.....都知事問題は猪瀬さんの引きずり降ろしの頃からおかしかった!
..........日本には「愛国保守はつぶせ!」という対日工作がありそうですね!

.....なでしこりんです。 私は「時代劇」を」見るのが好きです。特に「鬼平犯科張」がお気に入りです。鬼平シリーズの中に時々、「引き込み」と呼ばれる人物が登場します。引き込みとは、盗みに 入る家の内部関係者となって、いざ、盗みが決行となれば内から鍵を外し、仲間を引き入れる役割を持った「犯罪者の一味」のことです。中には数年間も引き込みのままお店(たな)勤めをする者もいたんだそうですよ。

........................ 

.....以前 読んだ資料の中に、日本にある中国大使館の関係者は、将来、中国に役立ちそうな日本人を工作員にするために、大学生の時点でリクルートするという話がありました。「こいつはスパイとして使えるアル」と思ったら、生活費や学費、遊興費や研究費の援助を行い、東大などの有名大学の大学院に進学させ、それなりの「有識者」に育てるんだとか。スパイ候補生には文系、理系は関係なく、お金以外では女性を使ったハニトラでコントロールすることもあるんだそう! 日本の左翼の中には、「中国には足を向けては寝られない」という学者さんも大勢いるんだそうですよ。

......................... 

.....「みんなの党」 の渡辺喜美代表が金銭問題で党の代表を引きずりおろされたことは唐突でした。確か、あの事件は、「みんなの党」が自民党と協調体制に入った頃でしたよね。前の東京都知事・猪瀬直木氏の突然の辞任も唐突でした。猪瀬前都知事は徳州会病院からの5000万円借り入れが「賄賂」と報道され辞任したわけでえすが、猪瀬さんと徳州会を「仲介」した人物は民主党の有田とも関係の深い団体の人物でした。

...................... 

.....そして、準備もなく行われた都知事選挙では、自民党東京都連は、なんと、「自民党から除名された舛添」をかつぐという不可解な決定を行います。舛添擁立の背景にあったのが公明党・創価学会。舛添の4番目か5番目だかの夫人が創価学会の人物という情報もありました。私は自民党支持者ですが、もちろん舛添には投票していません。

.....こうやって 見てみると、随所随所に「引き込み」の陰が見えてきませんか? 先ほどご紹介したブログには、田母神事務所の事務局長であったSへの疑念が書かれています。田母神事務所・事務局長のSは、田母神氏の先輩ですが、自衛隊での階級は下。事務局長Sの経歴についてはこのページを参照しました。ここのブログ主さまのすごい調査能力には感服です。→ http://blog.livedoor.jp/kumafight/archives/1021347341.html

.....S氏秘書歴

.....航空自衛隊二等空佐で退官

.....89.7~07.7 田村秀昭参議院議員 公設秘書
.....※小沢一郎腹心、「ジェネラル」と呼ばれた防衛族

.....07.9~07.12 平山幸司参議院議員 政策秘書
 ..... ※小沢派

.....08 佐藤公治参議院議員 私設秘書
.....※父の代から小沢腹心

.....09~10 室井邦彦参議院議員 政策秘書
.....※元小沢派、統一教会

.....11~12 佐藤公治参議院議員 私設秘書
.....12~ (民主→国民の生活→日本未来の党)青木愛代議士 私設秘書?
.....13.4 維新・石井義哲候補(参院選比例選対)
.....13.12~ 田母神俊雄候補(事務局長)

..................... 

.....ちょっと びっくりしませんか? この事務局長Sはまさに「小沢一郎の懐刀」ですね。青木愛って小沢チルドレンの代表格で衆議院選挙では東京12区の候補者ですから田母神さんとは直接戦った候補者。もう、何が何やらわかりません。もう一人のSである会計責任者は事務局長Sが呼んだ人物とのこと。 WSって、もしかして・・・・。

..................... 

.....などということを 日本のマスゴミは絶対に報道しないでしょう。だって、日本のマスゴミの中にいるのは共産党員か非代々木系の左翼ばかり。今や民主党と共産党をつなぐ接点である小沢一郎の悪口は書きません。マスゴミにとっては「田母神を叩ければよい」のですから。叩くのは「田母神とそれにつながる愛国保守勢力」だけで十分なんでしょう。

.....................   

.....私が 皆様にお伝えしたかったのは、報道されるニュースとは、偏向した新聞社と記者によって切り取られた「彼らにとっての都合のよい部分」だけということです。そして、日本国内には、「彼らにとっての都合の悪い人物」は政治の世界から追放されるわけです。あなたに「彼らの存在」を感じてもらえることを願っています。本来、追放されるべきは彼らのはずです。 By なでしこりん
AD