雪山にはまってはや幾年。

今日も行く逝く、山に行く。なぜならそこには山があるから。

ふつうのりーまん、リゾートマンション購入顛末記。

心は苗場に、普段は都会へ出稼ぎに・・・!?

住み家は賃貸、ランエボ維持して、仕事は残業続き・・・。

でも、がんばります!!

動画いろいろ♪  

読者になる ポチッと押しちゃうはてなマーク 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-22 01:05:29

ジュースの起源

テーマ:ふだんの生活

最近、水を自販機で買うことが増えている
おぢさんです^^



まぁ、同じ金額出すならジュースの方が
お得感高いですが、飲みたいのが水なら
しょうがにゃい・・・。



水と言っても軟水からエビアンのような
硬水、産地もあれこれとイメージ戦略を
しているようです。



その他に、フレーバーウォーターとか、
炭酸水とか水も色々なものがあります。


じぶんが学生の頃はイッツ(ハウス食品)
というフレーバーウォーター的なものが
あり、結構好きだったのですがいつの
間にやら消えてました・・・。
(TVでCMもうっていたんですが^^;)




というところから、ちびっと調べてみま
した、ジュースの起源。も~ぐたん♪




<以下てきとーに抜粋>



商業用ジュースはレモネードが最古
(らしい)
17世紀には販売されていた。



ブドウジュースは1800年代後半から



日本にはペリーが持ってきた

ペリー提督が浦賀に来航したとき、
飲料水の一部として艦に炭酸レモ
ネードを積んでおり、幕府の役人に
これを飲ませたのが、炭酸飲料1号
といわれてます。



日本での生産


昭和初期、富岡農園の富岡清が
生産を開始(ぶどうジュース)


ポンジュースは1952年
(最初は100%ではなかった)




ジュースは本来、果汁100%のものを

指すようです。


あ~、だからHI-Cエードなのね。


日本では一般的に炭酸を含むものを
スカッシュ、含まないものをエード
と呼び分ける。(Wikiより)





暑い日には、

熱ぅ~い緑茶がいちばんです。



この時期、自販機でホットドリンクは

ほとんど見ませんが・・・。







爺ぃさまも、

暑さに負けずがんばります。





熱中症にはご注意ください。








ただ今、修行中。。。









AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>