D1000014.JPG

 

 な・・・なんだ? 

 

D1000013.JPG

 

 わわわ・・・なんだよ? 

 

D1000016.JPG

 

 あら。美男中年の湯島なべじろうさんではないですか? 甚平が似合う年になったのね。僕って自分が好きなのでこうやって写真出したがるの。うふふふ・・・。

   

 さて、福岡編は中断して・・・昨日は、「妖怪大戦争」を観にいきました。だいぶ前に前売りを買ってトランプ貰ったんですが・・・なかなか忙しくてね。で、近所(といっても車で30分という安達が原のような印旛の荒野の真ん中にある)に新しくできたシネ・リーブルって映画パーク? に妖怪大戦争のレイトショーを観にいったのだ。

  

FILE0002.JPG

この写真クリックしてリンク!!公式サイトで田舎ぶりを確認してね!

     

 シネ・リーブルは、北総線っていう印旛沼のほとりを走る電車の沿線に建つ新興住宅地のなかにあるのだ。新興住宅地も都心から遠いので、人気は下火なのだ。それでも北総線は映画「電車男」やその他のテレビドラマの撮影に解放して人を集めようと必死なのだ。しかし・・・この故郷福島の安達ガ原のような鬼婆が出そうな田舎・・・印旛ガ原(北総線の印西牧の原って駅近く)・・・にシネ・パーク??? これはないだろう。誰も客がいないのでは? と思いながら車を飛ばして出かけたのだ。

  

FILE0000.JPG

写真クリックで怪大戦争サイトへ!

   

 妖怪大戦争は8時50分開始なのだが、1時間も前に着いてしまって・・・やることがない。おまけに人がいない。大丈夫かな? 本当は映画館じゃなくて・・・妖怪が人を呼び集めて食っちゃうセンターじゃないだろうな? 怖いな・・・。おお・・・そのうち・・・おお、人も沢山集まって来たよ。ふうーん・・・。大丈夫だな。


 まずはここの会員にならなきゃと生子が会員申込書を書きます。すまんな・・・生子ちゃん。事務的な仕事ばかりやらしちゃって・・・。写真右端の背中が生子ちゃん。
   

FILE01002.JPG

 

 さあ・・・始まるよ。上映館(上映場は全部で10室くらいあり、僕達が入った妖怪大戦争館は閑古鳥。他の上映館・・・たとえば踊る大捜査線エピソードとか奥様は魔女とかは結構たくさんはいってるみたいです)に入るよ・・・ぎょ!なんだよ・・・席は100以上あるのに、観客は僕達を含めて全部で10人!こりゃダメだな。この映画館はすぐに廃館だろうな・・・。

 

 写真は夕飯がわりのホットドックを食べる生子ちゃん。

 

FILE01004.JPG

 

 映画が終わると・・・映画館には人影がない・・・。今日から封切りの湾岸署シリーズ「室井なんとか」と「奥様は魔女」は、まだ上映されてるから、さっきのたくさんの人たちはそっちを見ているんだろうな。全部で50人くらいだろうなあ・・・。あと20分もすると、その人たちがぞろぞろと上映館から出てくるんだろうけど・・・今は閑散として・・・不思議な雰囲気。夢見ているみたい。いいねえ・・・また来よう。すぐにつぶれちゃうだろうからね。

  

FILE7003.JPG

 

 妖怪大戦争のポスター前でポーズをとる生子ちゃん。

  

FILE00105.JPG

 

 誰もいない駐車場で、ポーズする僕(笑)。後方が映画館。

  

FILE10006.JPG

 

 さあ・・・車・・・といっても軽をぶっとばして帰宅するぜ!行くぜ!三菱ek-ワゴン!

  

FILE10007.JPG

 

 夜の街道を・・・納車してから始めてのやや高速走行テスト・・・80キロは普通に出るな。ま、高速でも端っこ走ってれば大丈夫だろうな。


 妖怪大戦争の内容については・・・また明日にでも・・・。面白かったよ!!

AD

福岡への旅 2・・・初日

テーマ:

 

 古い写真・・・これは生子の家族の写真です。右は生子、左は彼女の妹と母親です。福岡の金田って町の写真館で撮影したものだそうです。この写真は、その写真館の店頭に長く飾ってあったそうです。お母さん・・・メガネ美人だったのですね。お? 義父がいません。義父はこの頃、単身、千葉で働いていたんです。義母は、遠くで働く旦那のために写真を撮ってもらったのでしょうね。

   

 さて・・・前回、お話したように今回の福岡行は、写真左の義母の遺骨を運んでくる旅です。

   

DSC_0003.JPG

  

 福岡に出発の13日の土曜日・・・今日は生子の47歳の誕生日です。僕もこの12月には49歳になります・・・お互いによく今まで生きてきたよな・・・。かみさんには本当に迷惑をかけました。彼女の家族にも言葉では言いあわらせないくらいに・・・感謝しています。というわけで今回は恩人であるかみさん一家をサポートする一環として福岡まで行ったのです(本当は嫌だったけどね・・・仕事も忙しいし・・・疲れるし・・・ね。僕って偽善家なのよ)。


 東京駅で義妹と待ち合わせ・・・僕達が少し遅れたので義妹はプンプンです(笑)。駅弁を買って、さあ、出発です。おや? 家族? を送りに来ている母子?? がいました(写真上)。うーん・・・人との別れは生きてても辛いものだよね。

 

DSC_0003.JPG

 

 さあて・・・まずは腹ごしらえです。21世紀出陣弁当・・・です。なんでも駅弁コンテスト大人の部グランプリ受賞作らしいですよ。気が弱いから時節柄・・・貝は食べなかったけど・・・それ以外はおいしかったですよ。

 

DSC_0012.JPG

 

 さあて・・・5時間かかって・・・やっと小倉に着きました。目的地の金田町はここから車で1時間弱です。

 

DSC_0014.JPG

  

 小倉駅まで義父たちが迎えに来てくれました。高速道路に入ります。

 

DSC_0013.JPG

 

 義父の妹(生子のおばさん)と鳩子の百花(モカ)ちゃんと生まれたばかりの来夢(ライム)ちゃん。


DSC_0015.JPG

 

 金田町を見下ろす・・・ここは小高い丘の上に立っているのです。屋上からの景色・・・同じ田舎でも、僕が生まれた東北の田舎町とは少し違いますね。

 

 さて・・・初日の夕食は親戚が経営する「ガチャ」(ガチャポンのガチャ)って飲み屋で食べます。ご主人は元々・・・ラーメン屋さんを経営していましたから料理はどれもおいしいですよ。焼き鳥は最高にうまかった!東北で言う小麦粉にねぎとか混ぜて焼いただけの「べったら焼き」(渡部家独自のものかもしれませんが・・・)三文焼きに刺身に・・・あとは忘れましたが・・・金田町に行った際にはぜひ、行ってみてください。
 
DSC_0025.JPG

子供2.JPG

 

 それにしても・・・子供が多い・・・子供ばっかり。僕らはめったに来ないのでなついて・・・やたらとくっついてくるんですよ・・・暑苦しいよおおお・・・。

  

DSC_0028.JPG

  

 鳩子の宗平(しゅうへい)くんに抱かれる来夢ちゃん。宗平くんの影からVサインをする百花ちゃん。 
 

初日の夜.JPG

 

 大騒ぎの夕飯の後・・・金田町の空を見上げると明るい月がぽっかりと・・・。つづく

AD

福岡への旅-1

テーマ:

 以前の画像を削除したら画像にゆとりが出たので再開します。他のブログって使いにくいんだよな・・・。それにオレのブログは写真多すぎなんだよな・・・。今回も休んでた間の貯まってる写真たっぷりあるけどね。朝日新聞夕刊の吉村昭先生の「彰義隊」が無事終了したので、心機一転で再開だ!ん??? なんでだろうって? ま、いいじゃん!さあ・・・再開!吉村先生も読んどくれ!


 かみさんの実家が小岩に墓を建てたので、数年前に乳がんから肺がんへの転移で亡くなった義母の遺骨を九州の福岡から持ってくることになった。義母の遺言で遺骨は、義母の故郷のお寺に仮埋葬していたのだ。福岡つーっても田川郡金田町ってとこで、筑豊の炭鉱町である。僕の嫌いな五木寛之先生の「青春の門」の舞台になってるとこだ。そうそう・・・義母だけでなく・・・愛する我が妻「生子ちゃん」の生まれたところなのだ。遠いの。三泊四日のちょっとした旅だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

新幹線でi-Pod聴きながら仮眠するあたし・・・太って顎と首がない!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 しかし困ったことがある。見た目とは裏腹に神経質な僕は「他人の家」で泊まることが大の苦手なのだ。一番困るのが食事だ。親しくなれば「作る現場」を目の当たりにすることになる。たとえば手を洗わずに食事を作っている・・・おまけにその最中にくしゃみなんかしたりする・・・そのツバが食事に入る・・・これでもう食べられなくなる。それだけでなく、調理している途中にくしゃみなんかする・・・無神経で野蛮な人間がいる・・・その家にいることさえ辛くなってしまうのだ。ま、生子ちゃんの実家はそうでもないけどね(笑)。


次号につづく・・・ん? 次号ってなに?

AD