4/1

テーマ:

4/1


本日より新年度。


新しい年度の始まりですね。


井原堤の桜も満開に近づきました。


4/2土曜日は、井原産業祭り。


http://www.city.ibara.okayama.jp/cms-sypher/www/event/detail.jsp?id=2196


(URLは井原市のHPです。)


お値打ちのデニム、屋台などが出展されております。

井原堤への無料バスも運行中。



4/3日曜日は、井原桜祭りが開催されます。



一部規制がございますが、駐車場無料!



土曜日は天気がよさそうですので

足を運んでみてはいかがでしょうか。




AD

井原堤~つぼみ~

テーマ:

井原市にあります、「井原堤」


小田川が流れる土手沿いのことを指します。



約2kmの桜の木があり、このシーズンになりますと多くの人でにぎわいます!



冬が終わり、やっと春の気配。



そうです。そろそろ桜の季節がやってきました!!




3/24現在。


井原堤の桜はまだ「つぼみ」


少しづつ開いてきてはいますがまだ少し寒いですね。



地元の見解から申し上げますと、


来週中~末にかけて満開です!!




そしてぼんぼりもあるので、夜桜もばっちりです!



この機会に「井原堤」をお散歩されてみてはいかがでしょうか。

















AD

スノーボードウエア

テーマ:

スノーボードウエア



お気に入りだけど汚れちゃった・・。



形は好きだけど、色に飽きちゃった・・。




という方 必見!!










見た目はきれいに見えるウエアですが

よく見ると、長年の汚れ・泥が・・。


クリーニングにかけてもいいのですが



色に飽きてきましたので、ついでに色も変えちゃいます!





まず、品質ネームを確認・・・するも、5年以上の歳月で


品質ネームが見えません・・。



長年の経験から


「ポリエステル×ナイロン」であろうと推測!!



ポリエステルサイドの染色


+


ナイロンサイドの染色



2浴染色にて



ブラック系に染色します!











そして、出来上がりがこちら!!







ポリエステルとナイロンの推測は間違っていませんでした!



うまいこと染まっています!



が、しかし、ウエアには撥水の糸などが使われており


きれいに真っ黒まではいきませんでした。





でも色は別物!


素材もすごくきれいに!




リフト券を入れておく場所のマグネットがくっついるのを忘れて染色・・。


緑が!笑





パスケースの透けてるナイロンも見事に黒になりました!笑



あとは、腰のストッパーみたいなものを取り付け!!











最後に撥水加工を加え、今シーズンも大いに使用しようと思います!!



撥水なので雨の日や、雨の釣り、船釣りなんかもいいですね!



もちろん、Cotton100%のもにも撥水可能です!




こういった個人のお客様の染め直しにもご対応させていただいております!





ご相談ください!
















AD

珈琲

テーマ:

珈琲。




和蘭堂 さんより抜粋。





特徴 「珈琲」発祥は津山藩
全国のコーヒーショップやフランチャイズ店などで広く使用されている「珈琲」という漢字は津山藩(岡山県津山市)が発祥です。
江戸時代後期、蘭学者で津山藩医の宇田川榕菴(うだだがわようあん)が考案しました。
当時の日本には概念のなかった「酸素」や「水素」など現在では当たり前となった言葉も榕菴によるものです。



ということで、先日珈琲を飲むために、岡山県津山市にいってまいりました。


津山市は、高校時代、3年間を過ごした場所であり


第二の故郷です。



でも、こういう観光には全く興味がなかったので


「Bz稲葉さん」「オダギリジョーさん」ぐらいしか有名人はしりませんでした。まさか珈琲という文字の発案者がいたとは。


まずは町並みから。

城下町の風情があります。


入口へ




おしゃれなお店です。


そして、珈琲を注文。





コーヒーカップの上に、ワッフルお菓子をおきまして温めるそう・・・。

これが溶け出すのかと思いきや・・・。



実際は現地へ!



このワッフルがとてもおいしいですよ!



井原市から、車で約3時間。


大阪・兵庫からでも3時間ぐらいではないでしょうか。



ぜひ行ってみてください。



そして、最近修理を終えた、白鷺城こと「姫路城」



今月3/27日にグランドオープンを迎えます。


真っ白に塗られ、とてもきれいです。


こちらもぜひ!!







リペア

テーマ:

デニムの加工、製品での染色を得意としていますが、


「リペア」作業も加工の一部ですので可能です!(=⌒▽⌒=)




リペアと聞くと、


穴が開いてしまった部分に当て布をして、その上をきれいに叩く!



これも立派なリペア技術ですよね!




今回紹介させていただくのは



綺麗に?ではなく



かっこよく!です。






綺麗にするリペアのご依頼も多いのですが、


このような感じに、「おしゃれ」にできます!



しかも、これらの生地は



一つ一つ色が違います。



ベース加工を施した後、



生地を一枚筒ずつ、違う加工をします。


デニムでも濃淡や、生地の組成、生地の厚さ、生地の色



すべて違います。(こんなこと、日本製以外ではできないでしょう・・・。)



この写真では

はっきり濃淡がでていますが、



これから、もう一度加工に入るのです。


そうするといい感じに生地が馴染んで



リアルヴィンテージのかっこよさがでてきます。



染まっている生地も、弊社にて特殊な染料で染めています。





そして、この写真の




グレーの糸の上に走ってる

黒い糸。


ハンドステッチのような感じ!


これも特殊なミシンを使っています。



カノコインディゴの生地がボソボソなっていますよね?



これも特殊ミシンを使用しないとできない加工なんです。





弊社にもいろんなミシンがございますので、リペア等のご依頼もお承ります!( ̄▽+ ̄*)




よいモノづくりを!