星新一の伝記を読んでいます.それで驚いたのです.星というのは星製薬の星一が有名ですよね.星一は僕が生まれた福島県いわき市というところが出身地です.僕の叔母が星家に嫁いで「星新一の親戚」というのは子供の頃から知っていたのですが親戚と言っても「遠い親戚」であろうと軽く考えていたら違うんですな.

 本を読んでいくと、いきなりいわきで幼稚園を経営している叔父さんの名前が出てきました.取材されて結構な量を話しているのです.驚きました.え?大した事無い?それがどうしたって? 他人はそう思うかもしれませんが僕には驚きなんです.しかも自慢できる事なのですよ.僕は生来のろくでなしだし、何も自慢できるものが無いですからね.惟ぐらいいいじゃないですか.

 叔母が嫁いだ星家は星の本家であり、星一が生まれた家なのですよ.星一は50歳過ぎに結婚し子供が生まれます.それが星新一です.叔母が嫁いだ星本家の...ア、めんどくさいな、つまり、叔父さんと星一は年が離れていますが「従妹」なのですよ.新一は叔父さんと4歳しか離れていませんが甥にあたるわけですね.星一が学資援助をした最後の人間が僕の叔父さんなのだそうです.

 星家と僕とは血がつながっていませんが、なかなか近い親戚なのだなと自慢したかったのです.

 そういえば総入れ歯、実は僕の家系も会津猪苗代では、結構な血筋なのです.またまた自慢です.たまにはいいでしょう.筋が良くても僕はろくでなしですから...ほんとにたまには自慢もね.

 猪苗代出身の野口英世の祖父はうちの家系の人らしいです.岩波書店の同時代ライブラリーの1冊、中山茂:著の「野口英世」を読むとそれがわかります.

 野口家は貧乏な百姓の家ですが、ここの人たちもいい加減な人たちで構成されていたようです.うちの家系から婿に入った英世の祖父も野口家に婿に入ってすぐに失踪するようなろくでなしだったようで、彼はしばらくして野口家に戻りますが、実は同時期に彼の嫁さんも失踪してい増した.嫁のいない家に長居は無用と、彼は、すぐに会津に武家奉公に入り、幕末は京都へ向かいます.

 野口英世というのは身体障害のあることをいいことに、無心のし放題で、でたらめな金の使い方をして周囲の人たちに迷惑をかけた人です.その妙な才能が僕にも備わっている事に気づいて驚きます.

 野口英世のアメリカ医者修行の出資者のひとりが星一なのです.野口と星は同時代の人ですが、うちの家系と星家とは妙なつながりがあるのです.

 で、思うのです.ああ、オレも少しはいいことで有名になりたいななんてね.
AD

液晶プロジェクターを買った!

テーマ:
 エプソンの98000円(スクリーン付き)という驚きの価格の液晶プロジェクターを買いました.長澤まさみが宣伝してる「ドーン」って奴ね.

 で、早速、最新ホラー「リーピング」とサイレント映画ムルナウの「ファントム」を鑑賞.ほかにも「スモーキンエース」やら「ワイルドバンチ」「イーオンフラックス」やらを再生して音質テストしました.現在、うちの安価なサラウンド装置に接続する長いケーブルがないので、プロジェクターの横にあるスピーカーだけでテストするしかないのですが、うーん、ま、こんなもんでしょ? 立派なモノです.

 スクリーン側から音が出ませんから妙ですが、プロジェクター横のスピーカーでも、なかなかいい音ですよ.ま、僕はそんなに品質にはこだわりませんが、ドンパチ銃撃シーンだけにはこだわりたいですな.「ワイルドバンチ」や「イーオンフラックス」の銃撃戦を観聴きしてみると、やはりインチキなモノでもサラウンドにしたいな.でも、こんなもんです.サイレント映画やノスタルジアは、別にサラウンドにこだわらなくてもいいから感激です.
 
 サラウンドなしの画質もスクリーン投射ですから高品質なモノを望む事無く...いうなれば昔の映画館の様なイメージでした.中学の頃に学校をさぼって映画館に行ったあの頃を思い出し、妙に懐かしくて泣けてきました.いい買い物をしました.
AD
 V6の岡田くんがSPを演じるドラマだ.先週から引き続いて舞台となってる乗っ取られた病院...どっかで見たことがあると思ったら、おいらの地元である神奈川県大和市中央林間の田園都市厚生病院であった.

 この病院はおいらのオヤジが死んだ病院なので思い出深い病院だ.おいらも神奈川に住んでいる時にはよくこの病院を利用したもんだ.

 この病院の院長は「脳内革命」って本をベストセラーにした春山って男だ.ところがこの病院、経営不振で廃院になってしまっていたのだ.千葉県に引っ越してきてからは行く機会も無くなってしまった...だから懐かしくてドラマに見入ってしまうのだった.
AD