日本はスパイ天国!日本の政治家は常に身辺にご注意を!
この出来レース、中国が本命の◎北朝鮮が○韓国国家情報院が▲

なでしこりんです。民主党の国会議員が「外国人から献金を受けている」という話はそれこそいくらでもあります。菅直人、野田佳彦、前原誠司と枚挙にいとまがありません。外国人からの政権献金は「政治資金規正法」に抵触するのみならず、その政治家の売国体質をしめすものでもあります。さて今日は「甘利大臣への不正な献金問題」、この事件の異様性を無視して「甘利批判=自民党批判」している連中がいますが、この事件の真相はどこにあるのでしょうか? 記事はFNNからです。

           
         民主党国会議員への違法外国人献金。これはあくまでもバレた分だけ!

甘利経済再生担当相や秘書が、千葉県の建設会社から不正な献金を受けていたと週刊文春が報じた問題で、自民党の高村副総裁は23日、  「録音や写真を撮られていたりと、わなを仕掛けられたという感があり、そのわなのうえに、周到なストーリーが作られている」との見解を示した。

また甘利大臣が、自らの現金授受について、1週間以内に調査結果を公表する考えを示したことについて、 高村氏は「正確な話をして、説明責任を果たすために、1週間欲しいと言っているのは、  何の問題もない」と述べ、甘利大臣の対応に理解を示した。(FNN)
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160123-00000404-fnn-pol

   
そういえばミッチーのそばにも江田が!

現在 わかっていることは、千葉の建設会社の総務を名乗る「一色武」なる人物によってこの事件が「作られた」こと。そして、この事件のもう一人の主役である甘利事務所の秘書「清島健一」は甘利事務所の前にいたのが「江田憲司の事務所」だったこと。あの策士としての評判が高い江田憲司です。もうこれだけ謀略の臭いがしてきそう!ww


 
日本共産党の議員は「生活保護」の口利きをしているらしい

私は 基本的には甘利さんを弁護するつもりはありません。議員は地方、中央を問わず、国民の要望に応えるのが仕事ですから、「口利き」をしていない議員など一人もいないでしょう。もしこの事件が神奈川の事件なら「地元の声に応えた」と言えたかも知れませんが、今回は千葉ですからね。それにお金も受け取っていますから、「議員としての責任」は当然あるでしょう。ましてや甘利さんは国務大臣。ここはきちんと筋を通すべきでしょう。

 

ただ、甘利さんが大臣を辞めたらそれでおしまいではないでしょう。要するにこの事件は「甘利をはめるために工作された出来レース」と見るのが大方の見方。では誰が工作したのかを見つけるのがこの事件の本質だと思います。私の予想では「中国共産党の対日工作部」が本命の◎。対抗は「北朝鮮の対日工作部」で○。穴は「韓国の国家情報院」で▲。もちろんそれぞれの対日工作部には、日本共産党や社民党、民主党の中の△工作員もいるのでしょうね。

 
「ふつう」はこんな写真が出てくることはないよね!ww

一色武は、甘利さんをはめるために「50時間の会話テープを録音し、紙幣の番号も記録」していたそうです。これは「しろうと」がすることではありません。興味深いのは一色武と清島健一がほぼ同時に「失踪」したこと! 中には「すでに2人とも工作機間に消されているのではないか」という説もあります。私は2人ともどこかに隠れていて、「甘利大臣辞職」の報を聞いたら出てくると予想しますが、海外逃亡の線も捨て切れません。

 

おそらくは 日本の政治家の多くはすでにこの手の「時限爆弾」を仕掛けられているのでしょうね。 韓国や中国では女性を使った「ハニートラップ」も盛んなようで、日本の政治家の中にはハニトラで政治生命を失った方もおいでだとか。政治家の皆様は、いつも狙われていることを自覚したほうがいいと思いますよ! By なでしこりん
AD