....朝日の夕刊がなくなったのは事実ですが山梨県でのことです!
........朝日新聞の存在が日本から消えるまで絶対に許してはならない!

....なでしこりんです。見出しで喜んだみなさま、実はこの記事、「山梨県」での出来事です。もちろん、これはまさに「終わりの始まり」であり、朝日新聞の寿命は「あと10年もない」でしょう。これだけ日本人を辱める記事を世界中に拡散しておきながら、それでも朝日の社員が日常生活を送れているのは「日本人の民度」が高いお陰で、韓国だと輪転機に砂をまかれてますし、中国だと記者が行方不明になっています。朝日新聞の社員は早めに転職すべきです。記事は「buzznews」からです。

.................... 

....朝日新聞が山梨県における夕刊発行を3月いっぱいで打ち切ることがわかり、影響力の低下にネットから歓迎の声が聞かれています。  朝日新聞東京本社が3月31日付けで山梨県における夕刊発行を終了すると報じられ注目を集めています。朝日新聞が夕刊の発行を終了するのは佐賀、大分に次いで今回が3県目だということですが、ネットからは朝日新聞の影響力低下を歓迎する声が強いようです。 このニュースを伝えたYahoo!ニュースのコメント欄には共感の高い意見の上位にこんな声が並んでいます。 

....「終わりの始まり」 
....「全国の朝夕刊を終了で良い」 
....「朝日新聞そのものを終了すればいい」 
....「全国で終了して下さい」 
....「日本を毀損した新聞は消えて欲しい」 
....「朝刊もなくなっていいよ」 
....「朝日が無くなっても困る人は少ない」

....こうした傾向はTwitterやネット掲示板でも同様で、「ざまぁ」「メシウマ」といった辛辣な言葉も聞かれているほどです。 2月上旬には日刊ゲンダイが朝日新聞の「給与カット」の実態を詳しく伝え注目を集めたばかりでした。 記事によると朝日新聞社では2017年4月から給与制度を変更し大幅な賃下げが開始されるとしており、その率は55歳で15.6%、40歳で15.4%と深刻です。

....それでもまだまだ高額給与であるのは間違いなく、朝日新聞に向けられる厳しい目が今後も収まる気配はありませんが、 報道によると山梨県における夕刊発行終了の理由として朝日新聞は「読者の生活様式の変化などから夕刊の購読者が減ったため」と説明しているといいこのような認識下での再生がおぼつかないのは間違いないでしょう。 

....今回の報道ではネットの普及で新聞業界全体が苦境に陥っている中、夕刊の必要性に一石を投じたという効果もあるようで新聞の朝夕刊制度そのもののあり方についての議論にもつながりそうです。 (朝日新聞) http://www.buzznews.jp/?p=2052711

....................  

..  在日韓国朝鮮人 の犯罪は国籍を書かずに、偽名でしかない通名だけで報道するなんて、世界的に見てもこんな「異常な新聞社」は存在しません。朝日新聞なんて新聞社を装ってますが「在日向けの広報紙」ですよね。

....朝日新聞 の韓国擁護が講じての「植村隆捏造記事」。植村は嫁が韓国人で義母が日本に「たかる」団体の会長。韓国では詐欺で立件された過去もあります。ちょっと、まともな神経があれば、こんな「うさん臭い」連中の記事を新聞に載せるはずはないわけですが、朝日は載せたわけです。朝日新聞にとっては「事実などは二の次」なんでしょう。

....在米日本人 の子供たちが在米韓国人からひどい差別と侮辱を受けたのは朝日新聞の責任です。それこそ、朝日新聞社員の子供たちに「売国奴の息子・娘」という罵声を浴びせる人が出てこないのは「日本の民度の高さ」のお陰でしょう。朝日新聞社員は、自社が行った犯罪を反省すべきではないですか?

...........................

....「末端は 関係ない」という責任逃れが、結局は本体を温存させてしまいます。私は朝日新聞にかかわる全ての社員が痛みを感じてこそ、朝日新聞上層部は反省すると思いますよ。 私は、朝日新聞社が廃刊するまで徹底的に叩いて行くつもりです! By なでしこりん
AD