全面開示を命じた主文言い渡しの瞬間、東京地裁103号法廷に詰めかけた原告や支援者の間からはどよめきとともに、「よしっ」という声が上がった。閉廷時には法廷全体から喜びの拍手が巻き起こった。

 原告の一人で元毎日新聞記者の西山太吉氏(78)は判決後、東京・日比谷公園内の「松本楼」で会見し、「一種の革命が起こった。(判決をきっかけに)情報開示が進展していけば」と評価した。その上で、「訴訟は政権交代前から始まっていたが、政権交代前後で国側の主張は全く変わった。日米同盟のあり方に問題を投げかけるものだ」と述べた。原告共同代表で立正大講師の桂敬一氏は「完全勝訴だ。(情報公開の)壁をぶち破った。判決がどこまで踏み込むか注目したが、国民の知る権利が侵害されていると指摘したことは大きい」と語った。

【関連記事】
外交公開で国に課題、「国益」の視点不可欠 沖縄密約「全面開示」
日米密約文書の開示命じる 国側敗訴 東京地裁
沖縄密約について考える糸口に 32年前のテレビ映画が劇場公開
外務省、密約文書紛失で調査チーム
東アジア共同体構想を提唱 普天間問題踏み込まず 平成22年版外交青書
「中国内陸部の資源事情とは…?」

マンション火災、重体の父死亡=川崎(時事通信)
職業大学校、4年制廃止へ=敷地売却、付属校に移転-厚労省独自仕分け(時事通信)
“KARAOKE”発明者のリストに12人(産経新聞)
<春の高山祭>小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)
AD