質店に侵入し、帰宅した経営者から現金を奪ったとして、赤羽署は強盗の疑いで、住所不定、無職、鶴永和也被告(58)=窃盗などの罪で起訴=を再逮捕した。同署によると、「食事代や宿泊代に困ってやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、1月2日午後2時ごろ、北区西が丘の質店に侵入し店内を物色していたところ、経営者の女性(73)が帰宅。女性にドライバーのようなものを突き付けて「カネを出せ」と脅し、女性の手足をマフラーなどで縛り現金25万円を奪って逃走したとしている。

【関連記事】
81歳男性と56歳女性の売春斡旋 75歳男を書類送検
堕ちたカリスマ “我が子”を私物化 SFCG元会長
琴光喜いよいよ“土俵際” 部屋持ち親方らも賭博関与
加害生徒「卓球部でおとなしい」 横浜の女子高校生刺傷
アダルト出版社も激怒 人気漫画を違法アップで中学生逮捕 

覚せい剤密造 イラン人ら風邪薬から 「調達役」も関与か(毎日新聞)
<日本振興銀>木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認(毎日新聞)
参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線(産経新聞)
来年のセンター試験1月15、16日に実施(産経新聞)
丸順の今川社長、ホンダ四輪販売丸順の社長を兼任(レスポンス)
AD