NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾少数民族・パイワン族や視聴者ら計約1万300人が、番組内容に偏向・歪曲(わいきよく)があったとしてNHKに計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が14日、東京地裁(安浪亮介裁判長)であった。パイワン族男性が「パイワン族の名誉を徹底的に傷つける放送で、決して許すことはできない」と意見陳述した。

 意見陳述をしたのは、パイワン族の長老、バジェルク・タリグ(華阿財)さん(71)。1910年にロンドンで開かれた「日英博覧会」でパイワン族を紹介した企画を、番組内で「人間動物園」と表現したことについて、「パイワン族が動物扱いされたり、見せ物にされたりしたことは断じてない」と反論。「NHKがパイワン族に対する人種差別と人権無視の事実を認め謝罪するまでは絶対に許さない」と話した。

【関連記事】
NHK、受信契約へ本腰 業者に訴訟、一般世帯には簡裁申し立て
NHK経営委員に漫画家の倉田真由美氏ら提示
NHKさいたまが大宮駅東口に移転へ 再開発事業に合わせ
見せたくない番組 ロンドンハーツがV7
「忍たま乱太郎」など制作 アニメ制作会社を脱税で起訴
少子化を止めろ!

<淀川他殺体>女性に多額の保険 同居夫婦と養子縁組後(毎日新聞)
仕分け第2弾後半戦は73法人86事業 運転免許講習など対象(産経新聞)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)
<自民党島根県連>青木幹雄氏長男擁立へ 参院選(毎日新聞)
宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)
AD