NAADA HOUSE

NAADAのVo、RECOのブログですぜ


テーマ:

ブログではお久しぶりです、RECOですれぱ

この度、重大発表がいくつかございます!!!!

 

ビーグルしっぽひとービーグルからだつ!!ビーグルあたまキラキラ

NAADAワンマンライブ開催決定ーー!!!

10/21(土)

会場:東京都 東新宿 ライブハウス「真昼の月夜の太陽」

詳細は決まり次第改めてご案内させていただきます。

去年のワンマンにご来場下さった皆様はわかると思いますが、ライブハウスでのワンマンは今回が初めてとなります。

と言っても、アットホームなライブハウスです

ぜひお気軽にお越しください(^▽^)/

 

猫しっぽふたー猫からだつ!!猫あたまキラキラ

上記のワンマンライブ、今年は後夜祭もやりまーーす!!

10/29(日)、こちらは都内某スタジオです!

去年のワンマンライブにお越しくださった方にはお馴染みの、あの会場でまったりやりますラブラブ

こちらも詳細は後日改めますが、ワンマンライブ本編はかなりしっかりとステージらしいステージをやりきる予定でおります。

それに対して、この後夜祭は、ご来場下さった皆様との距離もかなり近く、のんびり寛いでいただけるような空間にしようと思っています^^

リクエストに応えたり、ちょっとした制作風景をお見せしたり、ワンマンライブやyoutubeの裏話などトークも交えたりしながら、皆様と交流を深めたい星

 

チケットに関しては、ワンマンライブ・後夜祭共に、まだ予約は受け付けておりません。

今はお忙しい皆様の10月の予定の欄に、この2日を入れていただければ嬉しいですルンルン

ワンマンライブ本編は早くても17時以降、後夜祭はもう少し早いお時間になるかと思います。

 

そして、まだあるよ!

 

魚しっぽみーーー魚からだーっつめ!!魚あたまキラキラ

この度、Twitter、Instagramにおいて、NAADAのオフィシャルアカウントが開設されました!

※Facebookは今まで通り「NAADA」ページを存続致します。

 

現在、ツイッターとインスタは、メンバーが各自個人のアカウントで運営をしておりますが、こちらの個人アカウントは削除、又は更新頻度の大幅な減少をすることになります。

これ以降、予告無く削除になる可能性もありますので、ぜひ早めにオフィシャルアカウントへのフォローをお願い致しますれぱひわこあら!!

 

そして、その内容ですが、

ツイッター

・youtubeの更新速報が最も速い

・メンバー同士のリアルタイムのやり取りが一番盛んになると思います

・オフショット写真なども投稿予定

・基本的に動画や音声の投稿はありません

 

インスタグラム

・リハやレコーディングはもちろん、オフショットなどの音声や動画を公開予定

・写真の投稿も最も多くなると思います

 

FB

今まで通りの運営です

 

…という感じで、内容は各種それぞれ違う投稿をしていきます流れ星

なので、ぜひ全部フォローして色んな角度からNAADAを楽しんで下さいねOK

 

 

ということで!

NAADAから重大発表でした!!

ワンマンも後夜祭も、初めての方やお一人様も大歓迎です!

お気軽にお越しくださいね^^

寂しい想いはさせないよれぱひわこあらラブラブラブラブ

 

さーあ!どんどん頑張るぞー!!!

 

 

RECO

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

いってきました、ダリ展。

週末だったので、敢えて閉館間際に行ったんだけどパンッパンの人混みでした。

ぐったりガーン

 

でも、素晴らしかったよ。

作品数も多いし、映像作品もあるしで、単純に見応えも充分。

これだけ素晴らしい作品を気のすむまで鑑賞して1600円だと思うと、本当に良心的。

音楽もそうだけど、美術作品も絶対に「生」で触れ合うことが大事で、特に平面作品は印刷で良いじゃんと考える人もいるかもしれないけど、それではその作品の魅力の10分の1も体験出来てないと言っても過言ではないと思う。

印刷を前提として創られているポップアート類ですらそうなのだから、こと絵画作品や立体作品においては、ある意味音楽以上に誤解している人も多いんじゃないだろうか。

 

とくに、キュビズムやシュールレアリズムあたりの作風は、印刷で見るとただの落書きや意味のない空間デザイン的絵画に思われがちなんだけど、実物と対峙した時のメッセージ性はただものではない。

当然、すべての作品がそうではないし、私にも個人的な好みはハッキリあって、マグリットやキリコ、ブラックなどは、何十回も生で作品を見ているけれどまったく心が揺さぶられず、未だに興味がない。

だけど、ピカソとダリは、キュビズムとかシュールレアリズムとかピュリズムとかパラノイアとか、そういったカテゴリーに関係なく私の感性が強烈に共振する。

永遠に見ていられるくらいの好奇心煽る高揚感と、圧倒的な説得力、非現実なようでありながら真理を感じさせる心理描写が素晴らしく、色彩やタッチ、構成やサイズにおいて、すべてに無駄のないこだわりを感じさせるところがとても好きだ。

多分、「幼稚園児の落書きだ」とか「変人だ」とか言われながらも、一般的にこの二人の画家が有名なのは、なんだかんだ言って一度作品を見た人の脳裏に強烈に焼き付く凄まじいカリスマがあるからじゃないかと思う。

 

とは言え私はいつも、美術館にはよく通っているけれど、展示されている作品すべてをくまなくじっくり楽しむタイプの人間ではなく、ふわ~っと目を移ろわせて、ピンときた作品に近づき、さらに吸引力を感じた作品の前に立ち止まる。

素晴らしい展覧会の場合、必ずそういった「一点」に出会えるのだけど、今回もずば抜けて惹かれた作品があった。

 

「オーケストラの皮を持った3人の若いシュルレアリストの女たち」

 

音楽やってるから…とかいう安易な意味で惹かれたわけではないよ。

この作品に魅せられて、最後まで鑑賞した後にダッシュで戻ってしまったくらい。

というか、この作品を見てからは、その後の作品が頭にうまく入って来ず、ずーっとぼーっとこの作品の余韻を感じていたほどだった。

 

あまりにも美しく澄んだ白い世界が、なんとも言えず魅力的で、目が離せなかった。

たまらなく自由で無限で軽やかで静かな世界に思えて、でもそれが幸せなのか不気味なのかわからなくて、素晴らしかった。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチもそうなんだけど、この時代のダリの作品にも驚くほど筆跡が無い。

徹底してなめらかで、光を当てても凹凸のない画面は、ピュリズム的な作品の世界観とよく合っていて強い意志を感じる。

印刷やこの画像では、「空には水色が、大地にはオレンジや黄色が混ざったオフホワイト」のような単純な単語で説明出来てしまいそうな色合いに思えるのだけど、実際生で観るこの作品の色はそんなもんではない。

まるで触ると生ぬるいんじゃないかと思わせるほど、とろみがあり、発光しているわけがないのに画面の奥を見つめる時に眩しい気がして目を細めてしまうような光を感じた。

 

他にも大きな作品や派手な作品、有名極まりない映像作品など、みどころは沢山あるのだけど、私はもうこの一枚がすべてでした。

これだけで充分。

この絵が見れて1600円なら、1枚しかなくても文句はありませんでした。

 

もちろんこの絵のポストカードを購入♪

家の玄関に飾っている、月替わりポストカードに仲間入りですれぱラブラブ

 

こあらは今回予定が合わず一緒に行けなかったんだけど、一緒に行けたまつぼもこの絵に釘付けでした。

普段、好みは割と違う(映画とかの)んだけど、こういう時にドンピシャで同じ作品が好きというのがNAADAあるあるだったりします 笑れぱひわ

 

もうすぐ終わっちゃうけど、一見の価値ありなので、興味のある方はぜひカナヘイ花

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、ひとまずワンマンまでの経緯と意味、そしてお礼を綴りましたが…。
今日もまた少し違った目線で語ろうかな。

設営や準備が本当に大変だったお話しは前述の通りなのだけど、総合的に今回のライブ、とっても幸せでした

まず、3時間の長丁場で初ワンマンという条件の中、予想以上にNAADAのライブ自体初参戦で来てくださった方が多かった。
ずっと応援して下さっている方がお友達を連れてきてくれたり、youtube活動でNAADAを気に入ってくれた方が勇気を出して来て下さったり、ずっとタイミングの合わなかった方がやっと来れたり。

正直、ここまで初対面のお客様に恵まれるとは思っていなかったので、セットリストは聞いたこともない曲が大量にある3時間になってしまった方も多かったと思うんです。
でも、中には事前にyoutubeをすべて見て予習してきてくださった方や、全国発売中の「muule」を購入して聞きこんで来て下さった方もいて、ほんとーーーーに嬉しかったです!
体調がすぐれないのに頑張って来て下さった方も、はるばる遠方から来て下さった方も、わざわざお仕事のお休みを取って下さった方も、お花や刺し入れまで持って来て下さった方も、一緒に口ずさんでくれた方も、みなさん本当にありがとうございました。
知らない曲いっぱいだったはずなのに「3時間あっという間でした、もっと聞きたかった」と言ってくださった言葉だけで、搬入搬出の繰り返しで筋肉痛の体もへっちゃらです!

そして、アンコールやらなくてごめんね。
長丁場でお疲れだった
から無しの方がよかったかなと思ってすぐに音を出してしまったのだけど、後々個別にたくさんの方から「アンコールやってほしかった」と言っていただいて…。
実は用意はしておりました 笑。
でも、本当に予定以上に長くなってしまったので、時間的にはあれ以上はみなさん辛いかなと思ってしまい…、でも、「してほしかった」と言っていただけただけで最高に幸せです。
「長かった」と言わず、「大満足です」とか「毎回これくらいやって」とか言って下さる方までいて、なんと申し上げて良いやら…><。
感動やで

パンフレットも、即日読破の連絡をくださった方もいて、感無量です。
ぜひ、座談会を読みながらyoutubeを見返していただけると、パンフレットを買ってくださった方だけの特別な楽しみ方が出来ると思います!

そして昨日のブログでも書いたんだけど、最後まで残って下さった方で何名かNAADAと一緒に写真撮影をされた方がいらっしゃると思います。

その写真…NAADAも欲しいー!笑

みなさまと撮った記念写真、ぜひぜひNAADAにも送ってください^^
送り先はこちら
naada_info@yahoo.co.jp
お待ちしております!

そして、メンバーと話さずにお帰りになった方も多くいらっしゃると思います。
でも、受付でどなたが来て下さったのかきちんと把握しております。
直接話せなかった方も、NAADAからの感謝の気持ちは同じです!
本当にありがとうございました!
またぜひ遊びに来てください♪

ライブハウスでの短いライブは、3時間の後だともったいなく感じるかもしれませんが、スタジオでは出せない照明や音響で聴いていただけます。
そして、他の出演者の方の音楽とも出会えます。
長年NAADAを応援して下さっている方も、最初は他の方を聞きにライブハウスへ訪れて、そこで偶然NAADAと出会ってくださった方がほとんどです。
だから、ワンマンとはまた違うすばらしさがあるかもしれません。
私は出演前はしゃべらないようにしているのでお話出来ませんが、出演後は大抵物販席付近におります。
マツボもコアリも同じくです。

ぜひブッキングライブの本番終了後、物販席まで遊びに来てくださいね^^
11月17日は川口でお待ちしております♪

さぁ!
さっそく17日の練習と今週のyoutubeの準備をするぞー!
そして来年の計画を立てるぞー!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月5日、NAADA初のワンマンライブ

「NAADA HOUSEへようこそ vol.1」

無事終了致しました!

 

来て下さった皆様、共に作り上げてくれたスタッフ、そして大好きなメンバー、来れなかったけど応援してくださった全ての皆様にも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ワンマンライブまでの道のりは、簡単で、簡単じゃない、不思議な道のりでした。

 

パンフレットにも少し書きましたが、私を筆頭にNAADAは全員凝り性です。

やるなら出来うる限り自分たちの納得いく形を取りたい。

そういう想いから、自然と「自分たちで作る」ワンマンライブに意見が固まっていきました。

 

そうなると、スタジオライブという形に落ち着くまでそう時間はかからず、そこまではとても「簡単に」話が進んでいきました。

3人のチームワークや意見の方向性は割れることなく順調に進み、やりたいこと・お見せしたいもの・聴いていただきたい作品も、常にまとまった状態で計画は遂行され、そういう意味では本当に簡単にゴールまで走りきれたと思います。

 

だけど、「自分達で作る」のは、言葉で言うほど簡単ではなく。。。

ライブをやるための場所ではないところでライブをするわけですから、それなりに機材も必要ですし、最低限の装飾、お客様をお迎えするための準備…単純にスリッパや袋も含め、様々なものが必要でした。

限られた条件の中で、少しでも快適に過ごしていただきたくて、あれこれ頭を捻りましたが、それでも3時間、あの環境でじっとステージを見ているというのは、本当に体力の要ることだったと思います。

 

音響も、自分達でたくさんのものを購入し、何十時間もスタジオに入って実験しました。

音量が大きすぎても疲れるだろう、スピーカーに近い席の方の耳が痛くないようにしたい、でも遠くの席の方にも臨場感を味わっていただきたい。

私たちはミュージシャンではあっても、音響や設営のプロではありません。

何もかもが試行錯誤、必死の手探りでした。

何を揃えたらいいのか、そこから勉強でした。

 

照明も、様々なタイプの曲を演奏するにあたって、どうすればいいのか。

大がかりな演出も出来ない、照明も一色で、3時間楽しんでいただけるために、どう工夫したら良いのか。

受付でお客様をお待たせせずにスタッフ一人で間違いなくお通しするには何を用意しておけば良いのか、チケットはどういう形が良いのか、喫煙所はあるのか、万が一具合が悪くなってしまう方が出た場合はどうするのか、曲ごとに設定をいじれない状態で全曲通して聴きやすい音量やバランスはどういう状態なのか、……どうすれば来て下さる方に不快な思いをさせることなく最後まで楽しんでもらえるのか。

 

本当に覚悟していた通り…それ以上に、難しかったです。

 

良いライブをしようと何か月も前から頑張っていたし、作品は常に心を込めて作っているし、そこには安定した自信もありました。

でも、やはり上記に記述したような、初めての試みがどういう結果に結びつくのか、そればかりはやってみるまでわかりません。

もしかすると、とんでもないことが起きるかもしれない。

音が途中で鳴らなくなることだってあり得る。

そんなライブに、「行きたい」と思ってくださった皆様に、内容だけは確実に満足してもらえうように、それこそ胸やけするほど満足してもらえるよう、とにかく3時間全力でやりきることを選びました。

 

そして、千円で何人でもご来場いただけるというシステムにしたのは、何が起きてもごめんね、という言い訳ではなく、いわば、お客様であると同時に、この実験的ライブから共にNAADAのライブを作り上げて下さる素晴らしきサポーターでいて下さる皆様に、せめてものお礼、という気持ちが大きいです。

 

 

本当に色々やりました。

楽しかったなぁ照れ

スピーカーの高さから、ピアノの角度、メンバーの立ち位置、楽屋の入り口も、物販作りも、受付で何をお配りするかも。

何もかもに私たちなりの精一杯の気持ちを込めてありますラブラブ

 

物販も、長年活動してきて、NAADAのお客様は一体何を一番喜んで下さるだろうととても悩みました。

タオル、缶バッジ、ステッカー、Tシャツ…物販の王道って色々あります。

でも、NAADAのお客様は「新曲」を一番喜んで下さることが多かった。

純粋に「音楽」を望んで下さることが、とても多かったので、それならばまず最初に創りたいと思う物販は、パンフレットでした。

そのパンフレットの中には、メンバーの想いや、作品に対する楽しみ方を存分に載せたい。

 

演奏体二人の熱い気持ちも、ぜひ知っていただきたい。

3人がどんな風にNAADAを続けているのか、応援して下さる方に知っていただきたい。

それが、楽しんでいただける形でお届け出来たらどんなに良いかな。

そう思いながら制作しました。

 

今後はもうちょっと物販の種類も増やせたらいいなと思ってます。

でも多分、パンフレットは続けます。

ぜひ、毎回来て下さる方がいらっしゃったらパンフレットをコンプリートしてもらいたいなぁ。

 

 

今年のライブは今月17日の川口でのライブが最後になると思います。

詳細は、NAADAのHPを見てね!

 

来年からは、NAADAの独特の形で何かしら出来たらいいなと既に画策中です。

沢山の方に来ていただきたいし、来て下さる方がいないと続けられないことなので、ぜひこれからも応援していただけると嬉しいですれぱひわこあら

来て下さる皆様の期待や想いを無駄にしないステージを創れるよう、毎度全力でまいります。

 

最後になりましたが、もう一度改めて…。

 

ワンマンライブ…

ほんっとうにありがとうございました!!!!!

 

PS:ライブでNAADAと写真を撮った皆様、NAADAもその写真欲しいです!笑

ぜひ、naada_info@yahoo.co.jpへ送ってくださいラブラブラブラブラブラブ

 

 

photo by Koshin

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年ももう半分が過ぎたとか。
信じられぬ…れぱ

まだライブ1回しかしてないのに…笑。

でも、久しぶりのNAADAライブ、いよいよ近づいてきましたよ!


土曜日の夜、比較的早めの時間帯なので、来ていただきやすいかな?と思います!
ぜひ生NAADA体感しに来てね♪
ライブハウスに予約でも、NAADAメンバーのSNSやHPからでも、ご予約受け付けております
ここのコメントでも大丈夫だよぷぷぷ顔

そして、そのライブでまたしても重大発表あるよ~~!!
前回のライブでの重大発表は、「muule」の全国発売でした。
そのライブの次が、今回のライブです。
そこでまたしてもニュースだよ、いやぁ動くね、今年のNAADA~

今までのロングバケーション(前回の日記を多少引きずってます)を経て、ようやく地上に顔を出す気になりましたNAADAの勇姿、見に来てね。
いつまた水面下に潜り始めるかわからないからね 笑。
れぱひわこあらキラキラ

さぁ、ステージに立とう。
日の出だ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。