趣味の人生

テーマ:

雨宮ゼイラムのイリアと女子高生2体


Nゲージ試運場に突如現れた雨宮 鉄鋼機ミカヅキ&火野アカネ操縦のロボット月光機2体(初号、弐号)に対するスイカイドム、フウリンイドムに・・・もうひとつは忘却。そこになぜかバルゴンも登場したのだった


ビリケン商会製エレキングと対するセブン・・・アイスラッガーがなくなってしまって、エポキシパテで製作中

 最近つくづく思う。俺の人生は趣味のみの人生だったと。これもずいぶん前のものだがゼイラムのイリヤや女子高生のフォギュアに丁寧に塗装したことも懐かしい。ん?変態?あったりまえじゃんそんなの。スーパーのチラシ写真でオナニーしたことのある俺を馬鹿にすんなよ(笑)。

 でも、写真ではわからないだろうが、自分でも細かく塗装したもんだとため息が出る。最近は不器用なのが露呈されたのだが、このフィギュア制作当時は顔の細かな部分まで明細筆で塗っているし、イリヤの衣装や武器などの塗装もかなりリアルである。ここまで真剣に塗装しているというのは病気だ。

 趣味は俺の人生・・・子供の頃は少年や少年画報、ぼくら、まんが王、ガロ、COMなどを読んで漫画を描くことを決心する。怪獣や怪奇なものがが大好きで怪獣のソフビ人形を収集。この頃ひとりで映画鑑賞も開始。中高生では35分の1戦車プラモにはまって、同時に探偵小説にのめりこむ。自分でも幼稚な文章を書いて友人達に回読させる。同時に拓郎が現れた時点でフォークギターを始め、大学ではエレキの洗礼を受けると同時にベースも購入。大学中退で漫画を再度描き始めると同時に油彩やエッチングなども開始する。ニューウェーブの登場によって暗いレコードを収集開始。同時にノイズに関するものすべてを収集。怪奇映画からホラー映画に発展。ビデオにLDの登場によって怪獣ビデオにホラーLDの収集。相変わらず怪獣フィギュア、Hなフィギュア、探偵小説、怪奇小説、ゴシック小説、レコードを収集継続・・・。金がなくなって500枚くらいあった暗いレコードを売却。桃源社探偵小説シリーズも売却。どういうわけだかオヤジのパジェロを運転したことから四駆を乗り換えて関東近県のオフロードを走る。キャンプ・・・アウトドアにはまる。ルアーフィッシング開始。気まぐれでNゲージ購入するも運転場所がなく即押入れに・・・。しばらくしてフライフィッシング開始。ルアー収集にフライロッド、リール収集・・・。自己破産・・・。ヴィンテージルアーやリールを売却。

 破産からすぐにボーナスにてギター収集開始。相変わらず怪奇なもの暗いものが好きで、関連のものを収集。CDは紙ジャケ販売開始によって収集開始。DVDの時代到来で怪奇怪獣DVD収集開始。破産から7年経過・・・残ったNゲージによりジオラマ制作開始。同時にでっかいHOも収集開始。CDほとんど売却。さて次は????
AD
初出勤 ?

安い事務所内・・・菅野美穂が責任者らしい。TV制作会社? 人は10人くらいいる。
以前見かけた新人社員も数人。俺の以前の席?に若い男が座り、椅子を倒して足をかけている。
そこに行って「俺を使うのか使わないのか」と菅野美穂に言う。菅野は笑っている。使わないのだ。
明るく(実際は少しがっかり)「悪いことばっかりだと逆に踏ん切りがついて何ごとにも動じなくなる」なんて悔しがっている。
飲み屋街・・・にぎやかである。会社からいつに間にかついて来た数人。年上1人、年下新人社員?1人・・・。

「のみに行こうや」と年上。俺は帰りたいがしかたなくつきあう。しかしズボンのポケットをさぐると千円札1枚?
ま、いいかって店内に・・・。焼き餃子らしいもの千円。かぼちゃを丸ごと茹でて小槌のようなものでぶったたき潰す料理千円。
かぼちゃは丸ごと1個なのに嵩が少ないのが変だ。

普通に美人なおかみさん? 俺は両方の料理を食いたくて両方を注文。ズボンから札を出すとなんと6千円じゃないの。
5千円札を渡す。「ヨネは?」とおかみさん。ヨネというのは米らしい。「米なんか食えネエよ」と俺は言う。
なんかそんな様子がおかしくて、連れのふたりに「この人変だね」とおどけて言う。
おかみさんを好きになったらしい。おかみさんは売れない女優で次の公演に来てくれと言っている。
おかみさんが出演した映像が俺の頭のなかにイメージで流れる。
AD

ブログの悪夢

テーマ:
ブログは個人的な日記を見知らぬ不特定多数の人間に読んでもらおうという所謂「露出狂」の行為なのですが、小説家や評論家や芸能人になれない寂しい人間が「憂さを晴らす」ための悲しい行為でもあったのです。

ブログ人口が少ない時にはいかに日記とはいえ「良心的で参考になる」ものが多かったのですが、今はめちゃくちゃでデジタル弊害とも言える妙なものが多いのです。実際は知りもしないくせにあちこちからの引用にとどまり、まるで「その道のプロ」たるかのように音楽や映画を語る偽者の多いこと。

僕なんかもその一人でしょうが、勉強研究の為にはお金なんか惜しみません。貧乏でも高価なものも実際に購入しニコンD200で撮影しブログ化してきました。

しかし、前述したように本当にけちで貧乏な輩は偽ものの役に立たない情報で客寄せし、しかも、その目的が不明という異常性を露呈しています。それでも結ランキングは上位に入っているという奇妙さ・・・。僕には理解できません。

芸能人や小説家やその道のプロであれば、個人ブログを持ち、宣伝に励む・・・というのであれば納得できます。だが、偽者たちの目的がわかりません。単なる人集めでコミュニケーションをはかりたいだけでしょうか? それとも「物売り」なのでしょうか? 

それが目的というのならば、僕には理解できない利己資本主義的な異常行為でしかありません。ん? それは人としてまともな行為だって? それならば僕のほうが「無目的」なのですから一般的には僕の方が「異常」になってしまいます。

困りました。それではブログを継続する意味がありませんな。そろそろ飽きてきましたね。ブログなんかやめて自費(慈悲)出版した方がいいですな。
AD