俺はキャシー中島の娘さんの死の方が痛いよ。旦那がダンサーだから(明らかな職業差別である)受動喫煙しちまってたのだろうね。

マイケルも忌野もそんなもの死んでもどうでもいい。俺は個人的に無職になっても文句も言わない奥さんや脳梗塞で倒れた実母の方が心配だ。毎日をどうにかやっと生きている人間にとっては、世界的なスーパスターも日本ロックの神も何の価値もない。

生活に困っている人間には外人の英語の歌聞いたって、英語のようにふにゃけた歌い方する聞きとりにくいエセロックなんか心の支えにもなりゃしない。

心のない自分を憂いなさいよ。他人が死んだって関係ないじゃないか? 俺だって虚構の世界のキャラでは人生の師であったフランキー堺さんや植木等さんや赤塚不二夫さんや手塚治虫さんや吉村昭さんなんかとっくの昔に亡くなっているけど俺は悲しんだこともない。だって、みな死ぬんだもの。

身近な者の死ならばともかく、なんでみんなよく知らないくせに有名人が死んだら「おひょーーーーー!!!」なんて嘘くさい涙流せるんでしょう? 理解できない。

偽善大国アメリカはもう終わりなんだな。北朝鮮なんて小国にも何も言えないばかりか、気がついたら周りはアメリカ嫌いな国ばかりになっちゃって・・・。

マイケルのことだって、異常者、犯罪者扱いして敬遠してきたくせにさ。お前らがことが起こってから慌てたりするんだけど、ちょっと涙流してお祭り騒ぎしたら、すぐに忘却しちゃう知能の低さ・・・・。

整形化け物歌手だって、生前からきちんと生活保護フォローしてあげてれば死なずに済んだんじゃない? 

ああ、やだやだ・・・。いやだいやだ・・・(塚本晋也:悪夢探偵より)。
AD

ヒガシクニハラの怪

テーマ:
ヒガシクニハラは卑しい人間だが、所謂、金もうけ主義ではない。だから表向きは“頼りになる高潔な人間”のように見えることもあった。それなりに政治について勉強しているし、何も知らない癖に重要な法案を素通しし、国会で寝てばかり

要は「名声とSEX」だけが生きるための目的であった。

わざわざ自民党の詐欺師のひとりが佐土原藩まで出向いちゃったものだから、暴力と淫行と摩羅損に明け暮れた底辺芸能人は自惚れた勘違いをして遂に本性をむき出しにしちまった。

地方分権だけでよかろうも。総理大臣なんてあの世でなってくれ。
AD