流じゅーざの『日韓・朝韓』

「にっかん・ちょーかん」ペースで朝鮮関連とオレの住んでいる「タイ」の話題そして女の子の話題を発信します♪
前ブログ「☆正面からぶち当たって見る韓国☆」が閉鎖されたのでこちらで再開です♪

NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

【本ブログでは基本「青い文字・文章」は引用です。ご注意を。】

 

【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

 

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

   〈 iOS版  App Store      〈 Android版  Play store 〉

 

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

絵柄からして、これは高校時代かと思うのだが...

 

その頃にオレが自分で考えて描いた

 

  『宇宙戦艦ヤマト』続編のメカ登場じゃああ!!!

 

そして…

 

  四段空母はオレが先に考えとったんじゃああ(゜Д゜)!!!

   (もっとも誰でも考えるアイデア)

 

では第3回は...

 

  戦闘空母行きます( `Д´)ノ!!!

 

 

第3型戦闘空母

デスラー艦を基本に両側に艦載機収納エリアをつけました♪

 

 

四段空母

と思ったが、

(゜Д゜)よく考えたらガミラスの三段空母と同じじゃ!

(*´Д`) オーマイガー!!!!

 

 

次回は

 

  純オリジナル艦船とどっかで見た奴ね

 

なお、

 

  本作品を描いたのは38年くらい前です…

 

記憶では

 

  『新たなる旅立ち』の前…

 

別の奴は

 

  『新たなる旅立ち』の後に描いたんだが、

 

  エロ要素が強すぎるから公開は無理か?(まて)

 

っていうかむしろ

 

  エロシーンしか残ってない…(おいおい)

 

確か

 

  ゴルバとの戦闘シーンがあったはずなのだが…

 

ちなみに

 

  まだデザイン画があるので(そっちの方がクオリティーがはるかに高い)そちらも続けてアップします。

 

ああ、

 

  当時から彗星帝国の「大戦艦」に不満だったらしく、大戦艦のバージョンアップ版もありました( `ー´)ノ

 

っていうかまだ

 

  漫画キャラ描き始めた頃のやつからあったが、さすがにデッサンが狂ってて恥ずかしいな…

 

他にも、

 

  『リングにかけろ』、『ホールインワン』、『ドカベン』、『いらかの波』などの模写版もあるのでそれもアップしましょう。(我ながら結構なクオリティーだったりする)

 

探せば横山光輝先生の『マーズ』『バビル2世』のパクリメカもあるはずなんだが…

 

って思った以上にネタが多いな…(汗)

 

  シリーズ化決定(*´Д`)

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)
NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

【本ブログでは基本「青い文字・文章」は引用です。ご注意を。】

 

【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

 

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

   〈 iOS版  App Store      〈 Android版  Play store 〉

 

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

小説投稿サイト『小説家になろう』

 

  歴史小説『真・徳恵姫伝 -歴史に埋もれた「童謡の姫君」ー』

 

 

  第1章をアップしました( `Д´)ノ (クリックするとサイトにいけます)

 

・第1章「壽康斎 響く鳴き声」

 

今回の話は

 

  もともとプロローグ用に用意していたんですが

 

いかんせん、背景説明が無いと話がわからないだろう、と思い直して現在のプロローグを追加し

 

  この話を第1章としました。

 

次回は徳恵翁主の誕生の背景などについて書く予定です。

 

可能な限り毎週1話アップする予定(予定は未定)です。

 

ちらっと読んでみていただいて

 

  大拡散希望( `Д´)ノ(おい)

 

頑張って書いて…

 

  めざせ!百田尚樹!!!(大嘘)

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)
NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

【本ブログでは基本「青い文字・文章」は引用です。ご注意を。】

 

【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

 

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

   〈 iOS版  App Store      〈 Android版  Play store 〉

 

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

以前にも1度取り上げましたが、韓国釜山近郊には

 

  日本人の墓石を建材として使った町があります…

 

  ハンギョレ新聞が宣伝してます…<呪

 

・ハンギョレ新聞「[ルポ]旧日本人共同墓地の上につくられた釜山峨嵋洞「碑石文化村」探訪」

 

「死者の村が生きた人たちの旅行地として復活

 

人口350万人の港湾都市釜山(プサン)は、全体面積の70%が険しい山だ。都心も郊外も、山の斜面かその間どこかに形成されている。山が多いため、トンネルも多く、高架道路も多く、急な坂やカーブも数え切れない。中には山腹道路というものもある。山の中腹に沿って作られた複雑で狭い道路だ。最近、釜山(プサン)の名所として浮上した段々畑の形をした山里の庶民村を繋ぐ軸となる道路だ。

日帝強制占領期(日本の植民地時代)には28万人だった釜山市の人口は、光復後36万人に増え、朝鮮戦争当時には100万人近い避難民が釜山に押し寄せたという。山の斜面に沿って仮小屋が建てられ、避難民村が作られた。戦争が終わってから、彼らが去った一部の空家に靴や繊維、縫製工場労働者たちが住み着いた。こうして作られた山里の庶民村が、草梁洞(チョリャンドン)・甘川洞(カムチョンドン)・峨嵋洞(アミドン)など、山腹道路一帯にそのまま残されている。険しく狭い路地に沿って小さな家が軒を連ね、段々畑のように設けられた敷地に横に長い家(いわゆる汽車住宅)が並ぶ。華やかな港湾都市釜山の実像であり、力強く生きてきた庶民の生活が成り立っていることろだ。古く、みすぼらしかったこれらの村が今や旅行客たちが先を争って訪れる名所となった。黙々と重ねてきた歳月からの贈り物だ。

山里の独特な景観が有名になり、「甘川洞文化村」は既に外国人旅行者たちまで詰めかけて賑わう釜山の代表的観光地になった。沙下区(サハグ)にある甘川洞と峠(半月峠)一つを挟んだところに、

 

  西区(ソグ)峨嵋洞(碑石文化村)がある。

 

カフェやレストラン、アクセサリー店が所狭しとならぶ甘川洞の文化村に比べ、探訪客が少なく、混雑するところもなく、昔の姿も比較的そのまま保存されている。旧町の香り漂う、静かな町だ。

 「何が怖いの?飢え死にするのは怖くても、幽霊なんて恐くない」

峨嵋洞は、日帝強制占領期につくられた日本人共同墓地の上に形成された村だ。

 

「峨嵋洞クッス(朝鮮半島で食べられてきたうどんより細い麺)屋」に集まっていたおばあさんたちはちっとも怖くないと言っていた。都市再生事業を行い、壁画や探訪コースを作って「碑石文化村」という名前を付けたという。「食べ物や水の心配はしても、幽霊の心配なんてするもんか」。

 

  墓の上に家を建て、墓地の間の路地を行き来しながら一生生きてきた人たちだ。

テーブル2つと練炭ストーブ一つが置かれた一坪余りのクッス屋は、お年寄りのたまり場となっていた。どんぶりいっぱいの温かくおいしいクッスで腹ごしらえをしていたら、厳しい避難生活の話になった。

「身一つで避難に来て、住むところなんてなかった。空いた土地を探して山の斜面に家を建てたよ」(鉄原出身)。

 

  「日本のやつらの墓を壊して石を集めて穴蔵を作ってかますを敷いて暮らした」(木浦出身)。

 

「毎日水がめを頭に載せて峠を超えて水を汲んできては、干した葉っぱの粥で命を繋いだ」(咸平出身)

出身地域は違っても、厳しい時代の辛い記憶を共有した家族のような隣人だ。釜山生活が長くなり、方言にも慣れてきた。「草粥でも子どもたちに腹いっぱい食べさせようと、大人たちは食べる前にベルトをきつく締めていた」と話した。

碑石文化村の中心は峨嵋洞サン19番地だ。曲がりくねった道に沿って上っていき、展望台の役割をする道の横に立てば、高層ビルがひしめく釜山市内が見渡せる。避難先の臨時首都だった時代、「不純分子」を見つけるための厳しい検問の手続きを経て、テント一枚を受け取った避難民たちが定住したのが、まさに峨嵋洞サン19番地、日本人共同墓地だった。1876年の釜山開港で日本人が集まり、龍頭山(ヨンドゥサン)のふもとに日本人村が形成されたが、日本人の居住地が拡大するにつれ、龍頭山・伏兵山(ポクビョンサン)にあった共同墓地が1907年、ここに移された。

峨嵋洞住民たちの生活が死者たちの空間の上に成り立っている痕跡はあちこちで見受けられる。一人が辛うじて通れるほどの狭い路地を右に左に回っているうちに、ここが墓地だったということに気づかされる。

 

  路地の石垣や階段にも、土塀にも玄関の前にも、子どもたちの公園にある階段にも、よく磨かれた四角形の石材(墓石と書け!)が使われている。墓地に備えられていた床石と石碑、境界石と装飾用石材だ(墓石と書け!)

  横になった碑石には亡くなった人たちの名前や生没年代まで鮮明に刻まれている。

 

  碑石を見ると、日本人個人の墓や家族墓もあり、創氏改名した朝鮮人の墓もあることがわかる。

 

  一坪や二坪の納骨堂の上にそのまま壁を作って建てた家もある。

 

路地の塀の下に立てておいたガスボンベの台石や門の前の台石に使われた石材にも、墓石が多く見られる。浄化槽工事中に出てきたという日本式仏像も路地の隅に置かれている。


峨嵋洞には生きた人に住む場所を譲ってくれた日本人死者たちの魂を慰めるところもある。半月峠の下にあるテソン寺だ。

 

  峨嵋洞から出た碑石の一部を集めて塔のように積み上げ、毎年中元(旧暦7月15日)に慰霊祭を開いている。

峨嵋洞の路地裏探訪には必ず立ち寄るべきところがある。峨嵋文化学習館にあるチェ・ミンシクギャラリーだ。チェ・ミンシク氏(1928~2013)は、韓国の代表的な1世代ドキュメンタリー写真家だ。生涯釜山庶民層の疲れた日常と貧しい山里の風景などを写真に収めた。

 

  彼の人間に向けた愛情のこもった視線がとらえた白黒写真を鑑賞できる。

学習館付近線路のカフェでは峨嵋洞一帯探訪情報を得て、アクセサリーや石鹸・クッキー作りなどの体験もできる。峨嵋小学校の父兄会の「峨嵋マムス」から始まった村企業が運営するカフェ兼芸術体験場だ。

狭く、湿っており、ひんやりした峨嵋洞の墓石路地。釜山の中腹道路周辺に散在した山里路地の中でも、近現代史のつらい傷や庶民の哀歓が最も強く感じられる場所だ。」

 

 

実際にこんな感じです…

 

墓石や石碑を積んで作ってます…

 

 

墓石を毎日踏んでいる訳ですね…

 

価値観も宗教も違うのは分かるし、朝鮮戦争で大変だったのはわかるけれど…

 

  年1回慰霊をやってる寺があるのもわかるけど…

 

しかし

 

  現在もこの状況を「観光資源」に利用しているわけでね…

 

そしてハンギョレ新聞もこうして

 

  観光資源として宣伝している訳で。

 

あまりにも

 

  祖先へのリスペクトがなさすぎるよな…

 

日本からの初期の釜山への移民は一番ガラが悪かったらしいけどね。

 

  しかしそれとこれとは別でしょう。

 

他者、他民族への

 

  最低限のリスペクトをも欠く国家

 

これでは少なくとも日本ではリスペクトを受けられなくても仕方ないねえ…

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(4)
NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

先日バンコクからマニラ経由で日本に行ったんだが

 

  何故かバンコク→マニラ行きでもアナウンスが日本語…

 

  食事も日本風…

 

そしてマニラから東京に行くときの機内食は…

 

 

  日本風のカレー(福神漬け付き)

 

に、おかずには…

 

  昆布巻付き( ̄∀ ̄)

 

しかも…

 

  おやつにマジの最中付き( ̄∀ ̄)

    (コピーじゃないですな)


これって

 

  ふた昔前の日本の飛行機会社の機内食よりもまだいいかも…(最近は日本の航空会社使わないから知らないけど)

 

さすがに帰りの

 

  マニラ→バンコクの機内食はふつーだったけど…

 

日本と東南アジアの行き来に

 

  フィリピン航空ってのもあり!( ̄∀ ̄)b

 

価格内で、無料でカバンを預けられて、飯もつくのでコスパもLCCとそんなに遜色ありませんよぉ( `ー´)ノ

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

読者登録してね

「いいね」、「リブログ」、「ペタ」大歓迎です( `ー´)ノ

 

【本ブログでは基本「青い文字・文章」は引用です。ご注意を。】

 

【八重山版】http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html

【沖縄本島版】http://www.shimbunonline.com/latest/yaeyamahontoban.html

 

『新聞オンライン』アプリ配信開始!

スマートフォン・タブレット端末で閲覧できます! 

   〈 iOS版  App Store      〈 Android版  Play store 〉

 

 

バンコク在住のじゅーざです。

 

以下、本題です。

 

今回公開されたメモ…なのだが…

 

 

韓国の大統領選挙もいよいよ中盤戦に入り、一時は勢いの強かった安哲秀(アン・チョルス)から保守派の支持が離れて失速してきたところで

 

  支持率トップを走る文在寅(ムン・ジェイン)に痛撃か???

 

・朝鮮日報「韓国大統領選:「北にお伺い」は文氏の提案、盧武鉉メモ公開」

 

「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で外交通商部(省に相当)長官を務めた宋旻淳(ソン・ミンスン)氏が21日、2007年11月に国連で採決が行われた北朝鮮人権決議案で当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が最終方針を決める際、盧元大統領から聞いた内容をメモした手帳を公開した。

 

  このメモには「(北朝鮮に)尋ねるべきではないが、文室長が尋ねようと言っている。これによって宋長官は辞表を出さないでください」と記載されている。

 

文室長とは進歩(革新)系の「共に民主党」から大統領選挙に立候補している文在寅(ムン・ジェイン)氏のことだ。

宋氏はこの日、本紙との電話インタビューに応じ「11月20日に行われたASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3」の会議に出席するためシンガポールを訪問していた盧元大統領が、この日の夕方に私をホテルに呼んで語った内容がこのメモだ」と説明した。問題のメモによると、

 

  この時に盧元大統領も「文氏が北朝鮮に尋ねることを提案したから」という趣旨の話をしていたことになる。

 

これは宋氏が昨年10月に発刊した回顧録にはなかった内容だ。

 

  回顧録には盧元大統領が「このように(北朝鮮に)尋ねることまでしたのだから棄権しよう」「尋ねるべきではなかった」などと話したことが記載されている。

これについて宋氏は「回顧録には(文氏の立場を考えて)そこまで書くつもりはなかったが、今になって強く否定するのでやむなく公表した」と説明した。宋氏はさらに「インクとメモ紙については(科学的に調べれば)これがいつ書かれたのかわかるらしいから、実際に調べればこれが9年前に書かれたことが明らかになるだろう」とも主張した。

これに対して文氏陣営の関係者は宋氏が公表したメモについて「客観的な事実ではなく、個人の想像や感想、あるいは文氏に対する偏見に基づいたメモに過ぎない」と反論している。さらに「当時、秘書室長(だった文氏)は会議を主催することもなかったし、何らかの意志決定を下すこともなかった」「文氏はやっていないのだから、盧元大統領がそんなことを言ったなどあり得ない話だ」などとも主張している。」

 

 

まあ内容的には昔から言われていたことで、

 

  盧武鉉政権時代に行われた国連の対北朝鮮人権決議案採決に際して、文在寅が決議前に北朝鮮の意向を聞き、盧武鉉大統領に進言したことで韓国が決議に棄権した。

 

というもので、この案件が

 

 「文在寅=従北派」の証拠

 

とされる。

 

そして今回、

 

  この話を盧武鉉元大統領から「聞いた」元外交通商部長官を務めた宋旻淳盧元大統領から聞いた内容をメモした手帳を公開した

 

ということなのだが…

 

 

恐らく、韓国の保守系メディアは

 

  しばらくこの疑惑を攻めるのだろうけど…

 

  文在寅にとって痛撃になるか???

 

( ̄へ ̄;)うーん

 

  弱いなああ…

 

これが

 

 「盧武鉉元大統領の書いたメモ」

 

ならば証拠能力は十分なんだが、

 

  9年前に盧武鉉から聞いた内容を「私」(宋旻淳)がメモしたもの

 

というのでは…

 

  いかにも弱い…

 

これじゃあ証拠価値としては

 

  安倍首相から寄付を受けた証拠して出された森友学園の誰かの書いた振込用紙くらい弱い…(苦笑)

 

 

これなら

 

  須田慎一郎氏が暴露している「共に民進党議員がすでに北朝鮮を訪問している」って話の方がまだきついと思うのだが…

 

これなんか与党側がうまく立ち回れば、いや朴槿恵が大統領だった時にうまく諜報機関に指示して調査させれば

 

  もっと決定的な証拠を掴めたんじゃないのかと思うのだけどね…

 

この辺の

 

  詰めの甘さはさすが韓国人&韓国・北朝鮮系の日本の野党で同レベル

 

という感じだねえ…(苦笑)

 

 

 

文在寅の支持率は前回の大統領選挙の際で5割弱、今回も昨年から30%以上をずっとキープしている。つまりこの

 

  30%強の支持は「鉄板支持層」であってこの程度の証拠では動かないと見る

 

まあ来週の支持率調査が気になるが、あまり文在寅には影響が出ない可能性が高いなあ…むしろ、反動で保守票が安哲秀から与党(旧セヌリ党)の洪なんちゃらに動く可能性がある。

 

今後のポイントは2点、

 

・韓国らしくこの程度の疑惑で共に民主党内部の反文在寅派が分裂の動きを見せるか?

・洪なんちゃらが反文在寅でまとまるために安哲秀支持を打ち出すか?(これは逆効果の可能性も)

 

まあどっちにせよ、

 

  安哲秀の鉄板支持って10%くらいしかない

 

ので、今後さらに支持が流動する可能性がある以上、鉄板支持層が圧倒的に多い

 

  文在寅の優位は動かないかな…

 

誰かもっと強烈なのをぶちかませよ…(呆)

 

ああ、もう一つ変数としては

 

  北朝鮮が核実験を行うか?そしてアメリカが本当に北朝鮮に攻撃を加えるかどうか、だろうか…

 

でも奇襲攻撃しないから中ロの軍隊も出てきて余計に動きにくくなってるけどな(゜Д゜)!!!

 

こんかい終わり

 

 

ブログランキング参加中♪クリックしてね☆

韓国(海外生活・情報) ブログランキングへ

 


タイ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。