日本共産党がしばき隊のような暴力集団とつるんでいいの?
日本共産党が「暴力革命路線」で行くなら共産党は消滅するよ!

なでしこりんです
。最近、テレビ番組がネット情報の「後追い」をしていることが増えました。「特別映像」と題されたものが「ユーチューブに投稿された動画」というパターンが多くないですか? もちろん、映像には文章にはない表現力があるのも事実。今日は愛国保守運動家の「せと弘幸」先生のBLOG 『日本よ何処へ』からユーチューブ映像をお借りしてきました。



この動画、どうやら日本共産党系のブサヨが投稿した物と思われます。おそらくはこのブサヨ君、「ぼくらのデモが右翼に襲われています。助けて~」という印象工作のために投稿したのでしょう。動画上には右翼団体のおじさんに怒鳴られている青シャツの人物が写っています。

 
新大久保ではデモ参加者に怒鳴り散らしていた青シャツ

でもこれって、「しばき隊」と称する連中が、韓国に抗議するための合法デモ参加者に対して、「罵声を浴びせ、威圧し、脅迫してきた」こととまったく同じ構図に見えたのは私だけでしょうか? 私たちに対する暴力は正義で、自分たちが威圧されたら「けしからん」というのはどうなんでしょうね?

  
日本共産党の志位が作った「志位~ルズ」(奥田もいますね)

動画を 見ても内容が分からない方もおいででしょうから少し解説を。実は青いシャツが破れて、刺青を見せているのが「しばき隊・男組」の構成員。意外でしょうが、あの青いシャツの方が共産党側!ww  一方、消防団のような制服を着ているのが右翼団体の皆様。私は、大音量で音楽を流し、ガラの悪いアジをする街宣右翼は基本的には大嫌い。しかし、動画に登場する「菊水國防連合」の皆様には「本物の行動右翼」を見た気がします。

 
誰が「主催者」かはもうお察し! センターは共産党の小池!

ところで、この動画はとあるデモに対して「菊水國防連合」の皆様がカウンターされた形ですが、このデモの正体こそ「日本共産党による一般人に偽装したデモ」。最近、共産党・民青は「一般人に成りすます」のが戦術のようで、やたらと偽装団体を作っています。もちろん、動員の主体は共産党員&民青ですから、「菊水國防連合」の皆様がカウンターされたのは間違っていません。日本共産党は日本の国体の破壊をもくろんでいますからね。

 
   ほら、共産党の小池の後ろに青シャツが写り込んでいる!

でも、驚くべきことは、日本共産党が「ブサヨの暴力組織」であるしばき隊を使っていることです。これって、日本共産党・民青が暴力容認&暴力革命路線に復帰したと見てもよいのでしょうか? もし、日本共産党が民主主義社会を暴力で破壊しようとするのなら、世界中から共産党が消えたように、日本からも共産党が消えることになるんじゃないかな? By なでしこりん

AD