2011年10月18日(火) 09時07分12秒

JARF保護犬 NO.16 マリちゃんのその後

テーマ:東北地方太平洋沖地震 災害救助

JARFの保護犬の中で一番の高齢だったマリちゃん。


今は山形県で新しいお母さんと一緒に生活しています。


とってもやさしくて、素敵なお母さんです。


マリちゃんのその後の生活を皆さまにお知らせいたしますね。


一部、お母さんのお手紙をそのままお伝えいたしますが、ご了承をいただいております。



東北動物レスキュー 長崎の保健所の命を救う会の代表のブログ-まりちゃんその後


このマリちゃん、とても楽しそうですね。


ご近所にとてもかわいい女の子のお友達が出来たそうです。


伊豆では見られなかったマリちゃんのお座り。


とってもお利口さんとのことです。



東北動物レスキュー 長崎の保健所の命を救う会の代表のブログ-まりちゃんその後


福島では外飼いだったマリちゃん。


今は室内犬です。


お母さんは、マリちゃんの抜け毛対策や、ご飯の事、お散歩のときの様子など、


いろいろお伝えしてくださいました。


7日目 「表情が出てきたように思う」とお手紙にあります。


8日目 「お座りを覚えた。初めてク~ンとないた」とありますが、


     私はマリちゃんのお座りを見たことがありませんし、マリちゃんの声も聴いたことがありませんでした。


9日目 「ひざにアゴを乗せてきた」とあり、なんとうらやましい!


13日目 マリちゃんとお母さんのお誕生日でしたが、来客があり、おいしいおやつをもらって

    

     目がイキイキしていたそうです。



東北動物レスキュー 長崎の保健所の命を救う会の代表のブログ-まりちゃんその後


お母さんのお手紙より


「当初、1匹でもおだやかに暮らせるようになるなら、私も手助けできるかもしれないと思って電話しました。


でも、もしかするとマリは私を支えてくれる存在になるかもしれません。


最近では、姿が見えないとお互いに探してたりします。」



東北動物レスキュー 長崎の保健所の命を救う会の代表のブログ-まりちゃんその後


こちらはお母さんの大切なバラで5年も経つのに大きくならないそうです。


でも、やっと1輪咲いたそうです。


マリちゃんが家族になったお祝いかな、なんて私は思いました。


ワンちゃん達と今も離れ離れになっていたり、一緒に暮らせないことがわかり泣く泣く手放す


ご家族様たちがたくさんいらっしゃいます。


でも幸いな事に、新しい出逢いを迎え、こうして助け合い、一緒にいることでお互いがイキイキと


元気になるという事実も多いのです。


動物達との共生。


私にとっても、たくさんの方にとっても本当に必要なことだなと心から思います。


このような素敵な家族がこれからも増えますように、頑張って行きたいと思います。


                                                     伊豆高原 クミコ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。