日本の子供たちが自由に職業を選べる日本を守りましょう!

.....目立たぬ仕事、つらい仕事が評価される日本になるといいね!


.....なでしこりんです。あなたは子供の頃、「大人になったらなりたいもの」を考えたことがありますか? 今日は 「第一生命」が日本の子供たち1100人を対象におこなったアンケートの結果が届いています。この結果は「日本の未来」を占う上では大切な資料ですね。




男の子の

1位は「サッカー選手」、2位が「学者、博士」で3位は「警察官、刑事」


女の子の

1位は「食べ物屋さん」、2位は「保育園・幼稚園の先生」、3位は「学校・習い事の先生」

以下の順位はこちらから→ http://event.dai-ichi-life.co.jp/campaign/minisaku/otona.html


.....今の子供たち はテレビゲームばかりしているのかと言うとそうでもないみたい。というか意外と新聞やテレビからも情報を取得できているみたいですね。 ちなみに男の子の2位に入った「学者、博士」は突然現れたものではなく、2013年、2011年、2010年のアンケート調査でも第3位ですから、人気のある将来先であることは間違いないでしょう。




.....日本の場合 は「ノーベル賞」の影響が大きいかもしれません。子供なりにも「大変な名誉な賞」であることはわかっているでしょうし、ノーベル賞の賞金のことだって知っているでしょう。私はどんな理由でもよいと思います。ただ、今の日本の大学の閉鎖空間では育つものも育たないような気もします。上に立つ人には「アカデミックハラスメント」などを絶対におこなわないようにお願いしたいです。




.....人は 働くことによって賃金を得、そのお金で自分と家族を養います。世の中には数多くの仕事があります。おそらく多くの人たちは「自分が望まなかった」お仕事に就いておられると思います。そこには仕事への好き嫌いを超越した「働く目的意識=義務感」があるのでしょう。私はその意識こそが大切だと思います。




.....ドイツ がイスラム難民や移民を受け入れたのはドイツ人が特別に友愛精神が強いからではありません。ドイツ人が働かなくなったからです。人間なら誰しも「楽して稼ぎたい」と思うもの。そういう考えが広まると、当然のこととして「つらくて稼げない」仕事は敬遠されます。アメリカの白人たちが黒人奴隷を大量に買ったのも、白人たちが重労働に参加するのではなく、黒人たちに「単純労働」を強いるためでした。日本は同じ失敗をしないことです。



.....私は 「第一生命」のやっているアンケートに不満があるのではありません。子供は「夢見る存在」であるべきですし、子供が夢見ることができるのは日本には「思想信条の自由」があり「職業選択の自由」があるからです。その自由は今後も守らねばなりません。


 

... 世の中 には、3Kと揶揄されていても「大切な仕事」は数多くあります。数多くというより、大切ではない仕事などこの世にはないとさえ思います。それこそ、日本社会の安全を守るために目立たぬ場所で職務を果たしている日本人は数多いでしょう。私はそういう方たちへの感謝を忘れたくないし、子供たちがそういう人たちの存在の大切さに気づいてくれるようになってほしいです。日本を支えているすべての人々に感謝を! By なでしこりん


AD