衝動買いしたキヤノン パワーショットG9

 またまた再度、関東鉄道常総線の旅。
 関東鉄道が好きになっちゃったのだねえ・・・。それに今回はニコンの一眼D200ではなく、新たに導入したキヤノンのG9の撮影度を確認したかったのだ。
 12時過ぎに出発。東武野田線「流山おおたかの森」でつくばエクスプレスに乗り換え、「守谷」へ。守谷から関東鉄道常総線で前回の「水海道」を経て終点の「下館」まで行っちゃったのだ。

 守谷駅に着いてホームに行くと、1輌編成のキハ2402「下館行き」が止まっていた。そこに「水海道行き」の別な2輌編成のキハ007が到着したので、それに乗って水海道に・・・。水海道で車輛は回送となり、そこに先ほど守谷駅に停車していたキハ2402がやって来た。


下館行きキハ2402


守谷駅ホームに入ってきた水海道行きキハ007

 小絹駅と水海道駅の間に関東鉄道車輛基地がある。僕が前回水街道駅から徒歩で見学に行ったところだ。今日は走る列車の中から水海道の車両基地を通過するときに例のDD502の勇姿を見ることが出来た。



 本当は、この前同様に水海道駅に降りて、DD502がいる車両基地まで歩いて撮影したかったが今日は下館に行くので車内から撮影したのだった。でもこうやってDD502が全開で見られるなら歩いて行っても損はなかったかな? でも疲れるからやめた(笑)。

 しかし、DD502のように昔の車輛はかっこうがいい。ディーゼルでも電車でも時を経て新しくなるほどデザインが悪くなる。世代が新しくなるほど一見すらっとしてるが中身がブサイクになるというのは人間と同じだ。関東鉄道には、ほかにキハ353(白とオレンジ)キハ101(オレンジ)、キハ102(白と青)、キハ3518(青)などが現存している。鉄道マニア初心者のための首都圏近郊鉄道といったところだ。ちなみに僕は詐鉄だからあまりこだわりはないのよ。

 水海道から下館に向かう。電車は各駅停車だから多少イライラするし、水海道から下館までが物凄く遠く感じる。おまけにガタンゴトンと走るディーゼル車に揺られるとなんだか眠くなる。うとうとしながら車窓からの景色を眺めていると、筑波山が近づいたり遠ざかったり(路線がジグザグに走っているせい?)して幻想的である。 

 下館駅までの途中には、深田恭子の映画「下妻物語」で多少有名になった下妻駅がある。駅を出発して車窓から遠くを見ると本当にJuscoがあり、笑ってしまった。常総線の途中には田園の中からや満開の桜の木を挿入しながら(今回は早すぎた。おおたかの森あたりは満開に近いが、守谷から下館までの桜はまだ咲いていなかった)など列車撮影のポイントがたくさんあった。桜を入れて撮影するならば「黒子駅」がよいようだ。田園の中から撮影するならばどこでもいい。常総線のほとんどが田園地帯だからだ。

 下館駅に到着。5番線が常総線で階段を上って左に歩いていくと改札口がある。途中に水戸線、改札へ行かずに左に行くと1番線に真岡鉄道のホームがある。真岡鉄道にはDE10と車種がわからない妙な模様のディーゼル1輌(モオカ14型っての?)が停車していて、数人の人が大急ぎで走っていく。出発間近だったのだ。


本物のDE10 左は真岡鉄道のディーゼル車


DE10のHOゲージ

 DE10は好きなディーゼル車で、NとHOの両ゲージを所有している。こうやって比較してみると、やっぱり本物とは違うよなあ・・・。

 下館から真岡に向かおうと思っていたのだが、なんだか空が暗くなって雲行きが怪しい。それに3時だ。中止だ!

 改札口を見ていると僕と同じで「頭の弱い」感じの大人だか子供だか判断できないような男が改札から出ようとしてピンポンピンポン!と警告音を鳴らしている。諦めたのか改札を出ずに真岡鉄道ホーム方面に消えた。

 とりあえず駅から出て駅前の景色を見る。ところがこれが駅前なんてもんじゃなくてなんとも不思議な風景なのだ。一応駅前にはボーリング場なんかがあるビル「下館スピカ」ってのがあるのだが、なんせ人がいない。駅前には青木繁の絵「海の幸」の置物?がある。青木とこの街は関係があるのか・・・多分ないのだろう。この先に美術館があるから「美術の街」とでも言いたいのだろうか?そういえば水海道駅にも「街の人たちの絵」を飾った通りがあった。ここら辺は芸術家地帯なのだろうか。

 駅に戻って切符を買おうとすると券売機が全部“準備中”となって買えない。しかたないからみどりの窓口に行って「守谷まで2枚」と言うと「つくばエクスプレスに乗るのなら改札に入って5番線で切符を買ってくれ」と言われた。ピンポンピンポンとまた自動改札機が鳴っている。またさっきの男だ。今度は強行的に改札を突破しようとする・・・すると改札の止め羽(なんていうの?)が閉まる。しかし彼はそれをものともせずに「ふんっ!」て具合に押しのけて立ち去る。駅員は追いかけて捕まえようともしない。おかしなところだ。

 次は4月のSL運転日に真岡鉄道に乗ろうっと。

 再度常総線で守谷に向かう。帰りは意外に早い感じで守谷駅でつくばエクスプレスに乗り換え、おおたかの森で降りて、駅近くのシネコンで「燃えよ!ピンポン」を見て帰った。映画が馬鹿すぎて肉体的にも精神的にも非常に疲れてしまった。


真岡鉄道ディーゼル車 モオカ14型 趣味の悪い模様




帰りの常総線キハはワンマンカーで、無人駅では整理券を取って、料金清算機なんかもあってバスみたい




水戸線の電車に真岡鉄道SLのキャラクター?青木繁「海の幸」のモニュメント?


常総線の駅にはこうやって切符を回収するおばさまもいる
AD

詐鉄な話「鉄模の一日」

テーマ:

やっと完成した和式客車。車体横のラインは付属のシールを切って貼ったのだが、太すぎるし、汚い。しかも緑色のシールはずたずたになってしまったのでベージュ色を他に貼った。とほほ


プラモデルのHOとトミーテック“鉄”シリーズを並べると、こんなに大きさが異なる


この間、横浜鉄道模型展で買った相鉄線のNゲージ“鉄”シリーズ(トミーテック)
AD
 今度は未塗装の鉄道模型を組み立てた。前回はGM(グリーンマックス)の塗装済み東武8000系を作ったが、今回は塗装されていない同じくGMの和式客車5輌を組み立てようと思った。なにしろ安い・・・秋葉TamTamで買ったのだが2058円であった。安いには理由があって、車窓のガラスなどがぺらぺらの薄いプラ板なのだ。結構安っぽいのだ。しかし、これこそが鉄道模型の醍醐味であることがなんとなく理解できた。

 再びしかし、不器用なおいらには荷が重い・・・。GM製のものは、車輛だけでなく建物など、シンプルでほとんど箱型のものを接着剤で組み立てていくのでなかなか面倒くさいのだ。角がはめ込み式ではなく、面接着なので、接着力を強化しようとして部品を押さえるとカポンと外れて・・・接着剤だらけになってしまって仕上げも汚いしなあ・・・。仕上げが汚いのは塗装でカバーできるのでいいのですがねえ・・・。

 組み立てに入ると、意外に簡単なことがわかった。慣れてきたからだろうか?あっという間に5輌の車輛を箱型に組むことができた、少し乾いてから「ぶどう色」に塗装した。本物の81系東京南局編成は、スロフ前後2輌(鳥越、柴又)とスロ4輌(湯島、深川、花川戸、向島)編成らしいが、このセットは5輌。スロが1輌足りないのだ。車輛の色は青にライトグリーン帯、続いて青に色帯2本となり、その後、水戸局へ転属してからは、ぶどう色にグリーン帯へと変更された。おいらがぶどう色に塗装したのは水戸版にしたかったのだ。

 その水戸版での和式客車、先週に出かけた関東鉄道常総線にて数回、同鉄道の名物ディーゼル車DD502が牽引したということが鉄道の本に書いてあったので、「おお!俺が目撃したDDが牽引したのか?」っと・・・感動して、この和式客車を購入し、ぶどう色に塗装したのだ。ただし、グリーンの帯・・・セットに同梱された帯シールをカッターで切り損ねちゃったので、帯は省略した。わざわざ帯を引くこだわり感なんか持ち合わせていない。


屋根塗装ではメンディングテープではなくセロテープでカバーしてグレーを吹いて塗装した


 車体はぶどう色、屋根はグレーに塗装スプレーを吹いて仕上げた。なかなか適当ないい加減な詐鉄者らしい判断で、本物の「鉄」でなくてよかったと思うのだった。なにしろおいらは生まれてこの方「強いこだわり」を持ったことがない。素晴らしい人間であるな・・・と自分に惚れ惚れしちゃったのだ。

 塗装はまあまあなのだが、塗装してから失敗に気づいた。スロフは前後に接続されるので片方には貫通幌がない。スロフはいい。その通りだった。しかし、問題はスロ3輌だ。前後両側に貫通幌を取り付けなければならないのに、スロフと同じ片方だけに取り付けてしまったのだ。がーん!ま、いいか・・・ってそのまま屋根にベンチレータを取り付け、インレタを貼った。接着して・・・よく見るとベンチレーターはばらばらな位置に、インレタは左右違った番号を貼ってしまった。なかなかでしょ?こうなると何がなんだかわからなくなって出来たものは実にいい加減な代物となる。いひっひひひひ。

 一番辛いのが車輛床下機器の接着だ。部品が細かくて閉口。これも一部省略してしまった。

 81系和式車輛は、61系鋼体化客車のひとつであるオハ61形を再改造したもので、台枠等の下回りは多少時代に製造されたものである。終戦後に大型木造客車の台車、台枠を利用して・・・ああ、めんどくさい。やめたやめた。などということがセットの箱裏に印字してある。

 それはともかく・・・模型店の店頭で完成品のNゲージ鉄道模型を見ても・・・なんだかつまらなくなってしまった。あまりにも小さいそのかわいらしい姿は、大きな16番に比較すると、あまりにもおもちゃ的なわりには高価なのだ。

 だからNゲージの楽しみ方は、完成品を購入せずに(主にGMの)組み立てキット制作に切り替えることとした。完成品はHOゲージを購入し、Nゲージは組み立てキットを組んで怪獣ジオラマ化しようと決心した。さあて、次は何を作ろうかな?京急だろうな?


インレタが大変なんだよなあ・・・


床下機器も細かくてリアルなGMのキット
AD