環境省は10日、08年9月に新潟県佐渡市で1次放鳥したトキのうち、本州側に渡っていた4歳の雌が富山市で確認されたと発表した。これまでの放鳥トキの行動範囲では最も西。

 同省によると、8日午前6時50分ごろ、同市の田で餌を探しているのを市民が発見。環境省のボランティアモニターが9日午後、足輪などから確認した。

 08年11月に本州側へ初めて飛来が確認されたトキで、その後、長野、山形、福島県などへ移動を繰り返し、10年2月27日に新潟県燕市で確認されたのを最後に行方が分からなくなっていた。

 富山県黒部市には09年5月から別の4歳の雌が定着している。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ:8羽が死ぬ…動物に襲われる? 佐渡の保護センター
トキ:求愛の「枝渡し」確認 3歳の雄と1歳の雌 佐渡
トキ:愛の枝渡し 放鳥後、初の2世誕生へ 高まる期待--新潟・佐渡
トキ放鳥3カ月 模索続く「野生」 餌やりの是非、論議に
トキ:飼育トキ、今季初産卵 最速記録10日更新--佐渡保護センター /新潟

<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)
TBSのドキュメント番組 撮影時期の矛盾にネット騒然(J-CASTニュース)
消火器で消せなかった…札幌火災で当直職員(読売新聞)
<掘り出しニュース>ホワイトデー まんとくん、蓮花ちゃんにお返しの和菓子(毎日新聞)
<氷見市長選>堂故茂氏が無投票で4選 富山(毎日新聞)
AD