本日で、ブログ終了です。

テーマ:

本日、ブログのほどんどの記事を終了しました。
編集上、閉鎖できない部分だけ、数日分残ってます。

TCSのブログを約700日分程度続けてました。
まるで、何かに取りつかれていたかのように、ブログを書き連ねていました。
効率的な研修と銘打ってましたが、あまりに長いので、趣旨に合わなくなってきました。
ブログの大切なポイントは、ほとんど拙著に記載しております。

長い間、読んでくださって、本当にありがとうございました。
また、違うスタイルで、お会いできる日が来るかもしれません。

挿入法の学会発表は、細々と続けています。
会場で、見かけられましたら、声をおかけください。

それでは、皆さまのご健闘をお祈りして、ブログを終了させて頂きます。






AD

もう少しでブログ終了です。

テーマ:

長らくお世話になりましたが、
ブログを終了したいと思います。
約6年間にわたり、効率的なTCSの習得法の探求に努めてまいりましたが、
ほぼ限界に達してきたように感じます。

内視鏡の機器の進歩もあり、
以前より格段に挿入法が容易になってきております。

このブログの役割も、一応果たせたものと考えます。
1月でブログを終了したいと思います。

今後は、違う分野の効率的な習得法を探求していきたいと思っております。

AD
今日から7月です。

ブログを開始して、7月に5日間お休みしてましたので、7月5日まで、毎日記事を書きたいと思います。

365日分書いたらしばらくお休みにしましょう。

今日は、昨日に続いて自作のイラストを使ったトレーニングです。

Sの下りです。

ビデオをどうぞ。




アノテーションを書き出してます。
①チューブの半周に赤いマジックで印をつけます。
S-topです。
②S-topを12時方向にして、屈曲の左端からアップアングルをかけた時のSの下りのイメージです。
③管腔のほぼ中央にスコープヘッドを位置させます。
④約40度ほど右ターンします。
⑤するとヘリコプターが4時半の屈曲にぶつかりそうになりますので、左アングルで、スコープヘッドを管腔の中央に戻します。
⑥さらに、約40度ほど右ターンをします。
⑦3時の屈曲にぶつかりそうになりますので、左アングル&ダウンアングルで、スコープヘッドを管腔の中央に戻します。
⑧さらに40度右ターンすると、1時半の屈曲が12時方向になります。
⑨ホバリングでスコープヘッドの位置を調節します。
主に右アングル&ダウンアングルをかけます。
⑩アップアングルをかけると、SDJを12時方向でアップアングルで挿入可能となります。
AD