なんだか本格探偵小説調の推理番組が増えた。昔は「トリック」に「ケイゾク」ぐらいだったのに東野原作の「ガリレオ」の登場で、日テレ「キイナ」、フジ「ヴォイス」と増殖している。相棒も本格トリック推理ものがいくつもあって面白かった。でも最近の「相棒」は社会派に傾いていてちっとも面白くないと思ったら、来週の最終回には八墓村みたいな予告編で新相棒はミッチーになるみたいだし・・・。

 特にキイナは酷いものである。推理好きならば誰でもが知っているようなトリックと言うかネタを得意げに披露する。ったく、当初は期待して見始めたのにがっかりなのである。ただし、速読でばらばらっと本を読んでいくと言うのは面白い。それなのにそれが何にも活かされない。

 その点、「ヴォイス」は、まだいい。犯行方法を推理するのではなく、なぜ、どういった状況で死んだのか?をやや化学的な方法を用いながら推理していく。結末のほとんどは、お涙ちょうだいものであるのもなんとなくいい。

 でも・・・袴田ってなんでいつも犯人役なんだろう?
AD
 子供の頃の夢を叶えるというのは凄く嬉しいし幸福である。夢と言っても金出しゃ買えるくらいのくだらないちっさな夢の事だ。これまでもギター、怪獣のでっかいフィギュア、NやHOゲージの電車にジオラマ、戦車プラモなどの大人買いのことだ。

 今度も退職金貰ったので“卒業祝い”ということでヤマハのサイレントヴァイオリンを秋葉のヨドバシカメラでナマコにおねだりして買ってもらった。そうそう、おいらは病気のナマコを利用してなんでも欲しいものを買っちまうのよ。酷い旦那である。何だよ、悪いのかよ? (笑)

 早速帰宅してケースから出して弾いてみる(気分ね)...しかし、、、音出ない。くくく不良品? いいえ、ねじ回して弓の毛を張るっても知らなかったし、弓毛に松脂を塗ると言う事もじぇんじぇん知らなかった。買ったはいいけど弾いても音が出ないのは当たり前である。幸い弦楽器は好きだから、各弦のチューニングはすぐに出来た。当たり前か? 

 ネットや本を見ても親切に解説していないからわからない。ただ弓を張って、松脂を塗るのは理解できた。しかしどのくらいのテンション(テンションってのは張力の事だから、こういうときに使うのだよ。気分の高低に使うなよ芸人)で弓毛を張ればいいのかとか松脂をどのように塗るのかも解説されていない。ヴァイオリンを遊びで弾く馬鹿用に親切に解説したモノがないのだ。

 しかたないから昨日、新小岩の義母の墓参り~市川のプラモデル屋探し~市川真間~船橋の職安登録の流れで職安と同じビル内にある伊藤楽器 弦楽器専門店の女の子に聞いてみた。

 「あのー、ヨドバシカメラでサイレントヴァイオリン買ったんだけど教えてくれる?」非礼さに怒る事なく店員の女の子は「はいはい」と親切に教えてくれるのであった。弓のテンション具合と松脂の塗り方も教えてもらった。弓毛は弓と弓毛の間に指が一本入るぐらいに張る。弓毛に塗る松脂は紙ヤスリで表面を擦って白くなったらそれを塗布。

 ただで帰るわけにいかないから安いだろうと思ったので「松脂 GUSTAVE BERNARDEL」と「DOMINANT の弦1セット」を買った。で、清算して驚いた。1万円もしたのだ。うううう。ヴァイオリンというかクラッシックの道具って高価なのね。参った。

 帰宅して弓を張り、松脂を塗る。ンで、弾いてみる。「ヴィイイイイイイイン」やった!音出た!ヴァンザアアイ!貴族のお漫才「ルネッサンスゥ!」


AD

目が覚めるほどの鮮やかなるグリーン・・・のグラウンド

先週・・・巨人戦のナイターを後楽園ドーム球場まで見に行きました。生まれて初めての現場での野球観戦です。

プロ野球とかスポーツとか・・・って金たくさんもらってる奴って嫌いなのよ。
義妹が「どうしても一緒に行ってくれ」って言うから行っただけで、好きだから行ったわけじゃないけど、
観戦する人たちの気持ちは理解できるようになりましたね。野球ファンはたいしたもんだ。

で・・・まず球場の明るさと目が覚めるような鮮やかな人工芝の緑の色に驚きました。
それに球場ってのが、こんなに広いものなのか・・・って感動しました。
2日前にはナマコがここで「Kinkikids」の39コンサートを見たんですな。
いやーーーーこの人工的な景観・・・って感動っす。

で、おつまみチキンとポテト食いながら飲めないくせにビール飲んでたら・・・
目の前がくらくらっとして不覚にも意識がどっかにいっちゃって、野球観戦どころじゃなかったのですがね。

広いグラウンドに少ない選手たちが整然と並んでいる・・・そこにホームランがポーーーーンと飛んでいく・・・。
幻想的な美だね。幻想美だね。

普通のコンサートみたいにいっぺん席に座ったら動けないみたいな窮屈さがなくて・・・一種ゲームセンターとか映画館みたいな感じですな。

で、観戦してると、急角度の観客席のスロープをでっかいタンク背負った若い姉ちゃんたちが駆け下りたり駆け上ったりしてるのよ・・・。これも初めて目にした「飲み物販売姉ちゃん」たちだ。積極的な営業にスマーリーな笑顔で、ぱたぱたと走りまわる彼女らに、えらく感動した。やばい。涙も出そうだった。ろくでなしの営業である自分が情けなく思えたのよ。参った。降参だ!


急な斜面を駆け下り登る元気な姉ちゃんたちに乾杯だ!!!

巨人対横浜戦なのだが、選手は巨人の高橋よしのぶに阿部っての以外は知らなくって・・・。
谷って・・・ヤワラちゃんのだんなかい?


土産に買ったカタカタ(正式名知らず)
AD