NEC_0000.jpg

 今日は朝から大変です。昨日の夜に食いすぎておなかの調子が悪いのです。
 今日の目的地は東池袋です。K市から船橋、船橋~錦糸町~飯田橋~東池袋と電車を乗り継ぎます。午前10時に有楽町線の東池袋駅に着きました。ここからサンシャインシティの中をつっきって大塚方面に向います。しかし、まだおなかが痛いのでサンシャインのトイレに入りました。途中下車でなくて途中下痢です。

 あまり臭いので花粉症のマスクを装着してみました。

 池袋は思い出深い街です。池袋駅に隣接するSデパート。ここは僕が24歳になって生まれて初めて就職したところです。その2年後にはデパートを辞めて、北大塚(池袋は近い)にあったレース鳩雑誌の編集部に入ります。その後、新宿、目黒と職を転々と変えて、3年後には再び池袋に戻ってきます。サンシャインシティの中の婚礼写真屋さんに就職したのです。しかし、ここも3ヶ月で辞めてしまいました。

 おっと、そんな昔話は、別な機会に書くことにしましょう。

 東池袋の客先を11時に出て、会社に戻ります。今日は少し足を伸ばして丸の内線の新大塚駅まで歩きました。駅までは結構遠いですよ。ようし・・・遠いついでに以前勤めていた「レース鳩雑誌」の編集部があった北大塚に行っちゃいましょう。

NEC_0004.JPG

 以前、お世話になったカメラのコーエーさんだ。まだ営業しているんだ。

NEC_0014.JPG

 僕は公園にある子供の遊具が大好き。

NEC_0018.JPG

 都会の空き地って何故か悲しいんだよね。歩いていると面白いものを目撃してしまう。

NEC_0019.JPG

 ほら、もう北大塚だ。懐かしい空蝉橋だ。

1.JPG

 この坂を降りていけばレース鳩雑誌編集部だ。
 
2.JPG

 僕は二叉路とか三叉路とかが大好き。道を選べって言われてるみたいでさ。

3.JPG


4.JPG

 おお!あった!まだあった!このビルの上に大きな鳩舎があって、その下が編集部だった。看板もある・・・さあて、そろそろ大塚駅前でホープ軒のラーメンでも食おう。

5.JPG

6.JPG

 僕はここで飛び降り自殺者の死体を見ました。血は出ていなかったけど、死んでいました。あなたたち、こんなとこで死体を見ながら昼食ですか?

7.JPG
 
 懐かしい駅前通り。全然変わっていない。ミニスカートのエロイねえちゃんたちが目につく。お勤めに出かける時間?あ、そうか。大塚は昼間の方が凄いんだよ。

8.JPG

 27歳で筆卸してもらった宝石屋さんのトルコ風呂があったところだ。

9.JPG

 大塚は何も変わっていない。昭和30年代の街みたいだ。時間が止まってるんだ。

10.JPG

 だって、都電が走る街だものね。古くて当たり前かもしれない。

11.JPG

 新大塚方面も変化なし。気分だけは20代に戻っちゃう・・・。

12.JPG


 でも・・・取り残された街って感じもする。


 さあて・・・感傷に浸っていないで急いで会社に戻ろう。
 
AD

赤坂溜池山王/携帯カメラで撮影

テーマ:
 今日は午後一で赤坂・溜池山王の客先に出かけた。

bil.jpg

 地下鉄から地上に出ると暗い。まるで夕方のよう。今日は晴れると聞いていたのに・・・この分じゃ一日中曇りのようだ。もしかすると雨が降るかもしれない。

street.JPG


 この街は実に面白くない街だ。活気があって、人もたくさんいるが、わざとらしい華やかさだ。僕の興味を惹くものが何もない。それに男女を問わず、なぜか皆タバコを吸っている。見た目はきれいでも肺の中は真っ黒で、あなたたちの吐く息は「ドブ臭い」ぞ。

ryoutei.jpg

 赤坂見附は料亭の街だが、少し離れたこの溜池でも裏通りには料亭があるんだな。ここも赤坂だもんな。その裏には僕の興味を惹くものはある。たとえばつぶれた天麩羅屋。

tenpura.jpg

nomiya.jpg

 ま、こんな街には長居は無用・・・。また地下道に入って最愛の加藤あいでも見るか。

kato-ai.JPG
AD

横浜は今日も雨だった(流用)

テーマ:
NEC_0033.JPG

 今日は朝から横浜の天王町まで営業に出かける。あいにくの雨だ。千葉から実家の近くまで行くのは遠いというだけでなく、なんだか後ろめたい気がする。彼岸には墓参りにも行かなかったし、おまけに今日は相模原の国立病院で母の肝臓腫瘍検査の日なのだ。本当だったら僕が母に付き添わなければならないところなのだが妹に任せてしまった。横浜での営業が終われば、今度は御茶ノ水にある客先までとんぼ返りしなければならないからだ。

 雨は嫌だ。本当に嫌だ。雨が降れば皆傘をさす。おまけに雨を避けて車に乗りたがる。雨の日は傘と車の洪水だ。皆我が物顔で傘に付いた雨を飛ばし、車は道に溜まった雨水を飛ばす。外に出ればびしょ濡れで、ちょっと乾いても、またすぐにびしょ濡れになる。

NEC_0027.JPG

 目的のビルは目の前に聳える山のようだ。雨に霞んで本物の山のようだ。

NEC_0024.JPG

 仕事が終わって、僕は雨の中を歩く。びしょ濡れになった足を引き摺る。

NEC_0000.JPG

 趣味の悪い派手な看板が僕を笑う。

NEC_0028.JPG

 スポーツクラブのお姉さんも微笑んでくれている。

NEC_0026.JPG

 おじいさん、この公園で何をしているんですか?

NEC_0025.JPG

 僕・・・公園ではどうしても子供の遊具が気になって仕方がないんです。

NEC_0035.JPG

NEC_0036.JPG

 晴れてりゃ君たちもきれいなのにね。

NEC_0034.JPG

 ふーん・・・おばさん・・・とっても魅力的ですね。

NEC_0022.JPG

 朝なのに駅前は結構賑わっていますね。

NEC_0023.JPG

 さあ、帰ろう・・・。今日はまだまだ仕事だ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 会社からの帰り。千葉の町は闇の中に光ってる。

NEC_0030.JPG

NEC_0029.JPG

NEC_0031.JPG

 ただいまあ・・・。
 
NEC_0032.JPG
AD