2005-11-02 20:47:35

台湾人監督が黒澤明賞を受賞 - 台湾45 -

テーマ:台湾

  私が、台湾で旅行した中で、その独特な雰囲気から大好きになった、九分を舞台
とした映画「非情城市」の監督としても有名な侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督が、今
行われている東京国際映画祭(なでブログの東京国際映画祭の記事 )で、「黒澤明賞」
を受賞しました。


  今回は、黒澤明賞は、第2回目で、第1回目には、山田洋二監督と、スティーブン・
スピルバーグが、受賞になりました。


  侯孝賢監督は、昨年には、「珈琲時光」という作品を小津安二郎生誕100年作品
として発表して、今回の授賞式では、黒澤作品の中では、「用心棒」と「七人の侍」に
大きな印象を持ったと語っています。


  侯孝賢監督の主な作品としては、


  「悲情城市」

   1945年から1949年、日本統治から開放された台湾の激動の4年間に生きた一家を
描いた人間ドラマ。


  「海上花/フラワーズ・オブ・シャンハイ」
   19世紀の上海を舞台とした高級官僚と遊郭の遊女との愛憎劇を描いた作品。


  「珈琲時光」
   物語は、フリーで仕事をするヒロイン(一青窈)と、古書店の店主(浅野忠信)の恋愛
模様を描いた話で、男女の心の動きや、家族との関係が描かれた小津作品にインスパイア
されたヒューマニズム映画。

  なんかがあります。繊細に人間の恋愛や家族を描くのが得意な監督のようです。


*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*


 rank  どうぞ投票クリック を。


[ PR ]
CD・DVD・楽器買うなら楽天市場!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

DIJさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■紹介しておきながら

なるほど、社長が言うならいい作品だろう。
実は、その作品は見たことがないし、小津監督の作品も見た記憶がないほどでございます。
ただ、浅野忠信は、昔から好きな俳優ではあるので、見たい作品です。

2 ■珈琲時光

「珈琲時光」かなり素敵な映画でオススメです!小津安二郎の「東京物語」に影響されたんだって!

1 ■アジアにも

有名な監督がたくさんいらっしゃるのですね。
なかなか映画を見る機会はありませんが、時間をみつけてアジア映画を見てみたいです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。