ポポンデッタに立ち寄ったら中古の山の中に古臭い紙箱。中を見るとぶどう色の電気機関車。古い鉄道模型のようだ。カワイモデルというと神田の鉄道模型の老舗。日本で一番古い鉄道模型メーカーとも聞く。このEB電機、なんだか短い。今で言えばバンダイのショーティのようにデフォルメした模型だ。古い鉄道模型はこのようなものが多かったのだろうか。

 手にとって見るとずっしりと重い。真鍮製でモーター付きの豪華なものだ。2700円。多分桁が間違っているのだろうと思いながら即購入。この日は一日中幸福であったよ。

 ついでにTamTamでヒルマモデルクラフトの紙製組み立てHOストラクチャ「車両基地」(1万円)と「乗務員詰所」(6千円)を購入。本当に幸福であった。
AD
 トラムウェイから玉電HOが出ないので痺れを切らしていたら、秋葉TamTamでMODEMO江ノ電プラモ(約1500円)を見つけ2個買った。1個は保存用である。プラモだがHOサイズなので台車や駆動装置を付ければ立派に動くし見た目も良いだろうと思って買ったのだが・・・それは正解であった。この間購入した都電HOもMODEMOのものであるから信頼して良かった。なんでも再販売したそうだから以前からこのモデルは流通していたのだろう。

 パンタグラフかトローリータイプか選択できるようになっている。とりあえずはパンタグラフを付けた。で、なかなかかっこいい。車内はスプレーカラーで塗装したが、まだ外側はグリーンとクリームとの塗りわけをしていない。

 

MODEMOの箱



色塗らなくちゃ・・・

 そういえば、マイクロエース製の「満鉄パシナ」を修理に出したままだったが、ひと月経ってやっと修理からあがってきた。宅配便で届いたパシナを見ると、取れたロッドがきれいにくっついている。お?請求書がない。つまり・・・無料だって事だ。さすがマイクロエース、メーカーの姿勢がわかってファンになった。パシナは中古で購入した。パシナを購入したネット通販元に問い合わせても返事がなかったのでメーカーのマイクロエースに電話したら「送ってください」と親切な返事。で、早速送ったのだがひと月経っても戻ってこないのでまたまた電話したら。「もう少し待ってください」との返事だったのだ。それがすぐに戻ってきたのだ。で、またまた電話。「修理代の請求書が入っていないのですが・・・」と言うと「簡単な修理だったから修理費を請求しません」との返事。嬉しいネエ。

 
 TOMIXの神社キットが再生産されたようで店頭にいくつか並んでいたので、思わずゲット。下記のように「わた飴売り」「焼きそば売り」等の縁日セットも同時購入して並べてみた。



これだけはKATO製の神輿セット。人形16名付き





 GMの東武8000系が再生産されたようで前後の2輌を買ってきた。中間車4輌があるので、半年経ってやっと東武野田線6輌編成にすることができた。街並みもついでにこしらえてみた。



AD
小田急2200系(多分・・・)の塗装済みブラスボディを秋葉で見つけ即購入。ブラス製の窓枠も付いていたので、それに塩ビ板を切って貼り、1輌分の窓完成。
窓枠は2輌分なかったので窓枠をコピーして、それに塩ビを貼ってカーテンをひいた窓枠を1輌分だけ表現。これはこれでなかなか気に入っている。
パンタグラフもHOサイズのものを購入していたので、それで間に合わせた。問題は台車と動力である。
最初はARIIのブルトレ客車プラモデルから台車を外して取り付けたが・・・安っぽい。
やっぱしHOサイズの台車が欲しいなあって思って探していた・・・。

そしてある日、目黒へ営業に出かけた際にカツミで台車を2輌分購入。
動力は5000円以上するので、購入せず。とりあえずジオラマの線路に乗りさえすればOKなのである。
台車取り付けもNゲージのようには感嘆にはいかず、台車も一応組み立てて、さらに車体には「なんとか針」と言うねじで取り付けるのだ。
1輌の床板には動力台車を取り付けるための四角い穴が空いており、ここにプラ板を貼って穴を開けて台車をねじ止めした。
面倒だが、きちんとしたものを取り付けると・・・なかなか格好がいい。

ジオラマは崖にかかる鉄橋シリーズなるものを製作していこうと思い立った。
街や駅のジオラマは、建物主体で、人や車を配せばなかなか複雑で面白いが、それなりにコストがかかってしまう。
自然シリーズならば、材料は鉄橋に新聞紙、石膏、石膏プラスターなど安あがりなもので済んでしまう。
自然の主体は木であるからお金がかかるとすれば木だろう。木はトミーテックのものだと「おもちゃ」っぽいので気に入らない。
そこでKATOが輸入販売している「ウッドランドシーニクス製 樹木シリーズ」(大半は1500円強)を植樹していくのだ。

崖や岩を塗装するための塗料も水で薄めるから安上がりだ。

あ、忘れていた鉄橋が高いのか? といってもたかが知れている。この間なんかポポンデッタでHOサイズの大きな鉄橋を2つ買った。合計3千円。



こちらは津田沼ユザワヤで見つけたMODEMOの都電HOモデル。津田沼ユザワヤにはこういった珍しいものがたくさん隠れています

 おっと・・・ブラス製の電車は小田急色だが2200系じゃなかったみたい。小田急のHP見たら全然違うんだもん。こりゃ一体なんだ?



写真はまだカツミで購入した台車を付けていない時のもの この時点の台車はARIIのプラモ ブルトレの台車を外して付けた



カツミの台車を付けたもの
AD