2011-06-21 12:48:29

所管事務調査 ~ 上下水道局の線量計

テーマ:横須賀


上下水道局逸見総合センターの視察に行って来ました。ここは

上下水道局の拠点とも言える場所で横須賀市が使用する一日

18万トンの水を各所から調節する重要な施設となっています。


現在行なっている放射線測定に関しては原子力防災計画には

盛り込まれていません。なぜなら横須賀市の原子力防災は

GNF-J(グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン)と米軍

の原子力艦船の事故の2つしか想定していないからです。

他自治体の管内で起こりうる原子力災害が横須賀市に影響を

及ぼした場合の想定がない原子力防災計画の中身を再考する

よう委員会にて要望しました。


永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発

ALOKA社 製の線量計。(リンクは参考でしかありません)容器に入った

まま試料の線量を測定できる装置。角の筒状の計測器に容器に入った

ままの水1リットルを入れ、約20分で結果が出ます。ガンマ線などの

放射線によって波形が違うのでそれぞれの波形を読み取って必要な

部分を結果として公表しています。



県内で放射性物質を測定できる水道事業者は横須賀市だけで、神奈川


県、横浜市、川崎市、その他19市町村等から委託を受け合計22事業体


を測定しています。



市民の皆様の不安が少しでも解消されることを望みますし、もし異常な


値が出たら速やかな対処ができるように防災マニュアルも見直しして


いかなくてはなりません。



さて、今回の震災の時にも大活躍したブルトラ隊の装備も見せていた


だきました↓
永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発

ブルーのユニフォームとトライアルバイクで通称「ブルトラ隊」と言われ


ている「災害二輪調査隊」の装備です。


3月の大地震の時は停電や渋滞をものともせず2~3時間で市内の


主要な施設の調査を完了した実績もあります。昭和61年3月に起きた


風雪による停電で大規模な断水事故が起きたことを契機に発足してい


ますが、その成果を上げています。隊員は常に出動できるよう作業服


の下にユニフォームを身につけているそうです。


管路研修施設も視察し、さまざまな技術研修を行う場面も視察させて


いただきました。

永井まさと(無所属)~自然あふれる街横須賀発



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

永井まさとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

オフィシャルホームページができました。
↓↓↓
夢よこすか


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横須賀情報へ


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。