今回はセラミックによる虫歯治療を紹介します。

下の写真の患者様は冷たいものがしみると当院に来院されました。



10年ほど前に治療した詰め物の下が、虫歯によって穴があいている状態でした。

詰め物のやりかえに際して、詰め物の材質となる金属、セラミックそれぞれの利点・欠点をお話すると、患者様はセラミックによる治療を希望されました。




セラミックは金属に比べ、再治療のリスクが少ない(二次的な虫歯が少ない)、見た目が自然でキレイといった利点があります。

セラミックによる治療に興味のある方は気軽にご相談下さい。
AD
今回は、審美治療を希望してお越しになった方を紹介します。

前歯の並びと色を気にされてお越しになりました。




この状態で、前歯のセラミック治療をして行こうとなると、歯の神経を取って治療していないといけないくらい、現状での歯の位置が悪いと診断しました。

全体的に矯正をして歯の位置を適正なところに動かしてから、セラミック治療をすることで歯の神経を取らなくても治療が終了できる可能性が高くなるので、矯正治療を受けてもらうことになったのですが、




矯正専門医との相談で、顎の関節の異常を伴う顎関節症のため、奥歯を使っての矯正治療にはリスクがあるという判断となりました。

そこで、奥歯のかみ合わせは変えることなく、前歯の歯の位置だけを適正な位置へ動かしてもらい、その後セラミック冠を被せる事によって、見た目を改善する治療へ計画を変更しました。





部分矯正で前歯の位置を改善し終わったところです。




一定期間、仮歯で経過を観察した後に、前歯をセラミック冠で治療しました。

見た目としては、完璧とはいえませんが、患者様の顎の状態を考えて出来るベストの治療が出来たと思います。

患者様も大変喜んで頂けたようで、今後はメインテナンスでフォローアップをしていきます。
AD
今回は、被せ物のふちが黒くなってきたのが気になる、と言われ治療をした症例です。

下の写真を見てください。




被せ物と歯ぐきの間に隙間ができ、色の濃い根の部分が見えてきています。

また、金属を使ったセラミックが入っているので、被せ物の淵が欠けて金属の色も見えてきています。

このように、特に金属の使ってある被せ物が入って長い時間が経つと、根元の色が目立つようになってきます。

このため、今回は、現在の主流となっている金属を使わないセラミックを用いて被せなおしをしました。





下の写真が、術後の写真です。金属を使っていないセラミックなので、色も自然な仕上がりになっています。





近年、歯科材料のセラミックの質はどんどん向上し、美しくて強い材料が治療に使えるようになって来ました。

古いセラミックや被せ物の色でお悩みの方は、ご相談下さい。
AD
前歯の見た目の悪さを気にして来院された方の症例です。



向かって左側は金属の裏うちのあるセラミック冠、右側は歯の表面に樹脂を一層盛り上げてある治療がなされていました。

左側は歯と歯茎の境目に金属が見えてきており、2本の歯の真ん中の歯ぐきは適合の悪い樹脂により、悪影響が出て隙間ができてしまっていました。

左側は神経が生きている歯だったのでそのままオールセラミックの被せものにすることとし、右側は神経の再治療を行い、後ろからの虫歯もあったため同じく全体を覆って被せることにしました。

神経の治療を行っている間に、仮の歯で歯ぐきの状態を整え、かみ合わせの状態をチェックしていきます。

仮歯を装着する期間は見た目上必要なことはもちろんですが、清掃性はどうか?歯ぐきとの位置関係に問題はないか?かみ合わせは適切か?

など最終的な被せもののシミュレーションを行うことができる大切なステップなのです。

このようにゴールを仮歯で調整していくことをプロビジョナルレストレーションといい、その方のお口の中に調和した修復物を作る上で欠かせない治療になります。



ホワイトニングも行い、オールセラミック冠を装着し、美しいお口元になりました。
こんにちは

今日はセラミックによる治療についてです




この方はまだ10代で虫歯が多くの歯にありました。

そこで治療をしていく中で特に見える範囲、下顎の奥の方までは

セラミックにしたい!との希望があり

セラミックの治療をさせて頂きました。

術前の状態です




左下の前から5番目の歯で

(※写真だと左から2番目の歯になります。)

虫歯を最小限に削り、残すべきところは保存し

セラミックの詰め物をセットした状態がこちらです。




(※写真だと一番左側の歯の右側約半分がセラミックになっています。)

セラミックはやはり他の詰め物と比べると、

その後の虫歯のなりにくさ、見た目、アレルギーの心配が少ないなど

利点が沢山あります。気になる方は是非一度御来院下さい!