異性に暴力をふるう人間はある種の精神欠陥者じゃないの?
絶対に我慢しちゃダメ!家庭内暴力(DV)は犯罪です。即通報を!

なでしこりんです
。 護身術ってかっこいいですよね。 以前、身の危険を感じたことがあり、「護身術を真剣に習いたい」という衝動に駆られたことがあります。私が身につけたいと思ったのは合気道。 さらりと身をかわして相手を倒す、あのかっこよさに魅力を感じます。残念ながらいまだに行動には移していませんが、やはり身を守る術(すべ)は必要ですね。私はいざとなったら、相手の目をつぶす覚悟は持っていますが・・・・。いまだ実戦例はありません。ww

さて
ちょっと気にかかる写真と記事がありましたのでご紹介。この写真はご本人自身で公開されています。左目の下が痛々しい。

    
金山一彦さん

7日に転倒して頭部を強打し、 医師から脳内出血する可能性を指摘されている大渕愛子弁護士が17日、ブログを更新。 目尻から目の下にまで大きなアザができていることを痛々しい写真とともに明かした。

大渕氏は7日、転んで頭を強く打ち、CT検査を受けた。  結果に異常はなかったが、 医師からは「いまは異常はないけれど、これから脳内で出血する可能性があるので、 頭痛が強くなったり、痺れが生じたら、深夜でも来てください」と、 釘を刺されたことを9日のブログで明かしていた。 さらに、脳内出血は起こさなくても「1~2ヶ月後などにちょっと変わった異変が起こることもある」と注意されていた。

13日のブログでは、 「目尻からその下の方までちょっと黒くなってきましたもう痛くないけれど、 消えるまでにはまだだいぶかかりそうですね…」 と目尻に皮下出血とみられるアザができていることを写真とともに報告。

17日はテレビの収録だったが、  「痣(アザ)が大きくなっていく」と焦った様子で目の下の広範囲にまでアザが広がっている写真を掲載。メークで隠してもらったことを明かしていた。(デイリースポーツ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000105-dal-ent 

おそらく
多くの人たちが感じたことは、「左目、殴られた跡とちゃうの?」という第一印象。 私が以前、家庭教師をしていたお宅の奥さんも同じようなアザを目にこしらえておいででした。もちろん、はっきりとは誰にやられたとはおっしゃいませんでしたが、家庭内暴力のようでした。中学生のお嬢さんも「誰にも言えない」という感じでした。今の私なら速攻で警察に通報したでしょうが、その時は「よその家庭に口出しするのは止めとこ」で終わらせてしまいました。

     
カン・ソンユンさん

以前関根勤さんのお嬢さんである関根麻里さんが結婚されて、しばらくして「目に眼帯」をされてテレビ出演されたことがありました。その時も「家庭内暴力(DV)じゃないの?」という噂が出ました。噂は噂で終わればよいのです。でも現実には「現実を我慢」してしまう人も多いですよね。

家庭内暴力(DV) は日本人の中にもあります。基本、女性に暴力をふるう男性はある種の「精神欠陥者」だと私は思っていますが、そういう病的な資質に気が付かないまま結婚してしてしまうと、女性は男性の格好のはけ口にされてしまいます。私は女子学生には、「今の時点で暴力をふるう彼氏は今後も暴力をふるうから、交際は早めに止めときなさい」とおせっかいを焼きます。

 

韓国人
や在日韓国人は「民族教育」として、子供の頃から反日憎悪を刷り込まれています。韓国人の中には「日本人だけには負けられないニダ」と公言する連中がいますが、彼らがそう考えるのは「韓国人には日本人への劣等感があるから」でしょう。韓国は日本と比較すれば経済劣等、文化劣等、民族劣等が明らかですからね。日本人のほとんどは「韓国なんてどうでもよい」と比較の相手にさえしていませんが、韓国人や在日韓国人はそうはいかないのでしょう。

   

ある時
家庭教師をしていた女の子がぽつんとこう言いました。「私、もう一つ名前があるねん」。私はその時初めて、そのご家族が在日韓国人だと知りました。あのお嬢さんは立派に成長されたのだろうか? 奥様はご健在なのだろうか? 今でも、左目に青いアザをつけ、石膏で固めた左手を三角巾で吊っている奥様の姿を思い出すことがあります。家庭内暴力(DV)は犯罪です。苦労に耐えても、暴力には耐えてはいけません。 By なでしこりん

 
女子中高生の体育授業に合気道はどうですか?

45歳の外科医の先生からこんなご診断をいただきました!

大渕弁護士本人もブログで書いていますが、額とかのたんこぶ(血腫)が時間とともに下におりてきたものと思います。

自分は、45歳の外科医です。いまだに、夜間休日の当直などもしており、このような症状は良くみます。実際に、殴られた場合は、目の周りにアザができたり、眼球に血腫が出来たりすることも多いです。時間の経過と、症状の出方は、たんこぶが下がってきたもので間違いないと思います。ちなみに、1~2ヶ月後に症状がでるかもしれないという話は、慢性硬膜下血腫という病気で、年寄りや血液がサラサラになる薬を飲んでいる人達に多く、今回はほぼ問題ないでしょう。 今回大渕弁護士の話については、限りなくシロっぽいと思います。


AD