甲府市の舞鶴城公園の堀で、甲羅に白いペンキのようなもので「カメデス」と落書きされたカメ(体長約30センチ)が見つかった。公園を管理する県都市計画課の担当者は「なるべく早く保護して落書きを消したい。絶対にまねをしないでほしい」と話している。

 同課によると、約7000平方メートルの堀にはカメやコイが多く生息しているが、所有者がいないため、器物損壊などの罪に問うのは難しそうだという。舞鶴城公園はJR甲府駅や県庁のすぐ近くで、観光客も多い。通勤途中の女性は「数日前から目にしていた。ひどい」と話した。【水脇友輔】

【関連ニュース】
<犬が被害>動物虐待:公園にくぎ仕込んだ肉 犬が食べ手術 大分
<チューリップが被害>大阪・鶴見緑地で900本 10年3月
<桜が被害>若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口
犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷
<写真特集>ウミガメ:500万年目の危機

「肉食系女子」は「恋人との時間が大事」(産経新聞)
<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)
菅新首相が「参院選で先頭に立つ」と決意 党役員会にも可能な限り出席(産経新聞)
民主副幹事長、小沢氏側近の青木愛氏ら退任(読売新聞)
AD