http://s.ameblo.jp/nekousagi76/


諸事情によりブログ引越し!


アクセス待ってるぜー☆


木に、雪ではなく氷が。綺麗。in箱根
AD

感覚派、本格的に、覚醒中。


早口言葉みたいになった。



やあこんばんはnagisaだよー。





日が変わって昨日のこと、
縁あって出会った某会社へ
面接に行ってきたんですよ。
正社員もしくは契約社員としてね。

前日生まれて初めて職務経歴書なるものまで
作成しましたわな。
そういえば、正社員の面接自体生まれて初めてなんですよ。この会社に入りたいって思った事が今まで一度もなくて。
{685FBC44-5DC2-45D7-B1DE-C734705276E2}
これ下書き。↑


これ完成したもの。↓
恥ずかしいからめっちゃ加工で隠す隠す。。

{2A993F08-42DC-44AA-9867-B413B81E0FA1}



絶対無理や面倒くさい無理やと思ってたし
PCで書類作成って、仕事ではほぼやったことない
から自信なかったんやけど、、、

やり始めると案外楽しくなってきて気が付いたら
ぱっと見普通に職務経歴書が出来上がってしまったんだ。。。


ぱっと見ね。
やればできる子YDK\(^o^)/



そんで履歴書も手書きは面倒くさいから
PCで作っちゃったのね。

ほんでデータだけスマホに移して
コンビニのコピー機でプリントアウトして完成させたのですが、



書類作成中も、面接行くまでの間も、
なんか本質的にズレてる気はしてるのに
ただ天からの御告げというか、
今回ばかりはやっとけみたいな感じが抜けなくて
とりあえずそれに従ってやるしかないなあってな
非常ーに曖昧な気持ちのままやってたのね。



実際その仕事に興味があるし、
それこそやればできる子YDKそんな気もしたし
採用されたら生活一変して
また新鮮で面白そうやし
何より収入も住処も安定するし
申し分ないメリット盛り沢山。

でもずーーーーーっと謎のモヤモヤが
つきまとったまま、不安と迷いと葛藤してた。




とりあえずまず面接して、
全部聞いて目で見て感じて見極めようと。
自分的にはすぐ答え出るやろなーと
思ってたんやけど、

面接中も、帰宅途中も、帰宅後も、
葛藤してた。

面接で話を聞いてみても、
やっぱり条件は非常に良かったんやもの。


でもほんまにそれでいいの?っていう疑問が残ったまま答えがわからんくて、、
いい加減疲れきってしまって気が付いたら寝落ちして、



そんで、今さっき起きたのです。おはよう。(深夜ですミッドナイトー








で、起きてからしばらくして
ぼーーーーーーーっとしてたら
だんだん頭がスッキリしてきて

見えたわけです。答えが。




「よし。断ろう!」って。
辞退します。って。
その前に断られる可能性もあるんやけど。。


でもわかったのさ。
ようやく腑に落ちたのさ。



面接中の違和感とか、
イメージしてたものの中に
既にあった違和感の正体が。



私の生きる世界じゃないな。ってこと。
そもそも一般社会と自分との違和感が
思ってる以上にデカかったな。って。



こんなんじゃダメだorzって
落ち込んだりする気持ちはなくて
社会に弾き出されたみたいな疎外感もなくて

むしろこんな私やのに受け入れようと
してくれる会社もあるんやなぁって、
社会の暖かさに感動しながらも

単純に私の生きる道じゃないや。って
痛感したんだ。





だからって何が出来るわけでもないし
何の功績もないし何の頼りもないんやけど
でも既に持ってる自分の世界観を
もっと磨く方に進もうって思った。
完全に感覚派なくせに知的ぶるのをやめろと。 笑


今まで何をするにも適当にやったら出来てたり、周りに恵まれてたから出来てた風だっただけなのに、
そうでない真逆の人達と同じやと勘違いしてた。
その間違いってデッカいよなぁー。。。





だから、
今さらやり方を変えて道を変えようとするから
失敗するんですよ。失敗してきたんですよ。




なんとなーくでいいねん。
根拠とかなくていいねん。
適当で、思い付きでいいねん。
勘でいいねん。
行き当たりばったりで正解してきたんやからそれでいいし、有り難い出来事に遭遇してきてその度その波に乗ってきたんやから、それでいいねん。



それしかできひんねーーーーーん!
そんな感じでふんわりやりゃ失敗も失敗と気付かへんねんから。(^^;)
やればできる子は、やらない子!/(^o^)\
私は宿題とか勉強最後までやらない子!
それでも成績はそこそこ良かったラッキーな子やったんやからそれでいーじゃなーい!



感覚派本格的に覚醒中。

AD



考え事ではなく、

今の恋愛事について

自分や相手からの愛情について

次から次へとポコポコと
想いが溢れてきて、

流れてしまわないように
メモに書きながら
吐き出してってたら


言葉にならないレベルの感謝とか
愛情とか幸福感とか

それを受け入れる感覚とかが

滝のように?光のように?
降ってきてやまなかった。




物凄く大事な事を相手に教えてもらった気がする。




言葉にならない想いに初めて出逢ったような気がする。




全然うまく書けへん。


全然。




けど、

初めて愛の実態に気が付いたんだ。







心底自分のこと、幸せ者やと思った。






これに気付けるってなかなか
できるようで難しい。
当たり前すぎて、特別でもある。



ボーーー、、、、、、っとしてしまってる。



これ以上は頭が働かんので眠ろう、眠ろう。



いつかちゃんと書けるといいな。
なんか、うまく書けるようになりたいな。



おやすみなさい。 .。.:*☆
AD