1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-15 22:22:49

ちゃんと伝わる叱り方♪

テーマ:├マザーズコーチ
こんにちは♪保健師マザーズコーチの中見真琴です。

今日は、ほんの数時間前にあった、我が家の風景から。

夕食の準備をしていたら、遠くで次女の泣く声が聞こえて、慌てて探しました。

すると、さめざめと泣く次女と、それを慰めている主人の姿が。

聞けば、「トイレットペーパーが切れたので次女が交換しようとしたのに、トイレの蓋を閉め忘れてて、トイレの中に落としちゃった」んだって(笑)

次女は、うまくいかなかったことにも泣いてるんだけど、どうやらお父さんに怒られてる!と思っている様子。

こんなに優しく慰めてるのにねぇ…と苦笑いしていたら、長女がポツリと言いました。

「お父さん、持ち上げてから落とすよね…」

あ、ほんとだね。

主人の伝え方は、こうだったんです。

「やろうとしたのは、本当に偉かったんだよ」

「でもね、ちゃんと蓋を閉めなきゃいけないよね」

これを繰り返してる。なるほど。

褒められた時にちょっと泣きやんだ長女が、注意点を言われた時にまた泣き始める、という繰り返しのようです(笑)

なーるほーどなー。



子どもに注意をする時は、「サンドイッチ」にすると伝わりやすいんです。

「注意」を「褒め」でサンドイッチ。

主人がやってたのは、「褒め」からの「注意」ですね。

「やろうとしたのは、本当に偉かったんだよ」(←褒め)

「でもね、ちゃんと蓋を閉めなきゃいけないよね」(←これが注意)

伝えるべきことはこれなんだけど、これにもう一つ「褒め」を加えます。

例えば「トイレットペーパーを換えてくれるから、いつも助かってるんだよ」とかね。

これは、おだてるとかそういうのではなくて。

最初に褒める、認めることで、注意を受け入れやすくして、

次に伝えたいことを伝えて、わかってもらって、

最後にもう一度、気持ちを持ち上げて、「次にはやろう」「自分はやれる」という気持ちにして、終わる。

私はもう、これが癖になっているせいか、子どもたちは私に怒られてもそれほど凹まないんです。

最後には笑って終わることを知ってますからね。

叱るときは私よりも主人の方がよっぽど優しく叱るのに、子どもたちから「お父さんに怒られたくない…!」ってビクつかれる主人、ちょっとかわいそう(笑)

(何度も言ってるんだけど、あんまり変わらないので無理に変更せず♪少しずつ変化してるからいいと思う♪)

ちなみに私、今回はこんな終わり方でした。

「換えようとしてくれたんだね」

「うん」

「で、落っことしちゃったんだ」

「うん」

「残念だったね」

「うん…」

「でもさ、次女ちゃん何か、わかったんじゃない?」

「何…?」

「こうした方がいいっていう、何か」

「トイレの蓋を閉めるの」

「どんな時?」

「トイレットペーパー換えるとき」

「ちゃんと気づいたじゃん!すごいじゃん!これ、失敗したから気づいたのかも」

「そうかな…」

「だって、次から次女ちゃん、トイレットペーパーをかえるとき、どうする?」

「蓋しめる」

「そうそうそう!それならもう、落とさない!」

「落とさないね」

「もし手が滑っても?水に〜?」

「つかなーい♪」

「それに気づいた次女ちゃんはー?」

「すごーい♪」

イエーイ♪で、最後はハイタッチ。

(次女にはこういうのが一番効く)

怒るのが目的じゃない。

怒ってると伝わるのが目的じゃない。

「できるようになる」のが目的だから。

いいところに気づかせて、叱って、最後は笑って。

そんなサンドイッチで伝えることで、「ママが怒ってる」だけじゃない、いろんなことを学んで行動できるように、なっていくと思いますよ♪

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月の日程を更新してあります★

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-14 21:38:16

バレンタインとパートナーシップ♪

テーマ:├マザーズコーチ
今日は2月14日。バレンタインデーですね。

皆さんは、どんなバレンタインデーをお過ごしでしたか?

我が家は、週末に子どもたちからの手作りチョコをプレゼント、今日は私からチョコレートシュークリームのプレゼントでした。

(いつも買うお気に入りのお店で出た、期間限定シュークリーム!自分も食べたかったので家族全員分♪)

IMG_0080.jpg美味しかったー♪

そして偶然にも今日は、才能育成講座の「パートナーシップ」の回を学び直すために、私の師匠のところに行ってきたんです。

才能育成講座、昨日もそんな話を書いたんですが、自分に向き合うための講座。

これがまた、ものすごく深いのです。

で、その中の「パートナーシップ」がまた難しい。

前回お伝えした時はそれほど問題なくできたからよかったものの、どんな人でもOKとは、まだ言えない!こんな私じゃだめだ!

という感じで、私の「最上思考」が現状を許せず(笑)、もう一度教えていただくことになったのでした。

そして、結論。

学び直してよかったー!

思った以上に、深かった!

もちろん前にもちゃんと伝えているけれど、私自身の学びがどんどん深まって、鳥肌ものでした。

パートナーシップ。ここを読んでいるほとんどの人は、旦那様が相手かと思うのですが。

最初は「大好き」で「一緒にいたい」から結婚したはずなのに、関係性がうまくいかないって人も、います。

私自身、保健師としてそんな人もたくさん見てきました。

相性の問題もあるし、相手の人間性が低すぎて、DVとか依存症とか、そんなのもたくさんある。

それをどうしたらいいのか、何をしたら相手を変えられるのか。

そう思うことは本当にたくさんあるんだけれど。

相談されることも、たくさんたくさんあるんだけど。

こういうの、どうしたらいいんでしょう?

関係性には実はいろんな段階があります。

でもまず土台は、最初にどうしても必要なことは、「自分自身を整えること」なんです。

自分が整ってないと、「相手が●●してくれない」って思いばかりにとらわれてしまいます。

自分が整ってないと、自分を守るために相手の言いなりになってしまって、結局相手のためにもならなくなったりします。

自分が整ってないと、自分の望みばかりを押し付けて、相手の幸せはほったらかしになったりします。

自分を整えて、一緒に幸せになるために、ちゃんと相手に伝える。行動する。与える。

「相手が何をしてくれるか」じゃなくて「自分が何を求めているのか」「何ができるのか」ということを考えたり、

嫌なものは嫌、こうして欲しいということをちゃんと伝える。

そういうことが大切なんだと、改めて思うような時間でした。

IMG_0053.jpg

パートナーシップって、とっても大切なんです。

だって、「自分」と「自分じゃないもの」、「個人」と「社会」の境目の部分だから。

「自分のことだけ考える」っていうところから、「誰かを幸せにする」っていう成長の、一番最初のところなのかもしれません。

それは、実はものすごく奥深くて、とても幸せなもの。

「自分がどれだけ幸せになれるか」という段階から始まって、どんどん上質な関係になっていく、面白いものです。

ただ一人選んで選んでもらったその人だからこそ、一緒に幸せにになっていきたい。

ただ一回の人生だからこそ、めっちゃ楽しくて幸せを感じて生きていきたい。

そのための学び、まだまだ深めたいです♪

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月の日程を更新してあります★

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-13 21:41:51

心が変わると色々変わるってお話

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは♪保健師マザーズコーチの中見真琴です。

いやぁ、寒いですねー。

この土日は、鹿児島でも雪が降りましたよー。

南国民としては、雪が降るだけでテンションがあがるものなんですが、寒いものは寒い。

なんか最近、足がしもやけになって、妙に懐かしい気持ちになる私です。

(なんでだろう、しもやけは子どもがなるもの、みたいなイメージが)

最近ね、いつは才能育成講座という講座を、がっつりやってます。

この講座は、自分自身にがっつり向き合って、自分の軸をしっかり整える講座。

マザーズコーチ養成講座とかでももちろん自分と向き合ったりしますが、規模が違います。

去年はマザーズコーチ養成講座ばかりやっていたので(これはこれで楽しくて♪)ついつい後回しになってたんですが…。

1年ほどこの講座をやらずにいて、今改めてやって見るとよくわかります。

深い!深すぎる!

講座をしながら、自分自身も頭を掘り返しまくり。

終わる頃には受講生さんと一緒にお互い「すごいねぇ…」と言い合う日々です(笑)。

何がすごいってね、この受講生さんの変化が。

最初に言ってたのが「家族に怒らなくなりたい」ってことだったの。

どうやっても腹が立っちゃうって。

いつも頑張ってる人だしね。そりゃあ腹も立つだろうなーと思いながらの講座だったんですが。

でもね、回を重ねるごとにどんどん彼女がしなやかになっていく。

そんでもって、彼女自身も「なんか最近、家族に怒らなくなってきた」なんて言うんです。

「怒らなくなる方法」とかそんなの、学んでないんですよ。

ただただ自分と向き合って、自分の成長を止めているものとか、動きたくなるものとか、そういうものをはっきりさせているだけだもん。

怒らないように、自分の気持ちを押さえるとかそんなんじゃない。

でも、心がしっかりしてくると、「怒らなきゃいけない気持ち」になる場面がどんどん減ってくるんですよね。



このあたり、実は自分も体験があるんです。

自分のことが大嫌いで、毎日がしんどさばかりだった昔の頃。

まず、いろんな「技」を身につけようとしたんですよね。

「人に優しくしよう」とか、

「自分を鍛えるためにまず行動をしてみよう」とか。

それはけして間違いだったわけじゃないけれど。

私の人生を劇的に変化させたのは、「幸せになろう。なってもいいんだ」という、当たり前のことを心から信じられた、その瞬間でした。

その後はもう、びっくりするくらいするすると、行動も、環境も、どんどん変わっていきました。

一生懸命になって、「こんな言葉遣いをするようにしよう」とかいろんなことを意識してた頃にはそんなに変わらなかったのに、

「幸せになってもいいんだ」って思ったその後からは、恋人はできるし親ともうまくいくようになるし、結婚できるし、家族で大笑いできるし。

(なんか「これを買えば幸せになれるペンダント」の売り文句みたい(^◇^;)

でも、いろんな講座を受けてくださって、「なんか不思議なんだけど、変わってきた」というような言葉を聞くのは、こういうことなのかもなーなんて、そう思ってます。

「心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる」

っていう、言葉があります。

(出典が「ウィリアム・ジェイムズ」とか「ウエイン・W・ダイアー(心理学者、哲学者)」とかヒンズー教の言葉だとかあるけど、どれが本当かな)

何かを変えるための、一番最初はやっぱり自分の心から。

でもね、一番いい答え、たどり着きたい場所へ行く方法は、ちゃーんと自分の中にあるんです♪

こんな自分じゃ嫌だ!自分を丸ごと変えたい!なんて思ってたとしても。

他のどこかじゃなくて自分自身の心の中に、素晴らしいものがあるんですよね。

それに気づいていくを見るのって本当に楽しい♪

そこに立ち会えるのが本当に光栄でワクワクで、この仕事、やめられないんです

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月の日程を更新してあります★

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-08 21:50:23

悩んでる子どもが辛い時は

テーマ:├ママの心を楽に
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

子どもが辛い目にあっている時、うまくいかない時、親自身もものすごく胸が痛くて、どうしてあげたらいいか悩んだりしますよね。

友達と喧嘩をしちゃったり、うまく自己主張できないのを見たり。

今の時期なら受験とかもあるかな。

こういう時、どうしたらいいんだろうという相談を受けたりしたんですが、まず最初に、お伝えしたいことがあるんです。

そんな風に親の方が悩んでしまうこと、心配になってしまうこと、それは「愛」ゆえです。

子どものことが大切だからこそ、自分のこと以上に辛かったりするんですよね。

傷つかないで生きていけるよう、力を貸したくなるんですよね。

その思いは、とても素敵です。

「こんなんじゃダメですよね」っていう人もまたいるけれど、それだけ愛があるってことです。

大好きだもん。大切だもん。悩んじゃって当然ですよ。



で、その大前提を乗り越えた上で。

「愛」を「子どもの進む力にする」ママになるには、また一歩進んだ考え方があると思うのです。

子どもの悩み、挫折、迷い。

そういうものは、実は子どもにとっての大きな「学び」になります。

例えば、積み上げてきた努力が報われないことがあったとしても。

人生の中で、その涙が頑張る力になったりします。

例えば、いじめにあったなんて辛いことがあったとしても。

抵抗する、逃げる、誰かに助けを求める、その他色々の選択肢を考えたり、人の気持ちを考えたりする、とても貴重な体験になったりします。

もちろん、「学びなんだから一人で頑張れ」って子どもを突き放すことではありません。

寄り添いながら、でも子どもの視点と同じになるわけではなく、見えてない解決法を色々見せてみたり、乗り越える力があることを気づかせてあげたりすればいいんです。

安心させること。

同時に、視野を広げること。

これこそが、親ができることです。

そうすることで、子ども自身がどんどん力をつけていきます。

大好きだからこそ、子どもの辛さに胸が痛かったり、どうにかしたくなったりするけれど。

子どもにとって本当に大切なのは、自分の人生を生きていく力をつけること。

そのために必要なのは、「子どもの傷を肩代わりしてあげる」ことじゃないはずですよ。

大切であればあるほど、子どもの傷は辛いけれど。

辛い傷であればあるほど、子どもは大きく成長するはず。

大丈夫です。あなたの「愛」を、「子どもが進むために必要な力」に、変えてくださいね。

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月・3月の日程がちょっと変則的で、まだ決めきれずにいます。3つほど希望日時をお伝えくだされば、極力それに合わせますのでご連絡ください★

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-07 21:48:13

思春期セミナーでしたー

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

今日はセミナー「思春期について」のお話でした。

落ち着かない思春期の時期、どうやって伝えていくのかというようなお話と同時に、

予定していなかった性的な話とかまで入ってきたりして、なかなか盛りだくさんになってしまいました。

大丈夫だろうか。盛りだくさん過ぎじゃなかったかな。

(いつもの一人反省会です)

でもね、受講してくださった方々がどんどん熱心に、前のめりになっていくのが嬉しくてつい。


撮ってもらった写真を見て、随分髪の毛が広がってたんだと慌てる私。(またもや一人反省会中)

思春期ってね、確かにとても難しかったりする時期なんです。

自分たちも思い出してみると、やっぱりそう。

なんでこんなにイライラしてたのかもわからないくらいイライラして、すごく理不尽なことも思ったりして、とてもとても揺れる、面倒な時期です。

でもね、その揺れそのものがとても大切だったりするんです。

子どもたちは、私たちよりもずっと先まで飛び立っていく若鳥のようなもの。

まだまだ未熟ですけどね。

そんな若鳥が、自由に迷えるように、自分らしさを追求できるように、不安と戦うための安心の場を作れるように、

今日のこの時間が少しでも役に立ってたらいいなと、そんなことを思う時間でした。

参加してくださった方々、本当にありがとうございました。

ぜひまた遊びにきてくださいねー。

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月・3月の日程がちょっと変則的で、まだ決めきれずにいます。3つほど希望日時をお伝えくだされば、極力それに合わせますのでご連絡ください★

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-06 21:46:16

大変な時期をスペシャルタイムに

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

実は最近、長女と一緒に勉強の時間を楽しんでいるんです。

もっと学びたいという長女。

塾に行かせることも考えたりしたけれど、色々考えた結果、私と一緒にやることを選択しまして。

時間をはかったり、スケジュールを立てたり、問題を出したりして、なんか懐かしくて楽しいー。

長女も、「お母さんとの勉強めっちゃ楽しい!」「もっとやろう!」なんて嬉しい言葉をを言ってくれちゃうから、お母さん頑張っちゃうよー。

(時間が結構取られることを考えると、ちょっと大変ではあるんですが)

こういう「大変な時期」って、結構あるんですよね。

子どもが小さい頃もそうだけど、大きくなってもやっぱりある。

でもね、こういう「大変さ」って、確かにしんどいんだけど、でもとっても素敵な時間でもあるんです。

子どもが嘔吐下痢症になって、夜もに何度も起きて、一緒ににトイレに行ったあの夜も。

何がなんだかわからないくらい泣いて、泣き止むまでじっと車の中で見つめていたあの日も。

ピアノを続けたいのか、やりたくないのに誰かのためにやってるだけなのか、泣きながら話し合ったあの日も。

ココアを飲みながら、どうにもならない思いを聞いて、どうすることもできないけれど一緒に語ったあの日も。

確かにとても大変で、楽ではなかったけれど。

それは確実に、絆になっているんです。

だから、大変な出来事って、絆を作るスペシャルタイムだと思うんですよね。

「お母さんがお母さんでよかった」というのは、私にとってとても幸せな言葉です。

子どもが自分の人生を満喫できるように、それを手伝えるように、今までたくさん学んできたんだから。

それが役立ってるのを見るのは、とてもとても幸せなこと。

だからね、まだしばらくはこの幸せを、満喫しようと思います。



あ、そうだ。明日はこちらでした。

ワンコイン子育てお助けセミナー「思春期の子、どう対応する?」

明日お伝えするのは思春期のこと。

前回のイヤイヤ期にも並んで、結構大変だと言われる時期だけど、お互いに成長するとても大切な時期ですよね。

とはいえ、思いだけではなかなか難しい時期でもあるのは事実。

だからこそ、少しでも楽しくなれる、子どもたちの成長を嬉しく思えるような話をしていきたいと思います。

余裕のあるお部屋をとってくれているはずなんで、まだ入れるはずですよー。

今回もワンコインですし、よかったらいらしてくださいね。

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月・3月の日程がちょっと変則的で、まだ決めきれずにいます。3つほど希望日時をお伝えくだされば、極力それに合わせますのでご連絡ください★

おNEW!2月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「思春期の子、どう対応する?」

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-01 21:55:09

私がコーチをつける理由

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

今日は、マイコーチとのセッション日。

「コーチングを学んだんだから、自分でできるんじゃないの?」って言われることもあるけれど、私はずっと欠かさずコーチをつけています。

理由は簡単。

コーチをつけてるのとつけてないのとで、人生の質が変わってきちゃうから。

コーチングって、自分が学ぶまでなんなのかよくわからなかったってのは事実です。

運動とか苦手だったので、スポーツのコーチとも無縁で。

むしろ、「めっちゃ走らせる怖い人」みたいなイメージでした(笑)。

でも、自分でやってみてよくわかる。

コーチって、自分一人で生きてるだけでは見つけられないようなものも感じさせてくれる人。

おかげで人生を、より深く生きられるようになるんですよね。

例えば、スポーツのコーチもそう。

コーチの役割は、別に「めっちゃ走らせる」ことではないわけで(笑)。

自分では見えないフォームをチェックしてくれたりだとか、タイムを計ってくれたりだとか、そんなことをするのが役目の一つ。

自分でフォームも見て、タイムも計って、やることを考えて、となると、練習に集中できないもの。

私たちがやっているコーチングも、基本はそれと同じで。

毎日を生きている中に、コーチングが必須かというと、別にそうでもないの。

でも、一緒に走ってくれる人がいる、自分だけでは見えないようなものにも気づかせてくれる人がいる。

それだけで、人生の質はどーんと上がる。

そんなことを思っています。

「それなりに幸せだし、まぁぼーっとしてもいいかなー」なんて思ってたのが、コーチングが終わる頃には踊りそうなくらい元気になってたもの(笑)

実はマザーズコーチを学んでよかったなーと思うのは、まさにこれなんです。

IMG_0170.jpg

自分もコーチングを受けているのと同時に、子ども達や夫にも、コーチングをしています。

人生に迷った時、ちょっと疲れた時。

家族はみんな、私のところにやってくるんですよね。

そこで私がやるのは、共感することだけではないし、励ますことだけでもない。

一緒に話して、スッキリして、前に進む力を蓄えられるようにするのが、私の仕事だと思っているのです。

寝る前の数分間に、お昼休みの数十分の間に。

時間としてはほんの少しなのに、みんな「なんか元気になった」って言いながら、進んでいくんです。

この瞬間が、とても好きなんですよね♪

人は、実はとってもたくさんの力を持っているから。

そして、それを応援できる力も、みんな持てるものだから♪

だから、ママにコーチングをお伝えしたいんですよね。

たくさんの人が、お互いに相手の力を引き出せる、そんなことへのお手伝いをしたいなーと、いつも思ってます♪

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月・3月の日程がちょっと変則的で、まだ決めきれずにいます。3つほど希望日時をお伝えくだされば、極力それに合わせますのでご連絡ください★

おNEW!2月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「思春期の子、どう対応する?」

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-31 21:40:09

長所と短所の根っこは同じ

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

強みのこと、その人の良さで生きようよ、という話をよくしている私ですが、

実はよく勘違いをされることがあります。

皆さんも、思っていないでしょうか。

「長所と短所は全然違うものである」とかってこと。

実は私自身も昔、そう思ってました。

長所は伸ばしたいもので(でも長所と言えるものはなくて)、短所は無くさなきゃいけないもの。

特に自分のことがとても嫌いだった私は、やまほどある短所が嫌で嫌で、仕方がなかったのを覚えています。

でもね、今は違うことを伝えているんです。

長所と短所は、元々の根っこが同じことが多いの。

短所だと思ってるものは、本当は長所として使えるタネなのに、まだ未熟で使い方を間違えてるだけのものですよーって。

よくある例えで、私は「めっちゃ磨きたい、適当なところで終わりにしたくない」って考え方を持ってます。

これは、うまく使えば、どんどん向上するために頑張れる気質。

でも同時に、「いつまでも納得できなくて終わらない」って短所にもなるんです。

この気質からくる長所と短所は、ものすごく大きく出てくるんですよね。

でも逆に、「人と競争したい」って気質はこれっぽっちもないの。

どうでもいいの(笑)

なので、「ライバルがいるとすごい力を出す」って長所はないかわりに、

「負けそうになると頑張る気持ちも失せる」なんて短所もあまり出てこないのです。

どんな人も、それぞれ同じような部分を持ってるはず。

自分の短所だと思ってるものは、実は長所につながるものだったりするんですよねー。

こう考えると、「無くさなくていいものなんだ」ってことがきっとわかるはずなのです。

長所と短所って形で裏表にある自分の良さ、大切にしてあげてくださいね。

IMG_7227.jpg

そういえば、実はこのあいだのワンコインセミナー、「イヤイヤ期について」の回でも、そんな話をさせていただきました。

「イヤイヤ期は、あって当たり前です。頑張って耐えてくださいね」なんてお話で終わりになんかしたくなかったから♪

2歳児でもね、その子なりの個性が出てくるんです。

イヤイヤのやり方も、千差万別(笑)

その子の才能を見つけながら、伝わる言葉、うまくいく対応を色々紹介して、「イヤイヤも楽しくなってきました」なんて言葉をいただいて、ものすごく嬉しかった私です。

次回は2月7日。

今度は「思春期」についてです。

とはいえ、やっぱり「思春期はそういう時期ですから、嵐が過ぎるのを待ちましょうね」なんてセミナーはしたくない(笑)

なので、思春期の子どもにも、旦那様にも使えるようなコミュニケーション術、お伝えしていこうと思います。

ぜひ遊びにきてくださいねー。

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション
★2月・3月の日程がちょっと変則的で、まだ決めきれずにいます。3つほど希望日時をお伝えくだされば、極力それに合わせますのでご連絡ください★

おNEW!2月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「思春期の子、どう対応する?」

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-27 22:45:17

運動の楽しみ方

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

先日から、長女が「恋ダンス」の練習に精を出してます。

今頃?という気もするんですが(笑)、学校の遠足で、みんなで踊るんだそうで。

あれ、すごいですね。結構な運動量。

そんでもって難しい。

私も一緒にあたふたしてます(笑)。

実は長女も、運動が全体的に苦手です。

走るのも苦手、鉄棒も苦手、ボール遊びも苦手、その他いろいろも。

「体育と給食さえなければ学校って楽しいのに…」って言ってた私とそっくりです。

でもね、ダンスは比較的得意なの。

こういうところも、私とそっくり。

長女は「決まったことを」「決まったタイミングで」やることが得意なんですよね。

IMG_7163.jpg

実は昔、運動指導員の人と話をしたことがあるんです。

運動って、別に走るとか泳ぐとか、そういうものだけじゃないんだよって。

一つの分野は苦手でも、得意だったり楽しかったりする運動はそれぞれ必ずある。

だから、「自分のペースで」「やりたいことを」やっていくことが、運動の楽しみ方ですよーって言われたのですよね。

走るのが早くても、ダンスがなんか体操みたいになっちゃう子もいるしね。

鉄棒はすごいのに、球技になった途端に全然だめな人もいるしね。

バレーボールがものすごくポンコツな私でも、サッカーがちょっとできればそれでいいのよね。多分。

(昔は男子に混じって走り回ってたのです。…今もできるかな)

こんな風にね、自分にできることを目一杯やってるのって、大好き。

そしてどんどん動きがキレッキレになって行く長女が楽しすぎ♪

ふふふーがんばれー。

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション

おNEW!2月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「思春期の子、どう対応する?」

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-26 21:25:15

倒れてましたー

テーマ:◆個人的つぶやき
こんにちは。保健師マザーズコーチの中見真琴です。

ご無沙汰しちゃってました。

珍しく、風邪でダウンしてましたー。

IMG_9771.jpg

いやぁ、熱を出すことが滅多にないから驚いた驚いた。

熱があっても比較的動けるタイプなんですけどね。

今回は珍しく、激しい寒気と頭痛が…!なぜだー。

これはインフルエンザか!!??と今日になって病院に行きましたが、

陰性でした!やっほう。

しかし、病気で倒れてみると、子どもたちや旦那の(笑)成長を感じますね。

次女も「お姉さん帰ってくるまで一人で大丈夫だから、お母さんは寝てて」って言ってくれるようになったし、

長女も色々なことをやってくれているし、

旦那も子どもたちに夕食を作って、片付けをして、しっかり寝かせてくれてるし。

…うん。時には倒れてみるの、いいな。

そんなことを感じながら、ぬくぬくと布団にくるまって、ものすごく久しぶりに寝まくったのでした。あぁ幸せ。

私は幸い陰性でしたけども、インフルエンザも嘔吐下痢なども、全国的に流行っているとのこと。

どうぞ皆様気をつけて、あったかくしてお過ごしくださいね。

●こちらでお伝えします●

ドキドキ大好評ドキドキ自分の良さを語って見つけましょう
才能見っけセッション

おNEW!2月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「思春期の子、どう対応する?」

おNEW!3月7日(火)ワンコイン子育てお助けセミナー「ママの健康のためにできること」

対面講座、スカイプ講座のご希望がありましたらご連絡ください♪

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>