってきて、とろーりと液体と馴染んで来たら(*'-')b OK!)

とろみが出て来たら完成です♪
 
冷蔵庫に入れて、2、3ヶ月は保存可能です。
 
発酵食品なので、熱を加えずに納豆のタレに、刺身にのっけたり、焼き肉のタレや
ドレッシングや、和え物につかったり
 
 
加熱だと、炒め物や焼き物、スープなど、何でもうまみたっぷりで美味しいですウシシ
 
わたしのおすすめは、焼きおにぎりと、たまごかけごはん。
 
 
{44A8DFBE-0157-486C-BFD1-02BAEE13F3D4}
そして・・・・塩麹!
 
発酵食品ブームの火付け役とも言える
 
お肉を漬けるとやわらかく♡浅漬けに、炒め物に、和え物に・・・と重宝にやり

今回は、玄米麹で作りましたアップアップ
 
塩麹は名前の通り、用意する原料は『塩』と『麹』『水』だけ。
 
添加物を使用しないので、自然の美味しい万能調味料です。
 
できれば、美味しいお塩(自然塩)を使うと良いですね。
 
私は、常に料理も、味噌も、梅も
 
赤穂の塩
 
を愛用しておりますニコ
 
材料は
 
・麹
・麹の30〜40%の塩(日持ちさせたい場合や使う頻度によって、塩の分量を変えます。初めての方は35%くらいで作ってみましょう)
・水
 
1・麹は、かたまりになっているものもあるので、大きなボウルに麹と塩を入れて
麹と塩を良く混ぜ合わせます。
 
 
2・容器(出来れば透明な容器だと発酵具合が見えますウインクタッパーや琺瑯容器など)に、1を入れて、ひたひたの水(かぶるくらい)を入れてよく混ぜます。
 
3・こちらも翌日になると、水分を麹が吸ってしまうので
 
またひたひたくらいのお水を足して
 
冷蔵庫には入れず
 
毎日1回均等に発酵するようにまぜまぜして
 
常温(20度くらい)で10日〜2週間ほど発酵させます
 
(室温にもよるので、冬場は14日前後。夏場は早ければ7日ぐらいな時も。
目安は麹が柔らかくなってきて、あまい香りがしてきたら(*'-')b OK!)
 
4・冷蔵庫で、3ヶ月くらい保存可能です。
 
失敗する方の原因としては
 
ぐすん減塩にしようとして、塩を減らすと発酵ではなく腐敗してしまいます。ベストは35%ですが、減らしても30%くらいまでにしましょう
 
えーん水が多すぎると塩分濃度が下がってしまい腐敗の原因になりますし、水が少なすぎると均等に材料が混ざらず発酵不良になってしまいます
 
zzz混ぜ忘れた・・・・できれば毎日一回だけ混ぜてあげると、発酵が均等になって発酵が進みやすくなります
 
アセアセ熱過ぎた・・・または寒過ぎた。20度くらいの室温が発酵しやすいベスト温度。麹が柔かくとろりとなったら、冷蔵庫に入れて保存しましょう
 
キラキラ保存容器が汚かった・・・・という事はあまりありませんが、きちんと洗って
できれば沸騰したお湯を注いで殺菌しておくと日持ちしやすくなります。
 
{DD60F328-DB0F-4D41-991A-16EDDC797C83}
 
わたしのおススメは
 
 
500gを購入したら
 
200g 塩麹
200g 甘酒
100g しょうゆ麹
 
を一気に仕込んじゃう事です。
 
自家製甘酒は、粒がむにゅむにゅしてて
 
お砂糖入れないのにめちゃくちゃ甘くて美味しいし、感動ものですよ(๑´ڡ`๑)
 
ブログが長文になってしまったので、後半、わたしの大好きな甘酒編につづきます♡
 
麹というか、菌のパワーはすごいなぁ…。
 
貴重な麹は、オーダーしてから仕込んでもらう事と
 
寝かせた自然栽培のお米の数量が限られているため
 
数量限定にはなりますが、なぎさカフェで
 

米麹 500g 税込1300円
玄米麹 500g 税込1500円

 

販売中です!!

 

簡単で美味しいので、是非作ってみてくださいねラブラブ

 

次回は、後編の甘酒編です→

 

AD