先日、月に一度の義母通院日でした。。。

 

 

 

義母は長い間高血圧の薬を飲んできました。

 

私が薬を管理するかなり前から飲んでいたようです。

 

今まで薬の変更などはあったのですが、今回、薬を止めてみることになりました。

 

念のため、血圧が上がった時用に薬はもらってあります。

 

ですが、飲ませる必要が今のところはありません。

 

 

 

血圧が高くなく、血圧を下げる薬を飲んでいないということは、義母は高血圧ではなくなったということでしょうか?

 

 

 

義母は、特に他に持病があるわけではなく、認知症だけってことになるのでしょうか?

 

 

 

義母が認知症と診断されてから、義母の生活のほとんどに私は関わってきました。

 

そして、年々、義母が健康になっているような・・・気がする。

 

86歳という年齢で、熱も出さず、風邪もひかず、怪我もせず。

 

変形性膝関節症で、以前はよく膝に水が溜まって、腫れて痛くて歩けなくなったりしていたのがウソのように、最近は全くない。

(これは、やはり義母の歩きすぎが原因だったのだと思う。最近はそこまで歩かないように見張ってるから。)

 

月一の受診だって、特に問題ないから薬をもらうだけで終わり。

 

 

 

・・・。

 

後は認知症。

 

これはさすがに治らないだろうな~。

 

 

 

家族が一緒に暮らし、様子を見てあげられるから、義母が元気に暮らせるのか?

 

義母が一人暮らしだったら、どうなっていたのか?

 

それとも義母の頑丈な身体は、どんな病気にも負けないのか?

 

 

 

義母の身体の中では、どんなことが起こっているのでしょうか。。。

 

 

 

 

 

 

余談ですが、受診した際、『もっと肉を食べさせるように』と言われました。

 

魚より肉を好んで食べる義母。

 

デイの食事を『野菜ばっか』と文句を言う義母。

 

家ではほぼ毎日肉を食べてますけど・・・?

 

ハンバーグ、から揚げ、生姜焼き、餃子、とんかつ。

 

肉ならなんでも食べてるけどなぁ~。

 

もっと量を増やすってこと?

 

育ち盛りの子供ではないのだから。

 

ねぇタラー

 

 

 

 

 

ランキング参加中、ポチっとクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村

AD