【ワシントン=佐々木類】米国務省は8日、民主党の小沢一郎幹事長の訪米について、「予定されている日程はない」とのコメントを発表した。

 コメントはまた、「日米の相互理解を高める日本の政治指導者のワシントン訪問を歓迎する」と前置きした上で、「小沢氏が訪米を検討してきたことは承知しているが、現在、そうした計画は何もない。詳細は小沢氏側に問い合わせてほしい」としている。

 小沢氏の訪米は、キャンベル国務次官補が2月初めに訪日した際に働きかけ小沢氏サイドが検討を進めていた。民主党は「これは延期だ」(幹部)とし、大型連休中の訪米がなくなったことを認めている。

【関連記事】
首脳会談先送り 国益を損なう異常事態だ
小沢幹事長のGW訪米中止 米側が難色か
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
ぎくしゃく日米関係 国務次官補の訪日中止に普天間の影
政争ばかりの「バナナ共和国」 米政府関係者ぼやく
「中国内陸部の資源事情とは…?」

女性変死、傷害致死容疑の弟らが日常的に暴行か(読売新聞)
<銃声>連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も-旭川商工会議所(時事通信)
大学忍び込みやすい…容疑者「関東50校で盗み」(読売新聞)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
AD