ぽむの音楽箱

コンサートの感想を主に書いていきます。


テーマ:

アンドラーシュ・シフの良さは、手首を柔らかく使って、旋律をとても滑らかに聴かせたり、軽やかに聴かせたりすることだと、個人的には思っています。

この良さが最も良く発揮されていたのが、アンコールで演奏されたシューベルトの三つの小品からの二曲目で、特に中間部の優美さは聴いていて幸福感を覚えるほどで、この時間がいつまでも続いてくれたらいいのにと思ったくらいでした。

 

残念ながら、全体的にはこの良さを感じ取ることのできる演奏が少なかったです。モーツァルトは押しつけがましいタッチが軽やかさを殺してしまっていましたし、ベートーヴェンの第1楽章の飛翔するような速い音符もたどたどしくて、流れを削いでしまっていました。音が不自然に強くなる部分が結構あり、滑らかさにも欠けていたと思います。

 

アンコールになると硬さが取れてきたのか、演奏に軽やかさが出てきました。ここで演奏されたモーツァルトはとても良かったです。バッハを聴くことができたのも満足。

 

今日はアンコールを楽しむコンサートだったのかなと思います。

 

http://classic.blogmura.com/concertreview/ranking.html?p_cid=01508538

AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。