三菱重工業長崎造船所放火事件、状況証拠ではあの連中かな?
3度も放火されるなんて、管理体制がゆるんでいるんじゃないの?

なでしこりんです。 船っていいですね!それこそ、お金に余裕があれば豪華客船で「世界一周の旅」をしてみたいと思っておられる方も多いんじゃないかな? 実は今回、被害に遭った大型客船はその造船過程が話題になって「ユーチューブ」でも紹介されたことがあります。それにしてもこの船、いつになったら完成するのでしょうか?

     
アイーダ・プリマ号完成予想図 趣味わる~!

建造中の大型客船内で出火、今月3度目 長崎の三菱重工 

31日午前1時15分ごろ、長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場で建造中の大型客船の7階部分で、フィリピン籍の男性作業員が段ボールが炎上しているのを見つけ、仲間の作業員を呼んで消火器で消火した。 内装用の資材が入った段ボール数個が焼けたが、けが人はなかった。

長崎県警大浦署によると、船体中央部のレストランになる予定の区画の外側に ある通路から出火した。断熱材などの資材置き場だった。当時作業はしておらず、 火の気はないという。

客船はドイツのクルーズ会社向けに建造中の「アイーダ・プリマ」で、今月11日夜と13日夜にも、天井や資材が焼ける火災があった。県警は不審火とみて、 関連をしらべる。 (朝日新聞デジタル 1月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000015-asahi-soci

 

朝日新聞 ってつくづくおかしな新聞社だと思います。小学生の壁新聞以下かもしれませんね。 「フィリピン籍の男性作業員が段ボールが炎上しているのを見つけ」・・・・これが韓国人ならば韓国籍とは絶対に書かなかったでしょうね!ww この記事に国籍は必要はないはず。在日韓国人犯罪を隠すことしか考えていないから、こんなトンチンカンな記事を朝日の記者は書くんでしょうね!



ちなみに この「アイーダ・プリマ」号に関しては、すでに引渡し期間が大幅に過ぎており、「2隻で1000億円」で受注したものの、内装の変更やらですでに1300~1600億円の特別損益が出ているんだとか。たとえ利益が出なくとも、請けた仕事はきちんとこなすのが日本企業の誇りなんでしょう。

 

それに しても、今月に入って3回目の火事って! 間違いなく「放火」ですよね。東京では「地上げ」がブームになった時、地権者を立ち退かせるために朝鮮ヤクザが放火して回ったという話は聞いたことがありますが、今回の放火の理由は何なんでしょうね。日本の近隣には「日本にだけは負けたくない」という異常な対抗心を持った民族がいることは事実です。これも「日本の造船ガ~!」と火病った人物の仕業でしょうか?

 
 
韓国と中国には「三菱への怨恨」を持った連中がいる!

それとも 「三菱に怨恨を持つ人物」の仕業でしょうか? 中には「納期を遅らせて、遅延金目的では?」という推理もあります。いずれにしても解せないのは、3度も放火されているにもかかわらず犯人が特定できていないこと。普通は事件があれば防犯カメラを設置したり、警備員を多めに配置したりするはずなんですが・・・・。このさまを三菱創業者の岩崎 弥太郎はどんな思いで眺めていることでしょうか? By なでしこりん


AD