在日韓国朝鮮人の犯罪を見て見ぬふりが在日犯罪を助長してない?
在日犯罪を増やしているのは日本の反日左翼マスゴミじゃないの?

なでしこりんです
。殺人事件は誰が加害者であっても許されるものではありません。他人の生命を奪う者は、自分の生命で罪を償うしかありません。それが嫌なら殺人事件など起こさねばよいのです。あの事件の裁判が始まりました。

 

去年2月、神奈川県川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害された事件で、逮捕された3人の少年のうち、リーダー格の少年の裁判が横浜地裁で始まり、少年は起訴内容を認めた。

この事件は、去年2月、川崎市にある多摩川の河川敷で、中学1年生の上村遼太さん(当時13)が首を何度も刺されて殺害され、知人の少年3人が逮捕されたもの。

このうち、殺人などの罪に問われているリーダー格の少年(19)の初公判が2日午前10時から始まり、冒頭、少年は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

検察側は冒頭陳述で、「少年からの暴力を上村君が知人に話したことで怒りを募らせた。中途半端に傷をつけると、自分が逮捕される可能性があると思い、殺害することにした」と指摘した。

一方、弁護側は「最初は上村君を殺そうとは思っていなかった。一緒にいた少年からカッターナイフを渡され、反射的に切りつけてしまった」などと述べた。(日本テレビ)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160202-00000035-nnn-soci

 

ネット上 ではこの少年(主犯)の名前も顔写真も出回っています。ただそれが「社会的制裁や犯罪抑止力」になるかというと、今の時代、犯罪者と養子縁組をして「名前を変える」ことに協力する「篤志家(とくしか)」と呼ばれる人たちもいます。東京足立区で引き起こされた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人たちは皆、名前を変えて社会復帰しています。こういう悪質な連中の名前を変えることに協力することが「篤志」とは私には到底思えませんが。

主犯 の少年の父親の母親(祖母)は在日韓国人であり、母親はフィリピン人ということも分かっています。ある意味「移民社会のモデルケース」のような家庭環境ですね。この事件の起こった神奈川県川崎市。ネット上では「川崎朝鮮自治区」と呼ぶ人もいます。川崎市の人口は146万2056人。これが全て在日韓国朝鮮人でもないでしょうに、川崎朝鮮自治区とはずいぶんひどい「言い様」ですが、変な説得力があるのもまた事実ですね。

川崎 といえばこの証言がすぐに思い浮かびます。これって犯罪じゃないんですか?

 
この証言は、「川崎在日コリアン生活文化資料館」による聞き取り調査です。在日の人って、結構、犯罪意識のない人が多く、この手の証言は他でも見られます。それにしても、「今ある川崎駅近くの店は、一軒残っていた呉服屋以外、みんな戦後勝手に振り分けた土地の所有者が代々継いできた店」なんてことは「犯罪の自白」と受け取ってもよいのでしょうか?

 

この記事 も何度かご覧になりましたよね。「川崎で偽造団検挙」とあります。もちろん、偽造団が偽造したのは「外国人登録証」。川崎のコリアンの中にもお世話になった人もいるんじゃないですか?

 
「不法占拠」という事実を一切伝えない朝日新聞の記事 

私が ここで申し上げたいのは、神奈川新聞や朝日新聞は「在日韓国朝鮮人は被害者」と描きたがりますが、在日韓国朝鮮人は本当に被害者なのか?という点。本来、公平中立が求められる新聞社が在日韓国朝鮮人の「犯罪の歴史」に目をつぶるのはいかがなものか?というのが私の率直な感想です。

 
これが神奈川新聞 「抗議行動」ではなく「違法デモ」!

中学1年生 の男子はまだまだ子供です。殺された上村遼太君も、まさか自分が殺されることになるなどは思いもよらなかったと思います。主犯の少年が在日韓国人である祖母からどのような影響を受けたかはわかりませんが、在日韓国朝鮮人の中では「日本人を憎悪することを教える連中」がいるのも事実でしょう。日本国内における残虐な犯罪の犯人が在日韓国朝鮮人である場合も現実にあります。

 

もし、日本の中で「在日犯罪を隠す勢力」がいるとするなら、それは結局は「在日犯罪を助長する」ことにつながります。神奈川新聞や朝日新聞が在日犯罪と正面から向き合わず、在日犯罪を隠す方向に進むのなら、川崎では今後も同じような犯罪が繰り返される可能性は高いかもしれませんね。 そうならないことを祈りますが・・・・。By なでしこりん
AD