みっちり

テーマ:
昨日は早朝から夕方までみっちりフローター釣行してまいりました。

{2CDFC010-F505-40EC-B9C1-F8AE5B0B5518}

主賓は木曜日のゴッドファーザー Gさん。

貫禄と風格が漂っていますね。
「男は黙ってノーフィッシュ…。」

ガイドは変態長453さん。

第1ラウンド
早々にバイトをもらうも、早々にフックオフ。
その後はナマズのバイトにバスが混じる感じ。

第2ラウンド
良い条件かと思いきや、453さんの1フィッシュのみ。
私とGさんは2~3バイトずつバスに愛想を振りまいてもらう。
ライギョのバイトで眠気が吹っ飛びました。

第3ラウンド
453さんと2人でF沼へ。
風がキツい中、風裏でお互い1バイトずつ。
何としても1匹釣りたかったですが、乗らず。
バスの姿が見えるバイトという一番くやしいパターンで終わりました。
AD

変わり種

テーマ:
70年代のラミグラスのブランクスで作ったロッドがあるのですが、これがかなりご機嫌でメインで使っています。

今まで使ってきたグラスロッドとは違って、軽くて実にシャキッとしています。

たぶん30グラムのルアーも楽にキャストできるでしょう。

しかし魚とファイトしている間はグーンとよく曲がってくれます。

私はグラスロッドの良いところは、この「グーンとよく曲がる」だと思います。

フックセットさえしっかりできれば、ロッドが常にラインテンションを強く保ってくれるのでバラしにくいと思うのです。





これがリフトパワーの強い高弾性のカーボンロッドだとどうなるか?

私のようなヘナチョコがふんばりの効かないフローターに乗って使うと、
ちょっとした判断ミスや操作ミスでファイト中にバレやすくなってしまうんです。

しかしこれは、私が鈍いというのが主な原因だと思いますけどね。

かかった魚が小さいと気にならないのですが、
大きい魚ほどロッドに負荷がかかる=反撥力が強くなるので、さらに気を抜けなくなります。

フローターでトップに限って言えば、高弾性のカーボンロッドは運動神経の良い人に向いてると思いますね。

オカッパリやボートには向いてると思います。
ごぼう抜きもできますしね。





ところがダイレクトリールと組み合わせると、カーボンロッドはとても使いやすいです。

去年の後半、実際に5フィートのカーボンロッドにセミダイレクトの組み合わせで釣りしていましたが、
意外にガチガチのショートロッドはダイレクトリールとの相性が良かったです。

ギア比が極端に低いから常にリールを巻きながらファイトしているので、あまりラインテンションがどうのこうの関係ないですし、ダイレクトはラインの出し入れがスムーズですからね。

逆にダイレクトリールはパワーのないロッドとの組み合わせはダルすぎるのではないでしょうか。






話しがとんでもない方向にズレました。

再びラミグラスに戻ります。

説明にはフェンウィックの5パワー相当とありました。

魚が釣れだしてロッドの良さを実感するようになると、急にフェンウィックの5パワーが気になってきてしまいました。

未使用に近くて軽いものが欲しかったので、ちょっと変わり種ですが、こんなものを購入。

{3D7C78A2-7F04-415C-838D-43F238056E4E}

{D1352131-F186-45E1-AAD7-D75082CF8616}

細かい傷はありますが、使われた形跡がありません。

80年前後の物と思われますが、作ったばっかりのようなコンディションです。

実測5.4フィートでしたが、ランカースティック2055のブランクスで作ったカスタムロッドとのことです。

{47681540-B60A-4F93-9A18-C1AC703413ED}

ガイドリングの色が怪しかったので、ライトを当てて押入れに入ると光りました。

{27E28E22-F1DB-43F3-83EA-61A5DD348929}


気になる重さは、チャングリ+ラミグラス+10グラムでした。

竿やらリールが増えてきたので、ここらでしっかり使い込みたいと思います。

AD

スイムチェック

テーマ:
お昼ご飯の前にオーダーいただいたルアーのスイムチェックをしに運河に行ってきました。

そのあとついでに試作ルアーのスイムチェックもしていたんですが、

{0C9984EA-BBB0-4031-A502-A529C7EB3602}


{3B635CF7-4A47-4F26-9B3A-0488A2619324}

沖にキャストして動きを見ていたら、立て続けにライギョが2匹釣れちゃいました。

利根運河でトップで魚を釣ったのは初めてです。

ここにはいつもコイしかいないし、スイムチェックするだけなのでペンチを持っていってませんでした。
仕方なくPEライン用のハサミをペンチ代わりにして針を外しました。
ハサミがダメになってしまいましたが、自業自得ですねぇ。

サイズは普通ですが、ナイスファイトでしたし、ペンチがなくてあせったのもあって、汗びっしょりになってしまいました。



AD