国土交通省は18日、2009年度首都圏白書案の要旨を、同省政策会議分科会に示した。白書案は、アジア諸国の急速な経済成長に伴い、東京圏の都市競争力の低下などが課題になっていると指摘。東京圏の魅力を高めるため、国家戦略として「大都市圏戦略」を策定し、各種施策に取り組む必要性を指摘している。
 同省は、首都圏白書を6月中旬の閣議で報告する予定。 

【関連ニュース】
65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書
ワークライフバランス促す=「競争力高める」
デフレが足かせ=中小企業白書原案
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書

事業運営権の創設で新方式=PFI法を改正へ―内閣府(時事通信)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
首相、22日の北海道入り中止(時事通信)
健康保険料負担も少ない独法職員、29組織で(読売新聞)
AD