ぽむの音楽箱

コンサートの感想を主に書いていきます。


テーマ:

寺下真理子さんの2枚目のアルバム「ロマンス」は、彼女の清潔感溢れる伸びやかな歌が楽しめます。

 

過ぎ去った素晴らしい日々を愛おしむかのようなモリコーネの「ニュー・シネマ・パラダイス」。今この時を大切にしたい、そう思えてくるような幸福感溢れるヘスの「ラヴェンダーの咲く庭で」、切なさで胸がいっぱいになるマンシーニの「ひまわり」。真っすぐな思いを伝えるかのような「カッチーニのアヴェ・マリア」。メインと思われるストラヴィンスキーの「イタリア組曲」はちょっと硬い印象を受けるけれど、映画音楽を含むこれらの歌うような曲は真っすぐで伸びやかに歌う彼女の良さが出ていて、とても素敵です。

 

中でも一番印象的なのは、ジョージアの作曲家、アザラシヴィリの「無言歌」です。ゆるやかな三拍子に乗った素朴で語り掛けるようなメロディーが、隣にいる大切な人に、あるいは、遠く離れた人へ思いを乗せて伝えようとするかのような印象を受け、とても温かい気持ちにさせてくれます。寺下さんの真っすぐで清潔感のあるヴァイオリンがこの曲の持つ純粋さを最大限に高めてくれます。歌詞もあるようですが、私は歌がないほうが様々なイメージを持つことができるので好きです。

 

このCDの魅力を一段と高めてくれているのが、須関裕子さんのピアノです。「ニュー・シネマ・パラダイス」では曲が一気に華やぎ、「ひまわり」では儚い物語に聴き手を一気に引き込み、「カッチーニのアヴェ・マリア」では真っすぐで清純な思いが溢れ出します。以前すみだトリフォニーホールで彼女のリサイタルを聴きましたが、技術的にも音楽的にもまさに完璧、といった素晴らしい演奏で、ぜひまた聴きたいと思っていたピアニストでした。このように素敵な曲で彼女の演奏を聴くことができ、とてもうれしく思います。

 

ぜひこのコンビで実演を聴いてみたい、そう思わせるような素敵なアルバムです。

 

素敵なデザイン

http://classic.blogmura.com/concertreview/ranking.html?p_cid=01508538

 

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。