上野-金沢間を半世紀以上にわたり結んできた寝台特急(ブルートレイン)「北陸」と夜行急行「能登」が12日夜、定期運転のラストランを迎える。車体を撮影しようとする鉄道ファン「撮り鉄」の一部にマナー違反も目立つことから、JR東日本は、両列車が発着する上野駅ホームに職員40人を配置、厳戒態勢を敷く。
 同社によると、両列車をカメラに収めようとするファンは先月中旬ごろから急増。今月6日は土曜日ということもあり、700人を超えたという。同社は現在、警備員を増やし、11日夜までは約20人態勢で警戒。12日夜は倍の約40人態勢で臨むが、「実際にどれくらいの人がホームに詰め掛けるか、想像もつかない」としている。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【動画】東武博物館リニューアル
【動画】鉄道博物館-鉄道マニアの聖地
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館

<裁判員裁判>強盗致死2被告に懲役23年 東京地裁判決(毎日新聞)
長谷川等伯展 1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京(毎日新聞)
改革要求ラッシュ、自民・谷垣氏に試練(読売新聞)
官僚答弁制限、今国会は断念=法案提出めど立たず-民主(時事通信)
京大、授業料免除5300人に拡大 独自予算「安心し勉強を」(産経新聞)
AD