2010-04-07 07:00:43

ワークライフバランスを真剣に考える時代が来た!

テーマ:ブログ
ワークライフバランスについては最近あちこちで言われるようになって
きてはいるものの、まだその認知度は高いとは言えませんが、神奈川
新聞にワークライフバランスに取り組む企業の動きが目立ってきたと
いう記事が載っていました。

(4月4日付神奈川新聞より)
永井まさと~自然あふれる街横須賀発


厚生労働省が発表している労働経済白書の「平成19年版労働経済の
分析」にはワークライフバランスの各国の動向として主にイギリス・ドイ
ツ・アメリカ・フランスの取り組みについて言及しています。

例えばイギリス政府は「ワークライフバランス」を「年齢、人種、性別に
かかわらず、誰もが仕事とそれ以外の責任・欲求とをうまく調和させら
れるような生活リズムを見つけられるように、働き方を調整すること」と
定義しています。

人材の確保・定着が課題の事業主と、労働者側、双方におけるワーク
ライフバランスへの関心の高まりをうけてイギリス政府は2000年3月
から5年間を期限とする「ワークライフバランス・キャンペーン」を展開。
官民あげての取り組みを行ってきています。

アメリカでは企業独自の取り組みが充実しているようですが、欧州に
おいては政府の取り組みが目立ちます。

フランスにおいては出産・育児にお金がかかる日本と逆で、出産・育児
で子どもが大学を出るまでで比較しても日本でかかる総額と同じくらい
の額が逆に入ってくるという驚きの社会システムが注目に値しますが、
それについてはまた回を変えてお話しします。

さて、記事に戻りますが、紹介されている会社では2007年にテレワー
を導入し、導入当初は利用率は10~15%でした。

2005年の国土交通省の推計によると在宅勤務を行っている人口は
約450万人で雇用者に占める割合は8.2%。

(平成19年版労働経済の分析より)
永井まさと~自然あふれる街横須賀発


永井まさと~自然あふれる街横須賀発

ところが現在では件の会社は利用率が34%にまで上がりました。この
伸びの原因は何なのか。これがこの記事の肝なのでした。

導入当初に利用率が伸び悩むのは、管理職が「(部下を)評価しにくい」
部下は「遊んでいると思われる」という意識が壁になっていました。しかし
社長が幹部社員に利用を徹底させたことで社内の意識が変わりました。

仕事の効率が変わらなければ会社でやっても自宅でやっても同じこと
です。しかし、意識の壁があるから会社独自でワークライフバランスに
取り組んでもなかなか利用率が上がらない。記事では上層部がこうした
意識の壁を取り除く努力が必要であるという流れになっています。

さて、今朝日新聞では「男の育休」についての記事が連日載せられてい
ます。

(4月5日付朝日新聞夕刊より)
永井まさと~自然あふれる街横須賀発

(4月6日付朝日新聞夕刊より)
永井まさと~自然あふれる街横須賀発

これらの記事では育休の取得を奨励する企業の取り組みや実際に
取得した人の体験などを通じてこれからのワークライフバランスの
在り方を示唆してくれる内容となっています。

今日紹介したすべての記事で共通して言えることはワークライフバ
ランスへの取り組みはトップの意識改革が必要であるということ、
そして、私生活を大事にすることで仕事にプラスのアウトプットをす
ることが期待されているということの2点です。

家族の時間を大切にしようということはもうずいぶん昔から言われて
いることですが、家族を大事にしてそれを仕事のアウトプットとして
期待するということを企業側が組織として取り組み出した事を紹介
している点でこれらの記事は注目に値します。

また家庭生活を大事にするため残業などせずに早めに退社する人が
効率よく仕事を終えるようにメリハリをつけた働き方ができるように
なったという報告もあるそうです。

まず家庭を大事にすること。これは基本だと思います。組織として
ワークライフバランスに取り組む企業が増え、社会一般としてこの
考え方が広まってくれば子育て環境・教育環境もずいぶん変わって
くるのではないでしょうか。

家庭への取り組みが深化するにつれて、私はさらに一歩踏み込んで
地域活動への取り組みにまで発展できるといいなぁと思っています。
テレワークをうまく活用して時間を作り、若い人も地域活動に参加
できる
仕組みが今後出来ることを強く望んでいます。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横須賀情報へ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

永井まさとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

オフィシャルホームページができました。
↓↓↓
夢よこすか


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横須賀情報へ


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。