枝野行政刷新相は9日、さいたま市での講演で、子ども手当の支給対象に海外に子どもが居住する在日外国人が含まれている問題について、「率直に言って対応を間違っていた。従来の児童手当の仕組みに軽々に乗り、問題意識が薄かった」と陳謝した。

そのうえで、「問題点を見直し、変えていく作業に入っている」と述べ、2011年度以降は支給対象から外す方向で見直していると説明した。

沖縄県知事、首相の認識は「県民の思いとずれがある」(産経新聞)
<ハンカチ王子>斎藤まだ伸びる スカウト陣、投球術を評価(毎日新聞)
<日本航空>操縦士が証明書忘れ、1便欠航(毎日新聞)
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定(医療介護CBニュース)
<民主党>小沢一郎幹事長 駐日米大使との会談認める(毎日新聞)
AD