24日午前8時ごろ、岩手県遠野市の運動公園内の野球場入り口で、重さ約200キロの鉄製扉が倒れ、市内の中学校の野球部員2人に当たり腰や足首に軽傷を負った。県警遠野署は事故原因を調べている。
 同署によると、負傷したのは13歳と14歳の男子生徒。2人は扉を開けて球場に入ろうとしたところ、突然扉が倒れてきたという。
 倒れたのは高さ約2.2メートル、幅約2.8メートル、厚さ約10センチの柵状の鉄製扉で、同署はコンクリート壁に固定するための2本のボルトが劣化していた可能性があるとみて調べている。 

【関連ニュース】
生徒に体罰、中学教諭を書類送検=平手打ち、廊下に引き倒す
エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生
高校に犬7匹侵入、5人けが=野球部員らかまれる

<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
民主・輿石氏、普天間辺野古沖移設に「それはない」(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟が終結(産経新聞)
財政審、社会保障費めぐる議論スタート(医療介護CBニュース)
刑事に失敗許されぬ=「裁判員も参考に」-元警視庁捜査1課長が本出版(時事通信)
AD