しまいゆみこ 次回の帰国予定

2016年12月17日~2017年1月13日まで日本滞在予定です

この期間内に各種・個人セッション受付可能です
(セッション可能日:12月21日 22日 29日 1月8日 10日)限定枠ですのでお早目に
2016年年内の予約は満員締め切りになりました。1月のご予約枠は少しあります。)




帰国中のイベント・ワークショップ予定

☆天職ワークショップ(全2回) 12月20日・1月13日(満席)キャンセル待ちのみ受付中
☆111ゲートびらき アクエリアス・ライトワーカーたちの新しい夜明け 1月11日 残席2
☆オーラソーマPPSコース横浜 12月18日・23日・25日(受付中)
☆ハートからつながる真実のコミュニケーション 「嘆きと痛みの熟成」をテーマに行います
通称 冬至がっかりパーティ 12月21日(夜の部)
☆ハートからつながる真実のコミュニケーション 1月12日「古いコミュニケーションのパターンに洞察をもたらす」をテーマに行います。(昼の部)


その他募集中のコース
☆オーラソーマ・エッセンシャルズ・プレゼンターコース横浜(全3日間)2月11日・12日・18日

☆オーラソーマ・エッセンシャルズ・プレゼンターコースマウイ島 (全3日間)3月5~7日

☆マウイ島 スペシャルホロホロツアー 3月
☆マウイ島 レムリアンギャザリング 4月12日

  • 17 Feb
    • 諏訪ミッション④ゆみことマーリと時々ジェイの諏訪探索

      ゆみことマーリと時々ジェイ(と鳩)の諏訪探索   動画配信中です〜♪       FBでリアルタイムに写真アップしてたら   「動画希望〜」というコメントやメッセージをいただいたので   急遽 ジェイが動画撮影してくれました     その場で思いつきで撮ったものですが やっぱり 空気感が伝わって 動画いいですね       よかったら 観てみてくださいね♪    

      13
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 諏訪ミッション③時の結び目を解放せよ

      3なのにまだ出発してませんね 笑       そうなんです 出発前にあらゆる伏線が張られていたんです 今思えばすべてに意味があり すべてにミッションへのメッセージがあったんですね       重なった8と八重垣もつながり 8と「君の名は」がつながり 「君の名は」といえばやはり 隕石 そして隕石でできた湖(隕石湖)という設定の舞台は 諏訪湖(らしい)   と どんどん繋がってきます   そして、隕石といえば「流星軍団」   ・・・ (今回出会ったレムリアンシードは 巫女でも神官さんでもなく 宇宙エネルギーをたくさん積み込んだ スターシード的なものを感じ 見た瞬間 わたしのなかで 「流星軍団!」って言葉がひらめいたんです)   今回諏訪に偶然 永野家の流星軍団レムリア4本を連れて行くことにも 意味があるのだろう と 感じました       44も4のマスターナンバー もちろん 合計で8       君の名は   に戻りますが     (ネタバレ入ってるので これから観る人は飛ばしてください)     「隕石が落ちたりいろいろ起きるキーワードになってる日の日付」が 10月4日なんです     実はわたしが映画をみて 一番食いついたのがここでした   なぜ 10月4日なのか       わたしにとって10月4日はとても重要な日付だからです 104   わかる人いるかしら     レムリアのナンバー 13かける8=104 10と4で開かれる扉     これまで人生でなんども繰り返しやってくる キーナンバーだからです (2014年の10月4日はわたしにレムリアの記憶が戻った日でもありました)     ふとそのことを思い出して画用紙に書きました   そして全体を眺めていたら   「8は閉じ込められた時間を表している」   「時間の結び目を解放せよ」   という言葉が浮かびました それはとても強いメッセージのように感じました     「どこかに時の結び目がある」 それを解放する   めじるしは 2つのクロス     そんな風に受け取りました そしてこれは きょうこれから出発する 諏訪での出来事と 関係があるのだろう・・と 思いました       今思えばすごいです コース内では コースのことに集中していましたので そこまで深く 諏訪のことと結びつけて考えていなかったのですが すべてはここで予言されてたんですね・・     コースのみんなとランチを食べに行きました   ほぼ初対面でコースを受けに来てくれている受講生の方もいるなか 「え?ゆみこさん今日の夜から諏訪に行くんですか?」という話になり そのなかの一人に 「わたし、突然 諏訪にいかなきゃって感じてひとりで行ったことがあるんですよ」 という人がいました   「そのとき諏訪のどこにいったの?」 「諏訪湖の近くにナウマン象博物館っていうのがあって それに行きました」   ということでした   え? ナウマン象?? って みんなで爆笑したのですが     あらら 「ゾウ きたな・・」と内心思いました   そうです 高田馬場の夢を見たとき最初に検索でヒットしたのが 諏訪神社で(高田馬場:神社:で検索しました) そこをお参りしにいたときに通った 諏訪通り   そこにジェイガネーシャってお店があったということ ただのカレー屋さんで ガネーシャってお店ならさして目に止めないとおもうのですが ジェイと一緒にいるときに ジェイガネーシャだったので 記念撮影までしたんでした   そのときはほんとにいつか諏訪湖に行くとは 思ってなかったわけですが   実際に諏訪湖に行く日にこの情報・・   自分では絶対にアンテナをたててなかっただろう「ナウマン象博物館」笑!       またまたこれも面白いシンクロをあとで引き起こすことになります         全然、出発できないですね・・笑       午後のコース 最後の締めは   青 についてでした     前日に生徒さんたちが選んだボトルについて   それぞれ扱ってワークしたのですが   原色の青だけが まだ紹介されず残っていたので   流れで 青になっただけだったんです   その前の休憩時間に 「クイントエッセンスってなんなんですか?」 って 生徒さんから質問もあったので   「では、最後のワークは 青について意識を向けながら   青のクイントエッセンスを体験してみましょう」   ということになったのです     青のマスタークイントエッセンスは エルモリヤ   と いいます     偉大なる天の父のエネルギー   大いなる神の計画   人間の個の意志を超えた 大きな宇宙のブループリント   キリスト教でいえば 父と子と精霊   の 「父」に喩えられます           ブルーを感じながら わたしは   「沈黙」のことを思いました       あ、沈黙についても 実はブログ記事書いていたんですが   あまりにも自分の思いがいろいろありすぎて まだアップできてないんです         天の父はいつも沈黙している       と 同時に 見守っている     わたしたちが 神聖さと権威にもとめているもの そしてその神聖さと権威の沈黙によって起きること   などなど そんな思いが湧き上がったところで     コース終了となりました         6時すぎには ナディア前にお迎えの車が来ていました (レンタカーを借りて:今思えば青い車だったな:マーリちゃんとジェイが お迎えにきてくれていたのでした         つづく              

      11
      テーマ:
    • 諏訪ミッション②八重垣姫と44

      先日までクリスタルの買い付けにいっていたのはご存知だと思います   そのとき たくさんのリクエストオーダーをいただいたのですが   マーリちゃんから なんの前触れもなく   12センチ以上の水晶のポイントが4本ほしい (家の風水調整のために使うから) というオーダーをいただきました   家の風水の調整ということで 責任重大だなと思いつつ   探して 結局最終的に   磨いた流星軍団レムリア4本になりました   占星術士のマーリちゃんだからこそ やっぱりレムリアは流星軍団なんだな〜と納得しつつ   きっと風水調整するなら 早い方がいいだろうしと先に手持ちして帰国しました (内心、これを持ってたから 宇宙センターのあるヒューストン経由になっちゃったんじゃないかと思っています)   マーリちゃんの住む大阪に送ってもいいし 2月14日のリリスのワークショップで渡してもいいし もしくは 前日に諏訪に行くのが帰国後最初に会う日だから その日に渡してもいいし どれがいい? と尋ねて見たら   「ジェイが諏訪のあと大阪に帰るから 諏訪に行く日に受け取ります」ということでした   なので その流れで 諏訪に持って行くことになりました     そんなやりとりをしていながらも   ふと 我に帰ると   どうしてこの1年で一番寒い時期に 寒さ厳しい地域を訪ねるのだろう (寒いのが苦手でハワイに住んでるくらいなのに)   どうして1年で一番忙しい(通常のセッションやコースに加えて買い付け〜買い付け後の輸入手続きなどなど)時期に わざわざ貴重な1回だけのお休みの日を 「諏訪探訪」に費やすのだろう   と ほんとに疑問だったんです   ほんとにいくの? ほんとにいくの?   テレビであたたかそうな風景と河津桜が咲き始めたという伊豆の映像をみて (どうせ1泊でどこかいくなら、よくわからない寒そうな 諏訪とかじゃなくて、あったかくて桜が咲いてる伊豆の温泉のほうがいいのに) と 正直思ってました       そんななか出発は迫る     とにかくスケジュールがめいっぱいつまっている マーリ&ゆみこなので 今回チャンスがあったのは 2月13日の1日だけ でもさすがに日帰りで諏訪の往復はきつそうということで   2月12日日曜日の夜 マーリちゃんは湯河原での合宿あけ わたしはオーラソーマのコースが終わったあとの 18時半ごろに出発することになりました   12日のコースでは 自分が選んだボトルでのワークをしました   生徒さんたちと一緒に わたしも自分が選んだボトルでワーク   44番の ガーディアンエンジェル というタイトルのボトルでした       ボトルの知識や色の意味や ボトルのタイトルや解説などを一切意識せず   ただただボトルの色を観ること 感じること ボトルの上層と下層の色の間に こころの目でみえる色を味わうことなど   それに特化して瞑想しました       それで出て来たことをコース中にメモしたのが 上の写真です       ボトルをじっと眺めていて 最初に浮かんだのが   2本ならんだクロスでした   影のように寄り添う2本のクロス(十字架)   じっと見つめていると   ボトルのガラスの底面になにか文字が書いてあるのが 気になって来たので   底面の数字をあらためてみてみると   09 18   と書いてありました     (消費期限というわけではないですが その目安にするといい日付が書いてあるのです)     2018年 09月     という意味なのですが   文字は 09 18     それがターコイズ色に鮮やかに見えたので ただそれもそのまま   画用紙に写しました     書いてみると   09 は 9 18 は 9     9がふたつです       クロスに斜めの線を感じたので それを書き足すと   数字の44   ボトルのナンバーになりました       たすと8だなあ   と思いながら なんとなく 8の字を描きます(ひだりがわ)   2重にしたくなりました   (よくみると2重になっています)     かさなった8   おお、八重垣姫です(八が重なっている)   八重垣姫 これは2月14日のワークショップのタイトルにも入っているのですが     どこからきたかというと   1月の11日におこなった マーリゆみこの 新春イベント(アクエリアスの夜明け)の参加者のSちゃんが   「諏訪といえば、八重垣姫がいますよね」 といったのがコトのはじまりでした     そのときまで わたしもマーリちゃんも 八重垣姫ってなんなのかわからなかったのですが なんとなくすごくその姫のことが気にかかっていたので ずっとアンテナをたてていたんです     思えば高田馬場の夢でも 8神に守られた9番目の神(=中心=馬場)   というメッセージがありましたよね   これもまた 八重垣とも言えると思うから きっとキーになるだろうと思ったからなのです     そしてなんとなく 「2月14日のリリスと八重垣姫のワーク」の前日に 八重垣姫のいる諏訪湖に行ってくる   ということ偶然ではない必然のタイミングなのだろうと 思っていました       8の字を描いていると 映画の「君の名は」に出てくる糸守の湖の かたちのようだなあと思いました   重なり合った2つの湖           ねむくなったので 続きはまた明日      

      11
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 諏訪ミッション①予告編 コトのはじまり

          昨日 諏訪ミッションをコンプリートしてきました   そしてきょうのバレンタイン kin 164 「セックスと呪いを解放するリリスと八重垣姫のワークショップ」 昼の部 夜の部とも 無事 終了することができました   きょうのワークショップと 諏訪ミッションはセットだったので やっと一区切りついたかな?(?) って感じです     マーリちゃんと今日の昼の部と夜の部の合間に 弾丸諏訪ツアーの振り返りをしていたのですが   やはりこれは 本当に奥深い 面白いシンクロとメッセージ性に満ちた 旅だったということがわかったので   勢いがあるうちに 諏訪ミッション レポートをスタートしたいと思います     でも そのまえに     みなさまには 必ずしてほしいことがあります     そう   大晦日に行って来た   高田馬場夢解き探訪の 一部始終を     かならず読み返しておいていただきたいのです     なぜなら     やはりすべてはあの夢から始まった       からです       伏線がいくえにも重なり あのとき種は撒かれていたのです       それ 読んでない   なんのこと?       という方は   諏訪ミッションレポートを読む前に   ぜひ 読み返して置いてくださいませ     そうじゃないと     絶対意味わからないから・・・           では     高田馬場夢解き探訪シリーズ 第2編   諏訪ミッション       スタートいたします             きょうは予告だけね 笑         本編が始まる前に・・・   高田馬場夢解き探訪①コトのはじまり http://ameblo.jp/nadiayumiko/entry-12234667307.html   さあ みなさん 復習を しつつ 待っててくださいね        

      9
      テーマ:
  • 08 Feb
    • 現実を受け入れると

        長旅の末 2月5日早朝に   日本(羽田)に到着しました   さっそく 2日間 ナディアに出ずっぱり(&セッション)でしたが 元気なんですよね     思い返せば 別の目的地に向かう夫はロサンジェルス経由 わたしのサンフランシスコ行きより、1時間早い便だったので それにつきあってわたしも早めに空港へ そこですでに3時間くらい自分の便を待つことになっていた   そして夫はサクサクと時間どおりにロスへ (聞いたら ロスーマウイ間もガラガラに空いていて シート3つぶん使って楽々寝て帰ったらしい     置き去りになったわたしは やっと予定時間になって遅延からの欠航が決まり さらにそこから6時間後のヒューストン行きに振りかえられ   何もない小さなツーソンエアポート(これ、宮崎空港なみの小ささ!)で ひとり 絶望に陥った     (というところまでは 前回のブログにリアルタイムでレポしました)     そのときのわたしの気分を振り返ると   ショック 混乱 憤り 悔しさ がっかり   実は、そもそもこのフライト自体 わたしが選んだものじゃなかったんですね   もともと予定していたフライトが 航空会社の都合で時間変更になり そうするともともと予約していた国際線のサンフランシスコー羽田便に 乗れなくなるので サンフランシスコー成田便に 変更してくれないかと ツーソンに出発する数日前に 電話があり   羽田と成田じゃ 横浜までの距離が全然違うから (羽田だと30分 成田じゃ2時間くらいかかるし費用も) 高かったけど 成田じゃなく羽田でチケットとったのに・・   でもいたしかたなくやむなくオッケーしちゃったんです   そういう経緯があったので ますます 受け入れがたい   そのときにもっとちゃんと交渉して ロス経由の羽田便に変更してもらうとか しておけば こんなことにならなかったじゃないか さらには キレぎみのスタッフの態度や言い方に傷ついて     わたしのせいじゃないのに わたしのせいじゃないのに こんなはずじゃないのに   どうしてもヒューストン経由(日本にいくのに逆方向にあるところをわざわざ往復6時間近くかけて経由する)というのが無駄にしか思えず、   再手配のために航空会社の予約センターに 電話をなんどもするが繋がらない(エアラインの電話ってなんであんなに繋がらないんでしょうか)   そんなこんなを2時間くらいやってたんですね   フェイスブックで現状をシェアしたら サンフランシスコにいるお友達や ヒューストンに住んでるお友達が だったら ランチしよう とか お茶しよう   なんて話になったりして だんだん気が紛れてきました   ちょうど2人は NVC仲間でもあり 共感的なやりとりをしていたら 気分がだんだん落ち着いてきたのかもしれません (共感パワー いま振り返るとすごいです)   結果 3時間後くらいには すっかり 現実を受け入れていたみたいです   もう航空会社に電話するのをやめ 唯一あるカフェで 持参のマグにチャイを頼んで入れてもらい これが妙に美味しくて   機内食がわりにつくってきた ピタサンドを美味しく食べて   ブログに詳しく書き   起きて来たハワイの子供たちとスカイプしたり ツーソンで撮った写真を見返したりしていたら 意外とあっという間にヒューストン行きのフライト時刻に・・   そしてご存知のとおり ヒューストンへ向かいました   行きは2時間半くらいのフライトだったかな めちゃめちゃちっさい、ハワイなら「アイランドエア」みたいな 飛行機で荷物すら持ち込めず別預かり   こんなちっさい(天井にあたまがついちゃうみたいな)飛行機に でっかいアメリカ人よく我慢して乗ってるね と思うような飛行機でしたが   乗り込んだら いつのまにかぐっすり熟睡していました 気づいたらヒューストン上空         わ〜 また 違った景色です   ゆみこ、はじめてのテキサス入りです さらにこの空港、正式名称が   ジョージブッシュインターナショナルヒューストン空港というらしい   キリスト教原理主義 ブッシュ一家の本拠地 さらに NASA 宇宙センターがあるところでもある   ん?   流星軍団レムリア いくつか運んでいるぞ わたし   ちょっと関係ある気がする       アメリカ広し 空港によって全然風景が変わります       もちろん気候帯もいろいろあるのですが 何が違うっていつも思うのは そこにいる人種の割合   それによって景色がやっぱり違って見えるんです 服装もだけど   ハワイだと え?その格好で飛行機乗っちゃうの ちょっと家の外に郵便取りに出たおばさんとかおじさん   みたいなテキトーな格好の人たちばっかりだし ローカルの人たちがいっぱい ほぼみんな足元はスリッパー よくてスニーカー   ツーソンは白人が圧倒的に多いし やっぱり本土に来るとスーツ率がぐっとあがる(ハワイではほぼ見かけることなし)   そしてヒューストンは やはり黒人比率がぐっと上がる 空港で靴磨きをしている人 荷物係 カートを運転している人などなど 作業している人たちのほとんどが 黒人さん   そしてこの人たちが めちゃめちゃ優しかった・・・   慣れない空港さらに 到着したのが メインターミナルから離れた 小型機用のターミナルだったみたいで 荷物もどこで受け取るのかわからなかったわたしにも すごく親切で   1時間後のヒューストンーロス便のゲートを探し かなりの移動(スカイウェイという無人電車?みたいなのにのって移動しなくてはならない)をしたわけですが その間もいろいろ助けてもらいました   (スカイウェイのなか)   そして これを発見   ブッシュ像・・・・   わざわざ円形のミニホールみたいになってて 中心にブッシュさん   周囲には曼荼羅のように ブッシュ家の栄光と歴史 みたいな展示もある         ふむふむ     なんとなくだけど やっぱりこの空港を経由する必要があったんだな     ちょうどわたしのゲート移動の途中にちゃんと これがあるっていうのもうまくできてる     (これも諏訪ワークと繋がってたわけだと納得したのです)     そしてやっと自分が次に乗る ロス行きのゲートに到着したときには すでに搭乗が始まっていました       ロス行きはさすがにちょっと大きめのまともな飛行機でした でもこちらでも すぐに熟睡   相当疲れてたんですよね   ロスまで3時間半くらいで到着しました     は〜   やっとやっと 日本に一歩近づけました そしてさらに都会   今度はアジア人率があがります そしてカジュアルなファッションの人たちも増える   ロサンジェルスでもちょっと大変でした 国内線ターミナルに到着したのですが これがもう 大工事中みたいで 渡り廊下みたいなのが迷路みたいにつながっていて ひとつひとつのターミナル間が7−8分歩くこれを いくつも徒歩で渡っていかなくてはなりませんでした (さらに工事中のせいで 表示がとてもわかりにくい状態に)   これ 老人だったら絶対無理だよ という距離でした びっくり   迷子に時々なりながらも やっとインターナショナルターミナルに到着・・・ は〜・・・ ここでこんどは3時間待ちです   お腹がぺこぺこです   喉も渇いた   すると目の前に寿司屋さんが!   もうこれしかない と 寿司をオーダー お茶も飲みたいところでしたが なんとグリーンティーは6ドルくらいもする!(びっくり)     アメリカの空港の寿司 ということで期待していなかったのですが でもすごーく 美味しかったです   写真はレインボウロール (カリフォルニアロールの上にいろんな刺身が載っている:巻かれてる)   しみる美味しさ・・・   国際線は ユナイテッドと全日空の共同運航便で スタッフも機体も全日空   だめもとで 今回の経緯を話してあいてたらビジネスクラスにアップグレードできないかと 聞いて見たら すでに全席満席とのこと がっかりしていたら   いまちょうど隣が空いているので そこに誰もこないようにこっそりブロックしておきますね   と言ってくれた   乗り込んで見たらほんとに全部エコノミーまで満席だったけれど わたしのお隣だけ 空席になっていた   わ〜 日本のお姉さん優しい そしてかわいい 美人!   笑 そんな気分になりました   さらにドリンクサービスには かやのやの野菜だしスープがあって あったかいスープに癒され 優しいCAさんたちのきめ細やかなサービスに癒され   日系航空会社最高   (全日空って世界のエアラインのなかで世界初で5スターエアラインになったんだそうですね さすがです)   大好きな、新海誠監督(大ヒットの「君の名は」の)の前作 「雲の向こう約束の地」 という マニアックな映画もやっていたので それを見てから 再び熟睡しました   この監督絶対魚座か12ハウスになんかあるな・・ 笑 この映画も パラレルワールドについてでした(観たのは2回目)       12時間のフライト   そしてやっと到着   合計 30時間(もっと?)の長旅を経て早朝五時の羽田空港に到着   さすがに感慨深く さらには C Aさんたちが 丁寧に お見送りしてくれて   もうなんというか そこで涙が溢れて来ちゃって困りました   ひとりひとりに ありがとうございますと お礼言っちゃいました(泣きながら )   どうしたんだろう?この人? って思われたかもしれません   でもね なんだかね   日本人の気質 ホスピタリティ 配慮のあるマジェンタ的なサービス 小さな親切     ・・・みたいなものにものすごく 癒されたんです 感動と誇りと感謝が入り混じったような もちろん安堵もありましたが   つらかったよ〜っていう涙じゃなくて とても豊かであったかい涙だった気がします   この複雑な変更からの変更の旅 荷物は付いて来てないかもしれない・・と思ったのですが 羽田でちゃんと荷物も出て来ました   ちゃんとヒューストンも経由してたみたいです       タクシーの運転手さんも すごく素敵でジェントルなおじさまでした   「出張ですか〜 大変ですねえ お疲れ様」と、 優しく送り届けていただき 六時半ごろやっと帰宅   あったかいお風呂に入り ばったりと倒れこむかとおもいきや   あれ? 眠くない ぜんぜん眠くない あれ? そんなに疲れてない?   そうです 考えて見たら   ヒューストン往復6時間 国際線の12時間   ほとんど眠ってたんですよ   なぜかそこでツーソンの疲れがとれていた・・・   ということで ナディアの開店が待ち遠しく 開店と同時にナディアに行って 閉店までずっと元気にナディアにいました 笑       新着商品を見せるのも楽しいし みんながそれをワイワイ楽しんでくれてもっと楽しい   いま思い返すと   「現実を受け入れる」 までの最初の3時間だけがすっごくきつかったけど   受け入れてみたら いろいろ楽しくなって だんだん元気になってきちゃった   そして ハプニングによる経験にちょっと ワクワクしたりもしていた   状況を笑える気分になってきて 遊びココロも・・   おもえば 最初の3時間でしっかり怒って嘆いて 自己共感できたのが よかったんですね   さらにSNSで リアルタイムで実況中継してて いっぱい励ましやらなんやらのコメントいただいて   毎回共感もらって   そこからもエネルギー受け取ってたと思います       みなさんほんとにありがとう!   きょうもナディアにいますよ〜♪   ヒューストンエネルギーも入ってる 新着石たちをお披露目しておりますので   見に来てくださいね〜〜♪       写真は ピンク〜アップルグリーン ターコイズ色 バイカラーなどの フローライト(ふろむパキスタン)                

      25
      テーマ:
  • 04 Feb
    • ツーソンから日本に帰れるのかわたし

        こんなことがあるのか?って感じです・・       ツーソンからサンフランシスコ便は今朝8時ごろの出発の予定でした ツーソンからロサンジェルスを経由してマウイへ帰る夫が6時台の便だったので 3時台に家を出てレンタカーを返却し、大荷物とともにチェックインし そこまでは、順調だったのですが・・   ゲート前で待ち時間、ちょっとうたた寝して目が覚めたら、 サンフランシスコ行きのわたしの便がディレイというディスプレイが ゲートに出ている   そういうときはなるべく早く行動 念のため わたしのコネクションフライト(日本行き)に 間に合うのか聞こうと思ってゲートのカウンターで聞いてみたら   なななんと 日本行きのコネクティングフライトには乗れない・・と判明 さらに   きょうじゅうに帰れる便はなくて 1日ツーソンに泊まるしかないとか・・     え〜〜!! すでに帰国翌日の5日にセッション希望のお問い合わせもいただいていて 元気ならセッションお受けしようかな?とメールのやりとりもしてた   それにもうツーソンの宿はチェックアウトしてレンタカーも返した そもそも今回の日本滞在は短いし、できるだけはやく日本に着きたい   どうにかなるべく早く帰る方法はないのかとあれこれ 調べてもらう   でも、天候不順によるディレイ(結果的にフライトキャンセルになった)のときの アメリカ系航空会社はほんと強気 「あんたたちのために振替みつけてあげるけどさ、今日中は無理よ! うーん 到着はあさってになるわね!これがベストのチョイス、そうじゃなかったらフライトは2日後しかないわね、ビジネスクラス?そんなのいまリクエストできるわけないでしょ。ホテル代?もちろんあなたの自腹よ、だってウェザーコンディションだからさ、わたしたちのせいじゃないでしょ? いい?さあ いま決めて!」的な態度・・(わたしの心中にはこんな感じで聞こえる)   こういうとき文化の違いを感じてげっそりしちゃうんだけど   なんだかんだのやりとりの末 一番早い便が 今日の午後、ツーソンからテキサス州はヒューストンの空港へ飛び さらにそこからヒューストンーロサンジェルスの便でロサンジェルスまで行き 夜23時ごろの夜行でロサンジェルスから羽田   という地獄のような経由便での フライトに決定したのでした   予定なら サンフランシスコのレッドカーペットクラブでのんびりして そこから国際線のフルフラットのビジネスクラスで寝ながら帰る予定でした   機内食(食べると具合が悪くなる)も食べなくていいように2食分お弁当をつくってきたし、 食事サービスも気にせずに日本に向かいながら、いまごろ快適に熟睡してるはずだったのに・・     同じ便に乗って日本に帰る予定だった人は ここからシカゴにいってそこから韓国の釜山経由で名古屋行きになっちゃったらしいから(わたしと同じ便はわたしで最後の振替枠だったと担当者の主張) それよりはちょっとマシか それともこれを機に 1泊韓国と名古屋観光していくのもありだったか・・ でもやっぱりやだ〜〜!!もう帰りたいよ〜〜     先日北海道の雪で飛行機が欠航したときに 中国の人たちが空港で大暴れしてたけど   ちょっとその気持ちわかるわ・・・(涙)   ツーソンで連日のハードワークからの 徹夜のような梱包作業から解放されて   あとはちょっとゆっくりしよう〜〜   と思ったらコレ・・   なんてこった   これに対して航空会社の担当者が 「共感コミュニケーション」ができる人なら せめてここまで不快にならなくて済んだんじゃないかと思ったり・・ (悪名高きユナイテッド航空よ NVCを社員教育に取り入れようよ・・)     結果、現実を受け入れて 朝6時からいるツーソンエアポートのゲート前に 午後14時半まで合計8時間半・・ ただただひたすら待っているいまなのでした   (だからこんなレポを書いている暇がある)       やっと6時間くらい経って あと2時間   予定どおりなら わたしはテキサス州に降り立つことになります 生まれて初めてだわ・・                      

      12
      テーマ:
  • 28 Jan
    • テレパシー常識

       ツーソンまっただなかです 先日書いた諏訪がらみにもFacebookでいろいろなコメントをいただいて それもそれぞれがなんだかとても繋がっている気がする わたしは皆さんと知り合いですがそれぞれは知り合いとは限らない全然 別方面のジャンルのお友達だったりもするのですが なんだか 共通して諏訪アンテナがたっているみたいなんですね   もはや「シンクロですがなにか」? って 感じです    (以前こんなタイトルの記事書いた気がします)    そして、 ツーソン買い付けリクエスト受け付けますとツイートしてから 毎日じゃんじゃん あちこちから あらゆるサイズあらゆる予算あらゆる注文の仕方の リクエストのメッセージをいただいているのですが(ありがとうございます)  頭で考えると個別にそれぞれのオーダーに応えて買い付けするのは かなりの手間と時間がかかってしまう  そう考えて軽く受けたりしないのが たぶん 大人の対応だと思うのです  が しかし ナディアガール(に限らないけど)たちは 全然ちがーう!   時間の波にシンクロの波に乗っているのか それともクリスタルのガーディアンズがちゃんと導いているのか テレパシーでわたしと繋がっちゃってるのか わたしのアンテナ力がたぐいまれに優れているのか(笑)   全部なのかわからないけど  もうね〜 すごいとしか言えない   お客様が探している(んだろうな)というものにぐいぐい引っ張られるみたいにちゃんとそのタイミングできちんと出会えて それも予算内とか そういうことがどんどん起きてる  そういうこと 20年ちかくここに通ってて当たり前じゃないってこと わたしが一番よくわかってる   これはもう 「こういうのが欲しい」と思うお客様のそう思いつくタイミングと わたしがそれをキャッチするタイミングと ツーソンの業者さんのタイミングがぴったり合うことなしには ありえないことなんです    きょうもひとつ美しい カテドラルライツブラリーの買い付け代行をいたしました   リクエストのメールがきてからアンテナはたてていたのですがおそらくこのひとが持っていそうという業者さんがぱっと浮かぶんですよね  それはこれまでつくってきた関係性というかその方が持っている鉱山の石の特徴というか個性みたいなものが 頭に入っているからだったりします   で、きょうそこに探しにいってみたらやっぱりあるんですよね  透明のカテドラルクォーツこれ、とても珍しいんです   でもかなり予算オーバーかな? とおもってちょっと違うスモーキータイプのものを提案しました それもとても美しかったのですが その方にメールしたら「透明のものはなかったですか」と え? 見えてたのか? その方のためじゃなくても仕入れたいなと思ってわたしがじっと見つめていた透明なカテドラル ちょうどその方が求めているサイズにほんとにジャストぴったりだったんです すぐに写真を撮らせてもらい日本にメール 即決メールがきました  当初の予算の2倍だったけどイメージどおりの水晶だったみたいなのです  わたしとお客様とのメールのやりとりはぜんぶで4−5回って感じ それで即決しかも、わたしが最初にその方にメッセージを送信したその瞬間が きょうの新月が起きたその瞬間だったらしい(1分も違わず)   彼女の新しい歩みのはじまりを記念する水晶の出会いに最高のタイミングでの決定だったということがあとになってわかりました   約束していた水晶だったみたいですそれも シリカテクノロジーに関連した 水瓶座の新月!というタイミングでの出会い  実はね  いつもならすごく早くオープンする業者さんだからきょうあたりに行っても、いつもならすでにめぼしいものは売れてしまっていることが多い でもなんと  今回は貨物の到着が遅れてしまったらしくわたしが行ったちょうどそのタイミングで 開梱作業をしていたところ(明日正式オープン)そこを特別に見せてもらえたんです(かなり古くからのおつきあいだから)  こちら側にはそんな魔法もかかっていたのですよ  いろんなタイミングでいろんな人たちの手を通じていろんな思いとともに 石は旅していく   石は自分では動けない だからこそ  適切なタイミングと適切な方法で   行くべきところに 手渡していきたい そう思っているし そしてそういう現場に立ち会えることの喜びで 10人以上の人(ナディアから石を卸している業者さんもたくさんあるので)と同時進行で 石の相談しながらも 忙しければ忙しいほどアンテナがぴんぴんしてきて 買い付けも冴えてくる そんな実感さえある 新月の今日なのです    ラスト、手ごろサイズのステラービームカルサイト 限定1点欲しい人いますか?       

      28
      テーマ:
  • 27 Jan
    • 諏訪湖に異変!?

      ツーソン買い付けまっただなかですが、こんなニュースがツーソンまで届きました諏訪湖に異変湖面に謎の円形模様が!湖面にミステリーサークルか!!?日本で数日前のニュースで流れたそうです。諏訪、やっぱりきてます実は新年早々にやったワークショップで参加者の皆さんといっしょに瞑想ワークしたのですがわたし、自分の本質イメージのところで湖の上に吹く風わたしの作り出す波紋は時空を超えて拡がっていくそんなイメージと言葉ををシェアしてたんです自己の本質をイメージしてそれをメタファーにしておくことで潜在意識に深く入りやすくなりクリエイティブになれるのですその時はまったく意識してなかったのですが考えてみると湖、なんですよねあとで気づいたんですあ、そういえばわたし、湖って言ってたなぁそのヴィジョンは湖の真ん中から始まった波紋が湖水だけでなく大地にも波紋を拡げるイメージでなんとなくこれは本当に行ったほうがいいかもと感じて、実際に2月に諏訪に行くことを決心したのですそしていま、波紋と関係するような、円形模様現象のニュースなんだかシンクロしている気がするのです諏訪あたりのゲートで多次元的なにかが動いていて同時に大地も反応しているやはり、何かが起きているみたいですね!ボトルは面白い気づきをたくさんくれますこのワークも自分が選んだ、たった一本のボトルがきっかけになり生まれたものなのですちなみに108番のボトルていねいにていねいにひとつ1つのボトルと深く深く対話していくたった一本のボトルがもたらすメッセージと気づきは、本当に大きなものなのです人生を変えてしまうくらいのだいぶ話が逸れるけど思い出したので書いちゃいますが、その夢が叶ったのがエッセンシャルズのコース3日関かけて知識ではなくイメージだけをトコトン広げて色と向き合っていくものノートを取らないお勉強も何もしない覚えることも一切なしのオーラソーマ体験この、コース半年ぶりに2月に横浜3月にマウイで、開催しますよマウイの方は、あと1名様のみ、募集してますそうだエッセンシャルズ、受けようそうだマウイに行こうという方は連絡くださいね話もどします   笑今年はこのあとわたしの帰国予定もマウイでのコース予定も決まっていないという前代未聞の2017年いつも横浜のナディアトライアングル(ナディアシャスタセレスティアに挟まれた三角地帯)からよほどのことがない限り、出ることのないわたしなのに高田馬場に続いて諏訪にまで出かけるとは!いったい何が起きようとしてるのかしら諏訪のニュース見てやっぱりただの気のせいとか、偶然とかじゃないんだろうなとジワジワ感じて今更ながら身を引き締めています高田馬場の夢からはじまったこのプロジェクトもいったいどこまで拡がるのかしら教えてアルムの森の木よ

      18
      テーマ:
  • 25 Jan
    • ツーソン買い付け中

      わたしが1年で1番忙しい季節がまたやって来ました10日間だけの短いマウイ滞在を終えて今度はアメリカ本土アリゾナへおっとこれは何でしょうこんな巨大な観音様とか狛犬まで売られているミネラルトレードショーに来ているのです乾燥した気候昼間は12度くらい夜は零下にもなるツーソンってどんな気候なんですかと聞かれることがよくあるけどこの季節のツーソンの気候は夫いわく冷蔵庫の中で直射日光を浴びてる感じとのことわかりますか?笑確かにそれが1番的確な表現という感じがします太陽ジリジリなので日光の下にいるとぽかぽか、時に暑く、プールで泳いでる人すらいるのですが日が沈んだり会場の大きなテントの中に入ると真冬の気候に!これは、来たことがない人には想像しにくいと思いますさらにその冷蔵庫の中は砂埃もすごいサボテンランドなのでカサカサなのです一日中こんな中を日が沈むまで歩き回っているのですが家に帰って服を脱ぐとサラサラと細かい砂が服の間や髪の毛からおちてくる〜〜常宿に帰ってくるとホッとします私たちが来るタイミングに合わせてお庭の菜園は食べ頃の野菜でいっぱいここも、毎日の水やりを欠かせないみたいです私たちの仕事部屋も準備して待っていてくれます快適に生活できてこそ買い付けに集中できます買い付け用の仕事道具も毎年置かせてもらってとても助かっています長年お世話になっている大家さんに感謝ツーソン買い付けの様子はInstagramとFacebookの方で随時レポートしておりますそして毎年恒例買い付けリクエスト受付していますこんな石があれば欲しいレアものもさがしてみますよいくらの予算であれば欲しいゆみこさんにお任せで何でもいいから自分に良さそうなものが欲しいとか、どんな注文でも言ってみてくださいね無理なら無理と言いますが 笑直接わたしに連絡してみてくださいね!ここ数日がチャンスです

      9
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ヘリオスとベスタ ソーラーサンディスクアクティベーションのはじまり

      五次元トランスレーションのkisakoさん彼女のことをわたしは「わたしの専属司書」と呼んでいるのです 普段 スピ系の本(というより 小説以外の本はほぼ一切)を読むということはしないわたしなのですが ごくまれに、Kisakoさんが突然「ゆみこさんにこれをお勧めしたほうがいい気がして」と 本を持ってきてくれるので それだけは チェックしています(kisakoさん独特の 五次元情報レベルからわたしがなぜ なぞの「探訪」をしてたりするのかの ヒント(解説)を得たりしてる気がします) 別名ゆみこアーススターワーク顧問解説員(と内心、ニックネームしている) 高田馬場夢解き探訪の旅の途中でも1冊 本を渡してくださっていました  でもイベント続きの年末で読む時間がなかったのですが お正月明けてからしばらくしてパラパラめくっていると   なにやら 面白そうな記事  神田明神は時間軸かそれとも土地の中心軸か   実はマーリちゃんとわたしは(おそらく)かなり前から 地球のジオパシックストレスと新時代の歴史の創造と古い土地土地の記憶の解放にかかわるお仕事を(たぶんこちらが裏のというかメインのライフワーク)しているのですが (公式:三次元世界でいただいている報酬はたぶん このお仕事をするための宇宙貯金からのお手当と思ってるところもあります) 今回この時期に  このあたりの土地を踏んできたことやみなさんにこのブログをシェアして その土地に意識を向けてもらったりしたこと などなど (書いている内容とはおそらくまた別次元の)役割があったような気がしています)  kisakoさんはそのあたりの(別次元レベルの)情報と繋がっていてさらにこの世界でも何十年ものキャリアがあるナディアの長老スタッフ 笑 図書館なみの知識もありさらにチャネルでもあるのでそれをもたらすためにナディアにきてくださったんじゃないかなって思います インスピレーションだけで動き回るわたしとそれを裏付けてくれる人々・・ 必要な人たちがちゃんとまわりに現れるのも宇宙貯金のめぐみのひとつだと思っています  実際わたしはマウイにいるし日本にいるときはワークショップやらコースでシャスタにこもっていることが多くきさこさんは普段ナディアのスタッフでもありながらセッションや 富士方面などの各地でのワークや瞑想会などで忙しい方なので ゆっくりそういう話をできることもめったにないにも関わらず でも同じ情報に(おそらく)アクセスしていたり共通のお仕事(宇宙貯金からお給料が来るタイプの)に関わっている という実感があります  そしてこちらは天職ワークショップ4期生のときにワークしたときのわたしの謎のメモ↓     4期の天職ワークショップでワークして自分で発見したことも多く これが 次回の「諏訪大社・諏訪湖探訪計画」にもつながっているので書いておきたいのですが  でもこれ、次に計画しているkisakoさんの瞑想ワークショップのテーマとも関わっているんじゃないかって気がしてきました  「ソーラーサンディスクアクティベーション」 スタートです http://www.e-nadia.com/main_2004/work/kisako170128.html  どう考えても 地球最先端情報です 笑   アンテナにひっかかる?という方はぜひコンタクトくださいませ  マインドでは理解できなくても 身体は影響を受けまた わたしたちの意識を超えたところにある(超意識のようなもの)はおそらくもう同じ情報を受け取りはじめているはずです  

      12
      テーマ:
  • 19 Jan
    • 高田馬場夢解き探訪⑧神田明神と最終ミッション

       靖国神社では帰りがけに木にこんな表札がかかっているのを見ました その名も 九九会だそうです(88の次には99) オーラソーマでB99といえばコズミックラビット  全国神社の絵馬展というのが行われていて全国あちこちの神社のオリジナルの絵馬のデザインがそれぞれ個性的で見ていたのですがやはりどこの神社も酉年にちなんで鶏の絵や馬の絵がほとんどだったのですが ひとつ特に異色を放つのがある!と思って見たら 宮崎の鵜戸神宮! このまんなかの、うさぎさんです・・・  色あいといい、デザインといい、自分を貫いている、というか、もはや絵馬的なものを感じられない「さすが宮崎、空気読んでないねえ・・・」(注:悪口ではありません褒め言葉です) とマーリちゃんたちと話してたんですがいま思えばB99を先読みして コズミックラビットのサインだったのですね !(もしくは ウサ(宇佐)ちゃん?) ありがとうございます鵜戸神宮もとてもとてもご縁を感じるところでありここのうさぎ絵馬と、はるか遠く離れた東京で出逢えて嬉しかったです     最後は江戸総鎮守 神田明神です   妙にハイテンションな息子大晦日の夕方 祭りの直前といった雰囲気で 結構賑わっていました  刺繍の鳳凰(ですよね?)がとても見事でした これ、よく見てると 以前 息子が描いた魚がとてもよく似てる気がしてきました わたしは魚だと思ってたけれど息子は「それは魚じゃなくて鳥なんだ」と言ってたのですがよく見たら 尾のところも酷似していた気がします  絵はおじいちゃんの誕生日にプレゼントしてしまったので手元にないのですが写真は撮ってありました(これ)   息子はこれを描いていたのだろうか・・・  こうして並べて見るとやっぱり似ているマウイで描いた絵と神田明神の鳳凰の接点やはり魚じゃなくて鳳凰だったのね   大国主命少彦名命そして将門様  たくさんの全国の神社の分社もありました金毘羅宮もありましたし江ノ島がらみもあってなんだかこれまでのレムリアがらみのイベントやグリッドワークでお世話になったところに関わる神様もたくさんいらして全員で、全部ぐるりと廻ってご挨拶してきました 靖国神社で9の気づきのあとだったので こんなふうに人々の活動を神々が守ってくださっている(こちらは江戸をずっと守ってくださいという思いがこもっている気がしました) まんなかに 人々のいのちと活動があるんだな とても腑に落ちる思いでした  ちょうど夕暮れどきとなり最後に参道の入り口近くにある お茶屋さんで 甘味やお茶をいただききょうのミッション終了です・・・ ・・・ ん? 何か忘れていないか? そうです  一番のミッションが残っていたのでした   これこれ これをいただいていたのですよ  冬至か大晦日か節分の日に壁に貼らなくてはならないというお守りわたしたちが日本にいるのは今日しかないということは 今晩貼らなくてはならないそれも 大晦日の夜中の12時ぴったりにきまった方位にあわせて(そちらに向けて)貼るという一大ミッション 「方角を間違えたり タイミングを逃したりしたら貼らない方がいいので 返納してください」といわれるほど緊張を強いられる雰囲気です  帰宅後年越しそばを食べたり紅白を横目で見ながらも だんだん緊張が高まって来る  勢いで2ついただいてしまったのでひとつはナディアにひとつはシャスティーナ(帰国中の家でもあります)に貼ることにしたのですが 方角を調べるにもiphone しかない そしてこれ、あまり使い方がよくわからない それでもシャスティーナのほうは比較的すんなり 方角がわかったのですが(お部屋の中央をまず定め そこから今年の吉方位(北北西)にお札の向きが向くように反対側の壁の一番高い場所に貼る) ナディアが難航しました ナディア、完全に磁場が変でした 笑 いろんな石とか隕石とかもあるからなのでしょうか 測るたびにコンパスがぐるぐる廻ってしまう  その状況を報告したらジェイが住所を入れると方角を見つけてくれるアプリ?を教えてくれました なんどもナディアの外に出て見たり店のなかに戻ったりそのアプリで調べてみたりを繰り返し どうにか方角定め、貼る場所の打ち合わせも決定 0時に同時に貼らなくてはならないためナディアは夫わたしは家を 担当する (ちなみに永野家はジェイが1階 マーリちゃんが2階を担当ということでした) チャットしながらなんだか想像したらおかしくなってきました2016年最後の仕事がコレで4人(ふた組の夫婦)がいま必死で 壁の前でなにかに登ってスタンバイしているという状況・・・妙に笑えます さらにこれ落ちたら縁起悪すぎですよね貼り直しも許されない、とある・・  時間ぴったりに(年明けのカウントダウン中に)時間を決してすぎることなく(すぎたらアウト)正確な場所に正確な方向を向けて一発で しっかりと貼り付けなくてはならない・・・  もう 除夜の鐘とか「ゆく年くる年」どころではありません!汗  とにかく緊張のカウントダウンタイム!10 9 8 7 6・・・ここまでカウントダウンを意識したのは初めてでした・・  ドキドキでしたがわたしは無事貼り終えました永野家もミッション終了(ということでした)夫はカウントダウン中だったか定かではないらしいがなんとか無事貼り付けたらしくナディアから戻ってきました(夫によれば、このお守りが日本古来のものであれば、当時はデジタル時計なんてなかったんだからみんなそこまで正確にはできなかったはずだからいいんだという自説を語り、ちょっと時間を過ぎてしまったかもしれないという不安を払拭しようとしていました まあ よしとしましょう)  なんというか・・大晦日の出来事で もっともインパクトがあった出来事はこれだった!というオチです  「お持ち帰り・参加型、神社系アトラクション」けっこう緊張を強いられ、コンプリート感が楽しめる ! 800円で 十分楽しませていただきました!  これを貼ってみてわかったんですが ナディアは、2017年ちょうどお客様が入ってこられる方向がまさにジャスト恵方 なのでちょうどそのお客様を迎える向きにお守りを貼ってるかたちになります 「人が中心の神であり心中 中心 心のまんなか」その気づきに まさにぴったりな 恵方だなって 思いました  吉方位からやってくる人々がきっとナディアにたくさんの豊かさや福を運んでくださるんですね♪    そんなこんな最後まで面白い1日となり2016年は暮れていったのでありました     おまけ 帰宅数日後発見神田明神を「中心」とした地図   「中心」メッセージはまた別次元でも 有効みたいなのでありました   (後日談へ つづく)       

      7
      テーマ:
  • 18 Jan
    • レムリアと蜂とハチミツ

       日本から戻ってまだ数日なのですが今回のマウイでは大忙し 実はマウイでビーチウェディングのコーディネートをしているのです 3日前から、電撃結婚したカップルがいらしていて事前準備をしてました明日は朝からうちでヘアメイクそしてビーチに移動してハワイアン式の結婚式の予定です   実は日本を発つ直前から鼻水と咳がではじめてて、風邪のひきかけ?という状態でマウイに戻ってきたのです すぐにウェディングもあるし来週からは買い付け旅行もはじまるので治しておきたいなと思っていたのですが タイミング良いことに家にこんなものが 生ハチミツ Row honey です それも近所の農園で採れたもの   上から見るとこんな感じ  大きなサイズのメイソンジャーですが ほぼ満杯に蜂の巣が入っています  ここの農園で働くナディア村住人のLちゃんが プレゼントしてくれたもの  写真はすでにスプーンで蜂の巣ごとscoopしたあとです  スーパーフード普通のハチミツよりさらに栄養価抜群らしい  特に生ハチミツは地元の土地のものがベストらしいのですもちろんワイルドハニーで薬品での殺菌も熱処理もしていない 蜜蜂さんたちが地元の野生の植物たちから集めてくれた蜜です 美味しくてこれを1日2回くらい舐めてたら 喉も鼻もスッキリしてしまいました!  身体の内側もあったまるような感じもあります  私は無類のハチミツ好きなので家にいろんなハチミツの瓶が転がっててクマのプーさんみたいなことになってるのですが  実は  蜂とハチミツは  ずっと私のレムリアワークについてきているものなのです  よく話題に出てくる謎のおじさんH氏も蜂のメッセージとともに出現したし そのおじさんに注目することになった理由の1つに、そのおじさんの出現の前の日に友達が見た夢があって  それが、世界の崩壊と蜂とハチミツ  に関連する夢だったこと  おじさんもまた 世界の崩壊とレムリアと蜂の話 のメッセージをわたしに伝えにきたと言っていたから全く同じ日に同じような言葉を聞いて驚いたのを覚えているのです そして、それときだけではなくその後もなぜか 蜂とハチミツ は、 レムリアがらみの記憶とともになんどもやってくるキーワードであり続けています    世界の崩壊の鍵を握る秘密なのか要因なのか解決するための鍵になるものなのかはわからない でも、とにかく「1匹の蜜蜂と蜂蜜🍯」が とても重要なキーワードであることは確かみたいです  なんとなく わたしの体調回復に活躍してくれている蜂蜜の美しい色に見とれながら  そんなことを シェアしておこうと  おもいました         

      11
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 「理想の天職」という幻

      外にいる神や外にある成功モデル  「理想の天職」とか  偽りの夢さがしは もうやめようよ    偽りの夢に傷ついて消耗してしまっている人が多すぎる  世界にいろいろな色があるように  それぞれの人にはそれぞれの色と音があって それぞれにぴったりな響きとだけ共鳴するようになっている それぞれの人には天職はやはりあり でもそれはまったくオリジナルであり 先人のスタイルを真似てもぜったいにオリジナルにはかなわない    子供はまず模倣する 周囲のロールモデルを真似て育つ  そこで学ぶことも大切なプロセスであり 人生のメンターを持つこともとても助けになる   でもそれはやはり サポートの力にとどまる   勢いをつけたら   どこかからきちんと自分で漕ぎ出さなくてはならず  そして  漕ぎ続けなくてはならない   永い旅路であり 孤独でもある    天職は探している限り見つかりはしない なぜならそれは   創造するものだからだ    あなたが教師から学んだことの  本当の意味は   みずからオールを握り  自らの流れを作り出したときにのみ   知ることが可能なものなのだ   もっとも遠くに到達するのは  もっともながく漕ぎ続けたものだけだ    飽きっぽいので有名だったわたしが   まさかこんなことを書く日が来るとは思わなかった   望んだ夢なら  しっかりと10年続けてみなさいと  わたしは思う   最初は、「ただの好き」「自己満足」に過ぎないレベルでも  でもひたむきに10年コミットして継続し続けていれば おのずと「ひとかどのもの」になっているはずだ   たくさんの生徒さんたちと叡智を分かち合ってきた  でも10年以上 学びと体験を継続的に日々コミットし、続けてきている人をまだごくわずかしか知らない   でもその人たちはそれぞれにそれぞれの 大事な色を見つけ 大事なものを育て  やはり 「ひとかどのもの」になっていると感じる その年月に敬意を感じるし彼らの言葉は 単なる 「知識」を超えていて彼らの 試行錯誤も含めた経験と結びついているから同じ言葉でも「エネルギー」がまったく異なりこころに届く       時間の力というのは偉大だ  誤解を避けるために念のために書いてきたいけれど、 経験の少ないものを軽視したり未熟だと言いたいわけではない  そうではなくて  その先まで歩いてみないと見えないものがほんとうに山のようにあり まだ受け取っていないものがあなたたちを待ち そこへ至る、それを目指そうとする一瞬一瞬のプロセスに根付くことか 1番遠回りのように見えて本当は近道なのだよと、そしてその道を歩くことそのものが 本当に素敵なことなのだと伝えたいだけなのだ    わたしが同じことを 20年以上 続けてきたからこそ みることができた自分自身の可能性に 少し感動しているから  そして同時に まだ見ていないこれからの風景を本当に楽しみに感じているから 私自身、道は何も達成されていないゴールに至った感覚もないたた今も同じようにプロセスを体験しているに過ぎない でもやはり何かが時の中で熟成していてそれは自己信頼感として育ちどっしりとわたしのアンカーのようになってくれている しっかりとアンカーがあるからこそ自由で もっと遊び心が柔らかく開くくつろいでいるからだからこそ 一緒に楽しむこともできる  まわりには、手っ取り早く見えるようなやり方で それをして成功してるように見える人たちもたくさんいる  誘惑も多いことでしょう  道を変えてしまいたくなることだってあるでしょう   もちろん道を変えてみる、選び直すという選択はいつでも用意されているそれが必要なこともあるだろう それも知っている  でも 手っ取り早くて華やかに見える成功のモデルに焦らされたり比較して自分のいまに価値を見出せなくなったり 惑わされたり結果を急がなければならないと感じてしまい 自分自身の大切で着実なプロセスを軽視することになるのはとてももったいない  わたしもたくさん見てきた  手っ取り早く成功したふりがうまい器用な人たちが数年ももたず潰れていくのを   そしてひたむきな本物さんたちが着実に力を養いしなやかにしぶとく成長し続けできた姿を  やはり継続している人たちはすごい それは見せかけの魅力や その場しのぎの華やぎや 花火みたいな瞬発的な実績では決して到達することのない世界で  その人そのものの独特の味と香りを熟成している もともと持っているものが乏しくてもきちんと積み重ね成長し実力をつけてきたものの到達する場所はやはり素晴らしいと感じる  「1番遠くまでいくものは 足の速いものでもなく 近道を知っているものでもなく  1番ながくあるきつづけてきたものなのだ」というその言葉やの意味を 少しずつ理解できるようになってきたことに嬉しさを感じるのだ  昔のわたしにはその言葉の意味はわかっても その意味の深さとその歓びを理解することはできなかった  いまこの言葉に深くうなづくのは私自身、(そんな日がくるとは夢にも思っていなかった)ところに歩いてきてしまったからなのだろうと思う  方法を探して探して間違っていると感じて 迷って焦っている人もいる 結果を予測して不安になっている人たちもいる  でも一番大切にしてほしいのはどんなときも 自分の本質でありそして自分自身とつながって 本当に望んでいることはなんなのか何によって力づけられていて何に痛みを感じているのか それを知ること 痛みも あたたかみも喜びも同じようにぜんぶあなたがほんとうに何を大切におもっているのかを 教えてくれている 切なく 愛しく 大切にしたいものが自分にとってなんなのか  しっかりとそれを知っていてそれと繋がっていけば そして人生のまんなかに それを置いておくこと置き続けておくこと  そして、ひとつひとつ小さなチョイスを積み重ねていけば それはきっと道となって あなたを導いていくだろう  創造する機会はほかのいつでもなく今日であり それは誰でもなく あなたなのだということを  いつも忘れないでいてほしい  天職ワークショップ4期生の方が贈ってくださり会場を彩ってくれた美しい花 この色マジェンタ それは魂の計画とリンクする色 とてもぴったりだった   (お花とクリスタルのアレンジこんなプレゼントもらったら嬉しいですよね 横浜のHANA KURAっていうお花屋さんでオーダーできるようになるかもしれません♪)  あなたの道を歩くライトワーカーの仲間たちへ 愛をこめて  天職ワークショップhttp://www.e-nadia.com/main_2004/work/yumiko150430.html  

      24
      1
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 高田馬場夢解き探訪⑦マウイまで追いかけて来るインフォメーション

        日本からマウイに帰還後、眠りに眠ってその翌日とてもお天気のよい日曜日 夫がバックパッカーで海外を旅してた頃のお友達とそのご家族がナディア村ゲストハウスに泊まられていたので 一緒に アップカントリーにお出かけしました  木陰のテーブルが気持ち良い 景色のよいオープンエアのレストランで  朝食をみんなでいただき  ギャラリー巡りをしたりウインドウショッピングをしたり  ランチタイムや午後のお茶をしつつ、おしゃべりをしてたら すごく面白いことが次々と判明  夫の友人とパートナーさんが レムリア 東北巡礼ルシファーの解放のための グリッドワーク(あまり詳しくはここには書けない) などなど すごくわたしと共通したポイント、キーワードを数年来追っている方なのだということがわかり話が盛り上がり さらには彼らとの会話のなかで 諏訪の近くに 夫が土地を持っていることが判明さらには彼らもまた今後の移住先の候補としてすぐ近くの土地と約束されているということを知る (夫が20年以上前にバックパッカーで海外旅している途中で偶然出会ってからずっとのお付き合いだけどお会いするのは数年に一度というお友だちで互いに近況はほとんど知らないという状況の中での偶然) そういう方とこのタイミングで再会して さらにマウイにいながらにして、諏訪の地元情報などなどインフォメーションがたくさん入って  きのう書いた記事のとおり ほんとに そのまんま わたしのためにすべてがつながりながら最高のタイミングで メッセージが送られて来ているとしか思えない  実は今朝マーリちゃんとチャットして 馬場ミッションに続いて、2月に諏訪に行くことを正式に決めたばかりだったのです(2月14日のワークはその前日(13日)に諏訪を訪ね諏訪エナジーをシャスタに繋いで行うことになったんです) 最高にタイムリー  夫が持っていた土地はうっすら夫から話には聞いていたのですが 夫の父母から譲り受けたまったく手をつけていない土地でいまだ更地のまま放置していて行ったこともなくこれまで 興味を持ってもいなかった場所なのですが  実はそのあたりは 昔から諏訪大社の御柱を奉納している土地であったということとか! (熊出没注意というところらしい熊さんたちが聖地をずっと護ってくれているんですね)  そういう土地とのご縁がずっと前からあったんだってことを今知った さらにはその土地について、どんな良いところなのか、という詳しいインフォメーションまで!  面白い面白いこうしてリアルタイムにちゃんと届くメッセージ 超能力なんてなくてもチャネリングもできなくても 夢だのこういう現実だの看板だの(笑) そういうのが全部つながって わたしを導いてるのがわかる さらには 波照間 台湾とハワイの関係秋田出羽三山空海さんもちゃんとつながって そしてまた新たなアンテナが立つ    いつかは諏訪の近くの土地にナディア村ジャパンが できちゃうかもね??   このときの写真にも不思議な光が写ってるし まだまだこのミッションは続いていく予感です  

      8
      テーマ:
    • 真の自己が目覚める場所

      マウイに戻ってきました  今回も濃密でバラバラに見える仕事やワークショップや個人セッションもスタッフとの会話もプライベートな出来事も友達から聞いたり話したことも そのすべてが やはり繋がりあっていて  ここにいる私からは すべてが無関係ではなく互いに響きあっていて そしてその視点で中心にいると すべてが1つのことを 私に伝えてくれているような気がする   そんなときに私は ブルーのワンネスの感覚とか  ターコイズの わたしたちはは、広大な意識の海の中の一滴の雫であるのだ  という感覚に近づいているような気がする    バラバラに見えるこの人たちが 互いに知り合いですらない 物質的な生活レベルでは接点を持っていないように見えるこの人たちが  それぞれの役割を演じながらそれぞれの場で一生懸命生きながら  大きな多次元的舞台の演目を全員参加で創造しているように見える そのときに感じる あたたかくて 静かな感謝  ひとつの仕事に区切りがつくたびに  その感覚のなかに戻ってこれる        すべてのものが正しいとき正しい場所にあるのだという実感とともに  わたし自身もまた ここにいる  ということに 根付く思いだ       マウイの潤いのある空気のなかでホッとくつろぐ  今回の満月の日のカーディナルクライマックスは  ハートに関連のある蟹座が 鍵を握っていて   「私たちが 安心し大切に優しくされていると感じるとき 私たちの情緒は安定し 真の自我に目覚め、そこから生きることができる」 というテーマと深く関連していて、わたしたちが自分自身を生きるためにはその安心とケアが感じられるのベース(土台)が必要であること だからこそハートのスペースのケアが必要なのだということそれがあってこそ真の自我が成長し5の質になる  というインフォメーションがありましたね   それを聞いたとき  わたしが思い出したのはマウイの自然です   庭で風に吹かれているだけで  優しくされ大切にされていると感じる  必要なものは全て与えられ心地よい呼吸に満たされるちょっとした心の傷も身体の不調もまるごとつつんでいたわられているような感覚のなかで癒されてしまう受け入れられていてそして同時にわたしの存在と呼応しているという感覚になれる  言葉でもなくただ、ここに吹く風や光や土の匂いがぜんぶで、わたしをつつみ愛し、慈しみ、育んでくれているなるほど  対極の位置にある山羊座は、土地との関係でもあってそれもこの「蟹座」の質を対極からサポートしている ということですが   まさにそうだと実感します   いるだけで  大切にされていると感じられる自然のちから 大地のエネルギー   人間はこの地球を故郷としてこうして育まれ  成長してきたのだと   あらためて思い出すことかできました わたしがマウイから受け取っているのはそれなのだなと  大地への愛着と感謝 ここで癒されて深く 安心の呼吸に戻れること それがいまのわたしをその活動もいのちも成長も休息もすべてを支えてくれているのだと 感じました     写真は今回の移動中に撮影ホノルル空港のインターアイランドターミナルにある中庭 マウイにいらっしゃる方、待ち時間長いときにはここで休憩するのがおすすめですよ      

      9
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 高田馬場 夢解き探訪⑥「9」中心の神とは

      高田馬場 夢解き探訪⑥ まで来ました    88のたくさんのサインを見つけて盛り上がって「次は9を見つけよう」ということになりました   日本古来の八柱の神様に守られている 中心という神(これが9番目) 夢の中でもわたしはそこに注目していました  このあたりにある「9」ってどこだろう? なんて言いながら、調べてみると 九段下 が浮上しました 九段下というところがあるってことは九段上もある?ということは 九段もあるはず・ などなど 地図をみたり検索したり  そしてやはり九段下といえば神社つながりでは靖国神社ではないかと・・・  とにかく行ってみましょうということになりました 以前ここも、黒サロン(2011年からしばらくマーリちゃんと共済していた 怪しい探究会)やレムリア瞑想会のメンバーと来ていたり、「※硫黄島コース」のあとに立ち寄ったところでもある それから2年ぶりくらいか?(もっとかな?) いろいろな意味で、ご縁を感じる神社なのです(このへんのことも詳しく書くとキリがないので端折りますが、昇殿参拝のときは 「よしよし・・・」とそこにいた魂さんから あたまを撫ぜてもらうという体験をしました なんというか、親戚のおじさんに会ったみたいな感覚でした)  そうなのです ここで突如、腑に落ちる! 9は ここなのだ!  ここは 日本古来の神様を祀っている場所ではなく戦争で亡くなった人間たちの魂を祀っている (夢の中でも「中心」は 古来の日本の神々ではなかった!だからわたしは疑問を持った ・・・ もしここが 「9」だとすれば もしかして「中心」というのは「わたしたち人間のことなのではないだろうか!?」  夢の中でなるほど!めちゃめちゃ腑に落ちた!と感じていたときと同じような感覚になった   ここで復習 この探訪記のきっかけになった 夢  ハレアカラの山頂に神社があってそこにひとりで行く 帰りはZIP LINEみたいな感じで鉄棒みたいなのにぶらさがって勢いで降りて爽快 ジェイ@大阪(永野 純一郎 (Junichiro Nagano))も偶然ハレアカラにいることをツイート経由で知り、待ち合わせてもういちど山頂の神社に戻る そこには9神が祀られていて、8神は日本古来の神々なのだけれど まんなかに「中心」という神がいるこの「中心」てのが謎だなと思っていたら、巫女さんをしてた女の子(乙姫ちゃん)が、「中心」というのは高田馬場のことなんです とこっそり教えてくれる「高田馬場なんだ!腑に落ちた!」と すごく納得した衝撃で目がさめた。次は高田馬場か・・・笑ちなみに、夢のなかでは「高田馬場」にめっちゃ納得して反応していたのですが、目覚めてみたら全然、腑に落ちていません。     古来の神 8神に守られている中心の神は実はわたしたち人の魂なのだと  英霊さんたちも一緒に教えてくれたようだった  「よくきたねよく気づいたね そうだよ きみたちのいのち  それこそが 中心であるのだよ」 9番目の神は わたしたちそのなかにあるまんなかちゅうしん 中心 心の中 ・・・・  (どんどん連想が拡大) ハートの中心  ハートの真実 B9のオーラソーマボトルのタイトルは ハートのなかのハート! 鳩?? 笑そういえば鳩が最初にたくさんいたのを夫が見つけていた  英霊さんたちは言っていたあなたたちのいのちを大切にしなさいあなたの中心を大切にしなさい 八百万の神々はあなたたちを八重垣のように囲み護っている そんな言葉が浮かんだ  (そして緑の龍が!) ・・・・・・・    そして 昨日(1月13日の天職ワークショップで)さらに 後日談ができました ・・・  諏訪神社をお参りしたあとラーメン屋さんがあったという話はしたのですが この看板ですね 天職ワークショップ(1月13日)に参加された6ヶ国語が堪能というがブログを読んでくださっていてワークショップの休憩時間にあれは中国では・・・こんな風に読むことがあるんですよなど教えてもらい、 さらに、同じく天職ワークに参加した男性占い師(志望)の方が選んだ88番のボトルについて解説していたら 気づいた   心という漢字を漢字の八八を組み合わせているんだってことに気づきました これ、「こころ」って読めるんですね 八と八が重なると「心」 (8×8は 64ですが 64はオーラソーマではジュワルクール:ハートのマスター) 中心心の中 そしてこの 88番のボトルはハートボトルの上下逆転バージョンでありやはり ハートと関連している     うかんむり宇宙の下にある八八息子が見つけた「穴八幡」の看板もまた同じようなメッセージを 伝えてくれていたんだと 思いました (ちなみに、出発してすぐに夫がみつけた たくさんの鳩は八幡宮の使者だという説もあるそうです)   

      13
      1
      テーマ:
  • 14 Jan
    • セックスと呪いを解放するリリスと八重垣姫のワークショップ

      日本滞在ラストスパートの間もいろんな「サイン」が満載で書きたいことがてんこ盛り 書きかけのブログ記事がいっぱい溜まってる状態なのですが そのへんの流れやサインを受け取って「これは今、開催しなくては・・・」とマーリちゃんとゆみこで相談しまして、新しいイベントが決まりましたのでお知らせいたします  題して「セックスと呪いを解放するリリスと八重垣姫のワークショップ」  楽園でアダムの肋骨からイブが創り出されるより先に、アダムには別の妻がおりました。 彼女の名はリリス。 大層美しく、魅惑的なリリスに夢中になったアダムは、神の言いつけに背いて働かなくなってしまいました。 そこで神はリリスを追放して、アダムには従順なイブを与えたのです。 追放されたリリスは悪魔の世界へ行き、蠅の王ベルゼブブの妻となって、男性を誘惑する妖魔となりました。   この物語に登場するリリスは「抑圧された女性性」「女性の影」の象徴。 わたしたちは世の中の秩序や規律のなかで、生まれ持った本来の奔放な性を封印すると同時に、一番の魅力と才能まで隠すことになりました。 そして自然なセックスのエネルギーを抑圧することで、代わりに怒りと呪いをその内に秘めることになったのです。 そんなわたしたちの内なるリリスを解放するワークショップです。   水瓶座の時代、わたしたちの内なる光と闇を統合することが、世界をひとつに導くカギ。 扱いづらい感情や隠して見ないように封印してきたものに光を当てて、わたしたちの魅力と才能を取り戻しましょう。  占星術の出生チャートや、オーラソーマボトルからヒントを得ながらそれぞれのリリスを探求する、参加型ワークショップです。占星術やオーラソーマの経験者でも、経験者でなくても楽しんでいただける内容です。 開催日もぴったりな 2月14日 バレンタインデー!パートナーシップがわたしたちを育てる鍵を握るこのときだからこそ、見たくなかった(かもしれない)内なる魅力に気づきの光を当てましょう!   開催日時:2017年 2月14日お昼の部 :13時30分〜16時30分くらい夜の部:18時30分〜21時30分くらい(開始15分前までにナディアにお立ち寄りになり、受付してから会場へお越しください) 会場:スペースシャスタ(ナディアから5分) ナビゲート:占星術士 小泉マーリ オーラソーマティーチャー しまいゆみこ 参加費:6600円 (昼の部:夜の部 どちらかをお選びください。基本的に、昼の部と夜の部の内容はお同じ予定です;あくまで予定ですが・・) お申し込みは ナディア www.e-nadia.com  info@e-nadia.com まで メールにて、お願いします。  おひとりおひとりの出生チャートを作りますので、生年月日:出生場所:時間 を あわせてお申し込みくださいませ。 (実は、イベントの流れは馬場探訪とも繋がっているんです。88シンクロや諏訪 八幡繋がりの方々にも 集まっていただきたい裏:88サロンでもあるのです) こんな緊急で マーリちゃんとわたしの予定を合わせることが可能な開催日がみつかったのも奇跡的 みなさまの参加をお待ちしています(正式発表の前にすでにお申し込みたくさん入ってきていますのでお申し込みはお早めに♪) facebookで参加表明された方も正式申し込みのため ナディアにご一報お願いします〜。  追記! こちらですが発表まもなく満席締め切りとなりました。ありがとうございました! 自分自身の資質を知る、身近なひとたちのチャートが読めるようになる!小泉マーリさん 占星術入門ワークショップこちらは好評受付中ですhttp://www.e-nadia.com/main_2004/work/ma-ri02.html  

      24
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 高田馬場 夢解き探訪⑤ 諏訪通りとジェイガネーシャ

      四国にトリップしてしまいました こういうのを書いてると途中でいろいろな情報がリアルタイムに並行して入ってくるので どんどん話が拡がってってしまうんですよね 大晦日の高田馬場に時間を戻します  はちはちまん(穴八幡)にお参りを済ませ一陽来復お守りもいただきついでにジャンボたこ焼きと巨大わたあめをたべてから  ランチタイムとなりました ランチはやはり 信号待ちのときにみつけたお寿司屋さんを目指して歩きます ランチタイムは終わっていましたが営業していました なんだか老舗っぽいお店です 八幡鮨 さんです 創業明治元年140年以上ここでお鮨屋さんをされているそうです   お寿司屋さんの外壁に高田馬場の歴史が紹介されていました 馬場 やっぱり「馬」にも導かれています(東北巡礼参照)  そしてこのあとどうするか?ということでお寿司を食べながらミーティング わたしが自分ですっかり忘れていた夢の詳細をジェイが調べてくれました (ジェイのタイムラインで「事件は現場で起きている」としてシェアされています) 自分が書いた夢のメモのなかで、「8神と9つめの(中心という)神」についてのあたりをすっかり忘れていたのですが 自分が11月20日に投稿していた夢のメモを読み上げてもらって やっと思い出しました まったりと美味しくお鮨をいただき、次は最初に検索して出てきた場所 諏訪神社へ歩いて向かうことにしました  このとき、ジェイが最近インドに瞑想修行にいってるということでその話を聞いたりしていたのですが 諏訪に行く途中の道にこんなお店があって 大笑い  その名もジェイガネーシャ ジェイとガネーシャの統合 笑 ウェルカムサインという感じがしました ジェイとインドの関係はこれからも深まりそうです (夢のなかでハレアカラ;高田馬場にジェイがいたのはこれだったのか?) 記念に集合写真  10分くらい歩くと諏訪神社に到着しました   平将門の封印となる北斗七星のかたちになっている神社のうちのひとつ 平将門さんは2011年の311のあとの瞑想会でとても強くメッセージを送ってきた存在です 北斗七星はポラリスこれまた 「ポラリスに聞きなさい」という夢の啓示とも関連しています 平将門さんの封印とグリッドワーク地震アーススター諏訪と蛇と龍北斗七星の話もそれぞれネタがいっぱいありますが その話が始まると連載が50篇くらいになっちゃいそうなのでがっつりはしょります(いつかまた機会があれば書きます)     そして 車を置いた場所に戻る途中  こんな看板を発見  ば八 よく見ると、「こころば」って名前のお店みたいですが、八とBAが看板にレイアウトされている。「馬場」とかけているんだと思います。  これもサインでした そうこのことにいままで気づかなかった! 馬場=ばば=88 じゃないか!  馬場そのものが 88だった!のです    ラーメン屋さんありがとう   馬場(88)にあるはちはちまん  もう、これは「9」を探すしかありません  そこに「中心」という神様がいるはずなのです  この近くにある「9」はどこだろう  次はそこを目指します   

      11
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 高田馬場 夢解き探訪④はちはちまんと四国八十八ヶ所からの宇佐

      実は 「宇佐」にはすでに 夏から伏線があったんですね だからきさこさんが 宇佐について話し始めたときは お、宇佐、いつかくると思ってたらやはりか・・ と思いました  2016年の6月こどもたちと母と一緒に 四国に住んでいる父を訪ね父の車でいろいろ案内してもらったのですがそのとき 母の思い出がある場所でもありこの時期、花菖蒲がきれいなのではないかという母の提案で立ち寄ったのですがちょうどその公園のすぐ目の前にあったのが宇佐神社だったのです もうその土地そのもののエネルギーにとても惹かれる感じがしたのでお詣りしたのですがそれがもうとてもすごくて ここは何か絶対ご縁があると感じた場所でもあったのでした いま、このときのことを振り返って このときの写真があったはず・・とiphoneの写真データを遡ってみたら、高松の空港に到着した足で大窪寺に立ち寄り、そのあとここに寄ったという経緯がわかりました そういえば大窪寺は 「四国八十八ヶ所」の「八十八」の札番。 ここでも 88(はちはち)が関連してた! のでした はちはちまん(高田馬場)からの宇佐 そして四国八十八ヶ所からの宇佐 とまったく同じ符合をたどってたんです!  偶然 立ち寄った場所だったので今回のこのブログを書いていなかったら思い出しもしていなかったかもしれません おもしろいものです   88と宇佐 思い出しなさいと言われているみたいです 夏に書いていたブログもありました↓http://ameblo.jp/nadiayumiko/entry-12175799118.html   ちなみにこの宇佐神社は亀鶴古墳群という数十の古墳群のあたりにありました     

      6
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 罪悪感がつくりだすスパイラルから自らを解放する

         罪悪感は愛の行方と関連していてそしてそれは命の価値と関連している 色でいえばはレッド  古く、硬く、ハートが分断されるようなコミュニケーションパターンのスパイラルの背後その根っこには 「罪悪感」があるのです   わたしたちが無意識に繰り返しそのたびに自らのエネルギーをすこしずつ削りとっている 古いコミュニケーションパターンにぐっと踏み込むワークショップ 明日開催します 14時から キャンセルがでてお席ができました いまからでも  一歩踏み込んだワークショップ いまからでも遅くない ぜひ 参加してください  http://www.e-nadia.com/main_2004/work/nvc13.html   前回 圧倒的大好評だった 「絶望と失望の冬至パーティ」ここで とても好評をいただいた 絶望と向き合うワークにも触れていきます 前回のワークに参加された方からはその後 嘘のように現実が変化した 自分のシャドーとの向き合い方がわかった! なぜか身体にエネルギーがながれはじめて身体がくつろぎ からだがあったかくなった! などなど かなり熱いフィードバックをいただいています 今回滞在中の最後のNVCワークなのでぜひ 多くの方と分かち合いたいです 詳しくはこちらhttp://www.e-nadia.com/main_2004/work/nvc13.html はじめての方でも参加していただけます経験者の方にはぜひこれは 受けていただきたいという内容です  はじめての方はイントロダクションから参加されることをお勧めします   いまからでももしご都合がつく方がいらしたらぜひ、ご連絡くださいね  ナディアあてでもわたしあてに直接でも、大丈夫です  2017年いままさに コミュニケーション 関係性に光があたっていますそれを大切にすればするほど拡がっていくという星の流れもあります(冬至のワークや天職のワークでお話ししたとおりです)   個人的に このワークは 家系にまつわる「命:愛」の流れに関するもつれや滞りを正位置に戻すという効果もあると感じています 罪悪感がレッドと関連していると考えるとルーツや家系血脈にあるテーマに光をあてることになりますから色の課題とも合致します  この機会をお見逃しなく     

      11
      テーマ:

プロフィール

横浜ナディア:yumiko

誕生日:
6月1日(水晶の月3日) ふたご座 Kin219 青いスペクトルの嵐
自己紹介:
☆お店やってます ☆www.e-nadia.com 地球雑貨 Nadia (ナディア) 横浜駅5...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
しまいゆみこ:
Birth Bottle 30
(Blue/Red:地上に天国をもたらす)

ハワイ滞在をきっかけに'94年夏、地元である横浜に地球雑貨ナディアをオープン。クリスタル、天然石をはじめ、商品の海外買い付けや企画制作、さまざまなワークショップやコース/ツアーなどの企画やオーガナイズ等を行う。
多くの人々や土地とのコラボレーションを通して、体当たり と体感をモットーにすべてを学びとして味わっています。 マウイ島での出産や育児の体験など自分自身の体験から、ハワイに「母と子のためのリトリートセンター」というヴィジョンも持ちハワイと日本に虹をかける「BIG FAMILY PROJECT」という企画をあたためています。 ピンときた方はどうぞコンタクトしてくださいね! 合言葉は『楽園は可能だ。PEACE IS POSSIBLE☆』

現在マウイ島在住。

★横浜にて 天然石&ヒーリングSHOP NADIA www.e-nadia.com
および スペース シャスタ(セミナールーム)運営
★横浜・宮崎にてオーラソーマ・カラーケアコンサルタント養成コース開催
★マウイ島にてバケーションレンタル、オーラソーマスクール開催。


資格:
☆オーラ・ソーマ ティーチャーコースをイギリス・日本・フィジーにて修了(ASIACT公認 トレーニングシステム 認定講師)

☆THE CRYSTAL ACADEMY OF ADVANCED HEALING ARTS認定クリスタルヒーリング・ファシリテーター

☆監修・出版:クリスタルアライカード(NADIA.PUBLISHING)

しまい ゆみこ






ランキング

総合ランキング
90360 位
総合月間
26019 位
南国暮らし
227 位
癒し
1442 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。