死ぬまでにやりたい10のこと

テーマ:

2012年から2013年にかけて立て続けに両親が亡くなり

「死」をとても身近に見たせいか、

「死ぬまでにやりたい10のこと」をリストアップ。

 

実は10個もなかったんですが・・・

まずは、湘南に引っ越して緑の中で暮らし始めました。

そんなに忙しいのに気でも狂ったの?とまで

言われた激変でしたが、

本当に1分1秒を幸せだとつくづく思えるようになりました。

 

特に週末に家の窓から眺める夕陽は格別。

お天気がいいと富士山が見えちゃいます・・・

 

IMG_2285.JPG

家の中にいるだけで「あー、幸せ」と思えるなんて

本当恵まれているな、と思います。

 

でも、裏を返せば、湘南鎌倉だから不便だし、

駅から遠いし、坂はきついし、

毎日通っているわけではないけれど行き来は大変。

 

それに会社のあり方を変えねばならなくて

スタッフにもやめてもらうことになってしまって

本当に申し訳なかった。

 

少しでもコストを削減するために、

モノを徹底的に減らして、余計な収納スペースを

作らなくてもいいように「空間節約」した。

 

心底やりたいと思うことをやるためには、

それまで漠然と行ってきたことを

切り捨てなければならないかもしれません。

キツイことを引き受ける勇気もいります。

 

でも、やってみるとあまりの幸福感に、

坂がきついことも、駅から遠いことも、全然平気に

なってしまいました。

 

特に夕陽を見ながらワインなんか飲むと最高です。

 

数年前には「引退したら鎌倉に住む」と思っていたけど

いつかは、なんて言わず、即刻引っ越しを決めて

本当に正解でした。

 

 

 

 

 

 

 

AD

星野源さんと複数の肩書きについて

テーマ:

星野源さんって作家、ミュージシャン、俳優の

3つの肩書きで活動していらっしゃいますよね。

ご本人のインタビューで

「昔はどれも自分の居場所ではないように感じた

けれど、今は3つの肩書きが全部絡んで自分がある」

そうおっしゃっていました。

 

それを見てちょこっと安心している小心者の

私は、昔から美容ジャーナリスト/ライターであり

 

化粧品ビジネスコンサルタント

セレクトショップバイヤー

SNSマーケティングコーディネーター

美容の企画会社社長

 

でもあります。ここ最近は

ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジスト

ディエンチャン顔反射療法アドバンスセラピスト

望診法初級指導士などの

「フェイシャルセラピスト肩書き」も増えた。

 

さらにいえば

私はコスメセレクトショップの株主で役員だった時期が

6年半、顧問としての関わりも含めると

店舗事業への関与は12年以上になります。

 

その期間、販売手法の研究をしていたんですよね。

 

美容ライターの人に販売はわからないでしょ、なんて

言われたくなかったし、2年くらい試行錯誤して検証して、

販売マニュアルを作ってしまった。

カリスマ販売員何十名に徹底して話を聞きまくって

初心者でもできそうで売れる人に共通していた方法だけを

吸い上げたんです。

 

だから販売未経験者の販売レクチャー、という

レアな事態。

こういうときの肩書きは無難に企画会社社長とか?

 

このマニュアルは作ってからすでに12年。

販売経験もないのに偉そうに?研修しちゃって

企業様にも導入いただいて、成果を上げています。

 

で、実際に百貨店やセレクトショップに十数回入店して

売上も作りました。

最初はとても勇気がいったけれど

自分のコア領域であるスキンケアの販売だし、

たくさんのお客様を接客させていただいた時間は

宝のような経験でした。

 

複数の肩書きを持つようなスタンスは、

「あなた何者?」と言われるけど

1つ1つが掛け合わさってシナジーを生みます。

私の場合はコア領域のスキン&ヘアケア・インナーケアを

出ないようにしつつ、ピンときたら飛びつきます。

 

2つの得意ゴトを組み合わせれば、新しいものになり

3つ、4つなら、もっと尖ったものになりますよね。

今、エキサイティングなアプリ開発に関われるのは

その複数掛け合わせのおかげ?

 

ただ「あなた今は何者?」と言われても

気にしないメンタリティは必要ですけどね。

 

#複数の肩書き

#美容ジャーナリスト

#SNSマーケティングコーディネーター

#セレクトショップバイヤー

#化粧品ビジネスコンサルタント

#フェイシャルセラピスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

昨年から@コスメのアイスタイルさんの

グループ会社ISパートナーズの顧問をしています。

何回かライティングの研修をさせて頂いていて

昨日は「よりクリックしたくなる、購入ボタンを押したく

なるライティングの法則」の研修をしてきました。

ごく最近も「奈部川さんよりブロガーさんの方が

俄然原稿がうまいよね」などと言われ放題で

原稿書きが下手な私が研修?、、、、と

昔からお世話になった人たちから笑われそうですが

 

下手だったから誰にでもわかるようにマニュアル化したい、

その思いはエベレスト山並みでした。

で、「奈部川式 4F原則」なるマニュアルができて。

 

最初は社内のスタッフ研修用の資料だったのですが

今はこうして企業で活用していただいています。

 

このマニュアルで百名以上にレクチャーしてきて

勘のいい人はビックリするほど早く書けるようになり

ISパートナーズさんでも

有能な女子達がビシビシうまくなっていて

私よりずっとすごい書き手になっています。

 

昔から、私は、自分のことは棚に上げています。

大して知らないのに、出来ないのに、

スタッフを教えなければならなかったわけですし。

「上手になってからじゃないと、人に教えるなんて

やってはいけないよね」

などと妙な謙虚さを持つ必要はありません。

 

人にレクチャーすることで成長するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD