2011-10-29 22:18:37

日本の防衛

テーマ:ブログ
横須賀市議会防衛議員連盟視察で防衛省航空自衛隊中部航空方面隊

武山駐屯地第2高射隊を訪問しました。

航空自衛隊は空の防衛、大規模災害への対応、国際平和維持活動、国

際緊急支援活動などの任務を担っています。


この日は第2高射隊ということでPAC-3の発射準備の様子を見学させ

ていただきました。PAC-3はナイキ・ハーキュリーズの後継として開発

された広域防空用の地対空ミサイルの最新形態で、日本の弾道ミサイル

防衛システム(BMD)において重要な役割を担っています。


永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発



永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発
(日本の弾道ミサイル防衛システム、出典:防衛省HP)

防衛省のミサイル防衛についてのウェブページ


今年4月からの半年間で自衛隊戦闘機がスクランブル発進した回数は203回

とのことで、周辺国の動きには常に注意する必要があります。ただしスク

ランブル発進が必ずしも領空侵犯というわけではありません。識別不明

機が領空に入ってからの対応では遅いので、独自に防空識別圏を設定し、

この範囲に接近し始めた時点で緊急発進の準備命令がくだされるのです。


永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発
(日本の防空識別圏、出典:ウィキペディア)

昭和59年には944回緊急発進があったそうで、一日平均2.6回発進命令が

くだされていたことになります。

スクランブル発進のイメージ映像はこちら

↑↑↑
周辺国の戦闘機や日本の歴代主力戦闘機も見られます。映像に出てくる
丸い構造物はレーダーサイトです。



また、日本の領海についても皆さんもよくご存知の通り領海侵犯事件が

後を絶ちません。

日本の領海は0~12海里で43万km2。排他的経済水域(12~200海里)

は面積405万km2で世界6位です。世界屈指の海域を持っているからこそ

その防衛は非常に大変な任務となります。


永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発
(日本の領海、出典:海上保安庁HP)

ちなみに領空は領土・領海上の大気圏の空域なので、上の図の領土・領海の

上の部分ということになります。


東日本大震災の直後には周辺国の機体の飛来が数多くあったと聞いて

います。日夜間隙を作ることなく防衛の営みを続けている自衛官の皆さんが

いるからこその毎日の生活なのだということを今回の視察で強く実感しました。




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横須賀情報へ  ←応援よろしくお願いいたします!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

永井まさとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

オフィシャルホームページができました。
↓↓↓
夢よこすか


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横須賀情報へ


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。