鳩山由紀夫首相は19日午前の閣議で、東アジア共同体構想の実現に向けた具体策の取りまとめを5月末をめどに行うよう関係閣僚に指示した。これまで具体性に乏しいと批判されてきた東アジア共同体構想の具体化にようやく本腰を入れた形だ。

 首相は閣議で「『日本を開く』という考え方にもとづき、大胆かつ積極的にスピード感を持って立案、実行してほしい」と指示した。FTA(自由貿易協定)など経済面にとどまらず、人的、大学間交流、防災など幅広い分野でのアジア諸国との協力について具体的な取り組み内容を検討し、内閣官房が中心に取りまとめる。

 東アジア共同体構想をめぐっては、米国を排除しかねないとの懸念が出ているが、平野博文官房長官は同日午前の記者会見で「首相は日米(関係)が基軸であることを前提にして、いろんな構想を考えており、このことははっきりしている」と強調した。

【関連記事】
「日本はまだ鎖国的」鳩山節全開…東アジア共同体になお意欲
船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体
甘い鳩山東アジア共同体構想 「人民元の海」本格展開へ
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
「日米中」は正三角形にあらず
20年後、日本はありますか?

<自民党>鳩山邦夫氏の離党届受理 参院選にらみ処分できず(毎日新聞)
「ガンブラー」、サーバーは独仏など5か国(読売新聞)
関係閣僚が普天間移設先で最終調整 今週中に政府案を決定へ(産経新聞)
採用ポスター1万枚回収=陸自商標権侵害の恐れ-埼玉県警(時事通信)
桜開花 東京・日比谷公園でソメイヨシノ咲く(毎日新聞)
AD